FC2ブログ
2009/01/29

委員会っていいんかい?

会社というのは社内の問題について検討するため、いろいろな部署の人間を集めて検討委員会を発足させたりすることがある。”ことがある”っていうか・・・委員会大好きな会社もある。
私も何度かメンバーになったことがある。

■A社
メンバー中、20代は私だけですぐ上が30代半ば最年長が50近かったはず。テーマは仕事の生産性を計る基準を検討するという、当時の私には何のことかサッパリわからないテーマで書記に専念していたといっても過言ではない。なんで私が加わったのかは未だにわからない。
全員で飛行機に乗ってはるばる遠くの会社を見学に行ったり、私は納品業者の見学にまで行かされた。
私こそ初めてこういう委員会に参加したが、他の人達はある意味いつものメンバーでテーマが変われどメンバーは変わらないという当時から人材難が著しい会社だった。
一応、それなりの報告書はまとまったのだが会社がなにか変わったかというとわからない。

■B社
若手5人で構成され、とくにテーマを限定せず社内のいろんな事を改善していこうという趣旨だった。
ところが、例えば業務報告書について検討したとすると・・・

一回目:現状の問題点を言い合い、次回各自案を持ち寄ると決まる

二回目:各自の案を出し合い検討、次回まとめようと決まる

三回目:まとめの話し合いは行うがその場ではまとまらない・・・

四回目:まとめ案について検討、さらに修正

たしか月一の集まりだったのでこれだけで4ヶ月もかかった。社内でもそれなりの人達がメンバーだったと思うが、この亀のような進め方に私は途中からついていけなくなった。どうして皆集まらないと話が進まないのか?方向が決まったら次回までにサクサクまとめて集まった場では承認だけでいいじゃない?
この会社はほどなく倒産したのだが、今思えば暗示するような集まりだった(笑)


委員会の問題点は、いくらスンバらしい事をまとめてもそれをやるのは委員会のメンバーじゃないということ。A社などはその典型で、未だに業績は低迷している。B社に至ってはここまで危機感を持たないということに異次元の世界を見るようだった。