FC2ブログ
2015/02/05

林修の仕事原論

林修の仕事原論林修の仕事原論
(2014/10/25)
林 修

商品詳細を見る


今でしょ!の先生です。この人、イメージとは違って各方面にケンカを売っていて面白い(爆)

 仕事を通じて僕に声をかけてくださる人は、イヤらしい言い方をすれば、
 僕を利用して自らの利益を上げようと目録む人です。


こんなこと普通書く?この本だってそうじゃないの?

 正しい場所で、正しい方向で、十分な量をなされた努力は報われる。

単に努力は報われるわけではないということ。

 好きなこと、やりたいことを仕事として選ぶという感覚は皆無です。20年
 以上やってきた予備校講師という仕事だって、大嫌いな仕事ですが、誰より
 もできるという自負のもとに続けてきました。


この言葉には衝撃を受けた。そうか得意なことだからといって好きである必要はないのか。目から鱗とはこのことだな。

 自分の「交換可能性」について考えたことがあるか。仕事を断ることは簡単
 ですが、僕でなければできない仕事などほとんどありません。


だから依頼された仕事は断らないそうだが、こういうこと言う人も少ないよね、オレがオレがっていう人ばかりな世の中だから!

 受かっても落ちても、くれぐれも大騒ぎしないでください。日本には
 カースト制はありません。だから、身分のせいで不合格にされることは
 ありません。また、書類審査もないんですから、容姿も考慮されません。
 僕でも大丈夫でした(笑)本当に平等です。公平なんです。君たちの
 書いた答案用紙だけで評価してもらえます。落ちるのは単なる実力不足。


カースト制とかこういう例えが独特だね。けど高校時代に聞けていたら人生変わっていたかもしれない。

しばらく林修がマイブームになりそうだ。

コメント

非公開コメント