FC2ブログ
2012/01/18

初めての葬儀

いとこの旦那さんが亡くなりお通夜。いとこの旦那さんという血縁的な距離感がよくつかめなかったのだが、行った実感としてはそんなに遠くないんだな。私よりも年下で小さい子供もいてさぞかし無念だっただろう。控室ではおとなしくしていた子供たちだが、お通夜では我慢していた涙が溢れそれはもう何度も何度も何度も涙を拭っていた。その姿を見て周囲の大人たちも泣く。焼香の後子供の頭を撫でる人抱きしめる人がたくさんいた。こんなに多くの参列者が涙を流す葬儀は人生初めてだ。

葬儀が終わると祭壇をバックに親族だけで集合写真を撮るのが北海道では当たり前なのだが、東京の親戚が言うにはあちらではそんな事はしないそうだ。この写真がまた焼増すのに金がかかるわりに、親戚からは一度見たらもう見ないからとジャマモノ扱いされ散々なのである。