2017/06/17

実家のFAXを買い替えようかと思ったが

実家のFAXつき電話機のインクリボンがなくなったので、母に電話機を買い替えればと言ったら、そうだねという返事だった。もともとはうちで使っていたやつなので、もう十年以上使っている。インクリボンは二回交換しているし、子機のバッテリーも一回交換した。なんでインクリボンがなくなるのかと言えば、FAXが来るわけではなく、母がコピーをとるからだ。量販店に見に行くと、FAXはPANASONIC製しかなく、今使っているNECとかSHARPは置いていない。いまどきは子機にも液晶画面があるのが当たり前で、親機もコードレスを選べる。今使っているのは親機にしか液晶画面がなくて、電話が鳴ると親機の番号表示を確認してから子機で出ている。二万ちょいくらいのモデルに目星をつけて、母に念押しの確認をすると、いらないと言う。どうせあと何年も生きないのに、新しい電話機はいらないという。最近よく、どうせあと何年も・・・と言う、そう言って十年以上元気なんじゃないの?新しい方が絶対便利になるのだが、本人がそう言うのなら仕方がないか。

コメント

非公開コメント