FC2ブログ
2018/09/30

病院待合室にて

この間行った病院の待合室に孫と母親と祖父母と思われる3世代4人がいた。診察が終わって待合室に戻ってきてから、孫の20代男性が祖父母にずっと話しかけていて、「紹介してくれて良かった」という言葉が聞こえる。男性には、よく喋るな、よくそんなに喋ることがあるなと感心すると同時に、祖父母とのその関係が羨ましかった。自分は物心がついてから数えるほどしか祖父母には会っていないので、必要以上に他人行儀だった。いや、回数は関係ないか・・・。

■■
家、ついて行ってイイですか?でその後を取材する回があったんだけど、全員で6人出演して2人が本人か家族が亡くなっていて驚いた。
ほとんど見覚えがある人たちばかりで、その中にIT関係の仕事をする会社員がいて、家族も増えて幸せいっぱいな感じだったが、初回の放送の時に、1時までファミレスにいてその後プラプラしていて終電逃したと言っていたところに闇を感じた。

■■
月も替わるので下着を今日から冬用に替えた。他にも冬の準備として、冬用長靴とスノトレにつける滑り止めを買う。スノトレは滑りにくいだけで滑らないわけではなく、むしろものによってはメチャクチャ滑る。実際に滑って転ぶのは年に一回かもしれないが、そもそも凍結路面をおっかなびっくり気をつけて歩くのがイヤなので、凍結してそうな日はピン付きの滑り止めを使用することにした。滑り止めがどれほど使えるのか?思いっきり見掛け倒しに終わる気もしなくもないが・・・。

コメント

非公開コメント