FC2ブログ
2015/12/23

レインツリーの国

★★☆

主演:玉森裕太(Kis-My-Ft2)
ヒロイン:西内まりや

時期的にもありがちな恋愛映画なんだけど、障害者が社会で働くとはどういうことなのか、周りにどんな感情を持っているのかをこれでもかと描いている。恋愛映画としてそこは評価が分かれるところだと思う。最初に、入院している年配の男性が世話をする玉森のことをヘルパーさんと呼ぶシーンがあるが、これが後々意味のあるシーンになっていく。
Kis-My-Ft2の玉森裕太も西内まりやも知らないが、どっちも映画初主演という初々しさがあったような気がする。同時に西内まりやは絶対こういうキャラじゃないと思ったけど(笑)別れた男女がネットで互いを知らないまま知り合い、会ってビックリみたいな映画をイメージして観に行ったのだが、全然違っていた。
それにしても西内が後天性の難聴という障害を持っていると知ったからとはいえ、カフェでよく聞こえるように大声で話したり、路上で彼女を突き飛ばしたバカップルに彼女の障害のことをこれまた大声で叫んだりするのは、映画とはいえちょっと人として違うんじゃないかと思うし、玉森の行動自体よく理解できないことが多い(笑)原作通りなんだろうけど、玉森の同僚で恋のライバルがコテコテに現れて西内が勘違いしたりするのは余りにも普通の展開で必要なシーンなのかも怪しい。
調べて知ったが、西内まりやはNHK『かぶき者慶次』に出てたんだね、この時代劇は毎週見ていたので「あっあの子!慶次の次女役の子だ」と思い出した。時代劇にしては大柄な子が出ているなと思っていた。

コメント

非公開コメント