FC2ブログ
2013/07/23

失敗礼賛

失敗礼賛失敗礼賛
(2013/07/20)
小島 慶子

商品詳細を見る


私にとって著者は最近のテレビで見掛けるイメージしかないので、この本はちょっとマジメ過ぎな感じ。特に前半は固くて、クドイ(笑)。子供のころから、お母さん、お姉さんとうまく人間関係を築けなかったらしい。女性の家族同士でもそういうことがあるんだね?あるか。いい言葉がいくつもあるのだが、見つけづらいというか、せっかくの言葉が目立たない文章構成。それじゃダメじゃん!

 人と人は、ほとんどの場合わかり合えない。100%わかり合うことは、
 おそらく誰ともあり得ません。でも、隣に誰かがいて、その気配を感
 じながら生きていくことは豊かなことです。

コメント

非公開コメント