2017/05/28

孤独論

20170529_02.jpg
孤独論
田中慎弥
1000円
徳間書店

情熱大陸に出てたよね。大学受験に失敗し、15年間下関の実家で引きこもり生活を送っていた芥川賞作家。本からも何かをしようという強い意志は感じられない(笑)今は東京で携帯電話もネットもない生活を送っているそうだ。編集者から聞いた話として、二つ返事で編集者の言う通りに原稿を修正する新人作家は、じきに書けなくなるそうだ。うん、真理を突いてた言葉だ。客に言われるがままにシステムを修正するSEもまったく同じ。

 わたしが欲している体力というのは、運動能力のことではありません。思いウェイトを
 持ち上げられたり、マラソンを完走できたりする必要はない。基本的に毎日仕事ができて
 疲れはもちろん出るけど、また次の日にはきちんと仕事ができ、倒れずにやっていけるという
 基礎体力があればいい。


著者らしい言葉だが、ちょっと目から鱗だった。

コメント

非公開コメント