FC2ブログ
2016/02/29

プログラムしかできない

ある人を評するのに”プログラムしかできない”と言うことがある。IT業界でプログラムができればいいじゃないかと思うかもしれないが、プログラムしかできないということは、言われたことしかできない、もう少し詳しく書くと

・難しいプログラムはできない
・仕様書に書いていないことにはしない
・設計はできない
・周りとコミュニケーションがとれない
・テスト漏れが多い

という意味が含まれる。
逆にプログラムができる人を”プログラムができる”とも言わなくて、この場合は”仕事ができる”という。稀に”プログラムができる”と言われる人もいるが、こういう人は休みがちで、自分が作ったプログラムのテストが終わったころ、プロジェクトが終わったころ出てくるような人を指す。こういう人を重用するようなプロジェクトや会社はいずれ内部崩壊する運命にある。

仕事ができる > プログラムができる > プログラムしかできない

これからIT業界を目指すキミ、もうIT業界にいるあなた、自分が何て呼ばれているか、または何て呼ばれそうか考えてみたらどうだろう。

コメント

非公開コメント