FC2ブログ
2019/02/09

ものを知らない若者

今日はマンション横の道路を排雪する日だったが、中断している昼休み中に無謀にも車を入れようとした裏のアパートの兄ちゃんがスタックしていた。砂を持って手伝いに行くともう一人いてそこのアパートの住人だという。音で心配になって出てきたそうだ。土禁の大きなセダンに乗る兄ちゃんは最初「大丈夫です」と言っていたが全然大丈夫ではないので、二人で1、2、3で押そうとするが兄ちゃんが一回で出ようとするので息が合わない。改めて1、2、3でと言い含めたが理解できないようだ。オレの説明が悪いのかな?
車の下の雪をかき、砂を撒きやっと出たと思ったら、おもむろに兄ちゃんが道路の硬い雪をスコップで崩し始めた。だからいま排雪中で昼休みが終わったらキレイにしていくからさあ自分でやらなくてもいいの。自分もそうだったが若いからものを知らないなと呆れながら作業を見ていた。

コメント

非公開コメント