FC2ブログ
2018/09/07

地震備忘録2

6時過ぎに改めて外に出ると、平時ではありえないくらい人と車がいた。自転車で偵察に出ると、大きな交差点には警察官がいて交通整理をしている。驚いたことに点いている信号機もあり、あとで知るが自家発電機がある信号機のようだ。自家発電機の設置基準がイマイチわからないが・・・。パトカーと救急車をたくさん見掛ける。意外だったのが、コンビニが営業していたこと。この時間のコンビニは普通に買い物ができて、大きめのレジ袋を下げた人たちを見かけた。スーパーは開店しても中には入れず、店頭にスナック菓子、電池、ゼリー、お茶、カセットボンベ等を並べて販売しただけだ。現金のみの支払いで、普段日本は電子マネーの利用が少ないと言われるが、案外こんなところに現金至上主義の原因があるのではないだろうか?偽造紙幣が多い国も多いし、地震なんかほとんどない国もある。

しかし、真夏でも真冬でもないこの時期だったのは不幸中の幸いだった。昨日はこの時期の札幌にしては暑い最高気温27℃だったが、真夏だったら、交通整理のお巡りさんも、避難所の市民も、スーパーに並ぶ客も熱中症になりそうだし、真冬だったら寒くて家にいられないので避難所に人が殺到したと思う。給水以前に水道凍結の心配もしなければならない。信号の消えた交差点を冬に車で走るのは想像以上に難易度が高いと思う。冬は雪明りで明るいとか、冷凍食品が溶けないことくらいしかメリットは思い浮かばない。

これで水が出なかったらカセットコンロでインスタントラーメンは作れるが、洗い物ができない。ストック品としてはインスタントラーメンよりもカップ麺なのかもしれないなと思った。

コメント

非公開コメント