2017/05/29

大掃除



突然、部屋の本を整理しようと思い立ち、まずは本を一か所に集めてみた、すると、もともと本があった場所が埃っぽいので、拭き掃除を始めたら、部屋全体の掃除になり、ついでに模様替えもすることにした(笑)模様替えをしながら、収納についてじっと考えてみた。封筒を整理して置いておく場所がないな、下着やタオルを収納している無印良品の収納ケースが使いづらいな、ゴチャゴチャした物が入っている段ボール箱がカッコ悪いな・・・
封筒は専用の収納ケースを買い、薬や文房具も入れよう。意外とこういう小物を深さがある収納ケースに入れていて、空間をムダにしてたりするものだ。次に下着やタオル類のためにチェストを買おう。衣服は横に広い収納に仕舞った方が使いやすいと思う。もともとそれっぽいチェストがあったが、元妻が持って行ってしまい、以来まともなチェストがなかった。なんか引っ越しするときのワクワク感が出てきた(爆)
2017/05/28

孤独論

20170529_02.jpg
孤独論
田中慎弥
1000円
徳間書店

情熱大陸に出てたよね。大学受験に失敗し、15年間下関の実家で引きこもり生活を送っていた芥川賞作家。本からも何かをしようという強い意志は感じられない(笑)今は東京で携帯電話もネットもない生活を送っているそうだ。編集者から聞いた話として、二つ返事で編集者の言う通りに原稿を修正する新人作家は、じきに書けなくなるそうだ。うん、真理を突いてた言葉だ。客に言われるがままにシステムを修正するSEもまったく同じ。

 わたしが欲している体力というのは、運動能力のことではありません。思いウェイトを
 持ち上げられたり、マラソンを完走できたりする必要はない。基本的に毎日仕事ができて
 疲れはもちろん出るけど、また次の日にはきちんと仕事ができ、倒れずにやっていけるという
 基礎体力があればいい。


著者らしい言葉だが、ちょっと目から鱗だった。
2017/05/24

ピーチガール

20170524_01.jpg
★☆☆

山本美月:派手でマジメな女子高生
伊野尾慧:テンション高い学校一のモテ男、山本美月と本仮屋ユイカが好き
真剣佑:山本美月が好き
永野芽郁:山本美月を罠にはめるヒドイやつ
本仮屋ユイカ:伊野尾慧の家庭教師、伊野尾慧の兄の結婚相手

↑登場人物多すぎ。予告編で全然面白そうだと思わなかったが、本編を観てもやっぱり面白くなかった。本仮屋ユイカは学校の保健室の先生で、家庭教師なの?よくわからなかった。伊野尾慧が途中からいいやつに見えてくるのと、山本美月は真剣佑よりも伊野尾慧の方がお似合いだと思っていたので、最後ハッピーエンドで終るのはいいが、そのお膳立てをしたのが、さんざん山本美月に嫌がらせ(ほとんど犯罪)をしてきた永野芽郁ってとこが理解不能。個々の登場人物の人格が崩壊しすぎ。スタンガンで拉致とか犯罪だからネ。
山本美月は立ち振る舞いが粗暴なので、根本的に女優には向いていないと思う。一ヵ月も映画を観てなかったので、映画を観たという感じは尾を引く。
2017/05/23

あきらめない練習

20170523_01.jpg
あきらめない練習
植松努
1300円
大和書房

著者の本の特徴の一つに、学校の先生にこんなことを言われた、こんなことをされたというのがあって、学校の先生とはいっても社会人、大人としてダメな人もいるという当たり前のことを広めてくれていて、つい応援したくなる。
著者が小学生のころ、わかったつもりで黒板に答えを書いたら間違っていて、先生に怖い顔をされ、次に当てられた子が正解で、先生が笑顔になった。それ以来、少しでも不安があると「わかりません」と答えるようになったそうだ。昔勤めていた会社の課長連中の、問題に向き合わない姿勢の原因も、こういうところこにあったのかもしれない。
海外ドラマで「あなたは今、助けを必要としているの」というシーンがあったそうだ。海外ドラマだとありそうなセリフだよね。日本人だと口にするには恥ずかしいセリフだが、苦しんでいて冷静な判断ができなくなっている人に、こう言うのもありだと思う。
この間読んだ、『「どうせ無理」と思っている、君へ』がイマイチだったので、買おうか躊躇したが買ってよかった。
2017/05/22

細々近況

花粉症なのか、カゼなのかわからないオレです、こんにちは。

ある場所まで歩くのに、移動で行くのと散歩で行くのとでは距離感がまったく違う。まだかな、遠いなと感じるのは移動の方。

パジャマを夏物に替えたんだけど、まだ早かったみたいで冬物に戻した(笑)この時期は寝るときの服装、布団の種類に困るよね。

また靴下が一足ダメになる。どうしたものか?って、買うしかない。
2017/05/20

うつヌケ

20170519_01.jpg
うつヌケ
田中圭一
1000円
角川書店

うつになり、うつから抜け出した著者の体験談のマンガだと思って買ったが、著者以外にも16名の人たちのうつ経験談も入っている。事例を増やすとどうしても、個々の話は物足りなさを感じる。何人かの人が医者に会社を休むように言われて、会社って休んでいいんだと驚いていることに驚く。この本に出てくる人は皆マジメだ。周りを気にして早く帰らない、休まないからダメなんです、とネット上の厳しい精神科医は言うが、あながち間違いではないようだ。
2017/05/17

そして生活はつづく

20170516_01.jpg
そして生活はつづく
星野源
580円
文春文庫

2009年の単行本の文庫化。テレビがないので、いま星野源がどれほどの人気なのかわからないのだが、この本はダメ人間だということしか伝わらないが、それでいいのか星野源(笑)
2017/05/16

伯父が亡くなる

道北に住んでいた伯父が先週亡くなった。ずいぶん前にガンの手術をして、ガン自体はよくなったのだが、体が弱ってしまったのかな。私の父の葬式に来てくれたときは元気そうだったけど。母と札幌にいる叔父が叔父の車で葬儀に行くというので、危ないからバスで行った方がいいんじゃないのと忠告したが、荷物もあるし移動も車の方が便利だからと取り付く島がない。よくニュースになる交通事故を起こした高齢者も、その方が便利だから車に乗るんだよ。亡くなった伯父とは年賀状のやり取りがあったが、今年の年賀状が届かなかった。後から聞いた話だと住所を間違っていたようだ。そして、とうとう来年は本当に来なくなる。
以前叔母が、昔は亡くなるのは伯父さん、伯母さんだったけど、それが兄弟に変わってきたと漏らしていたが、そうだろうね、そういうところからも年を感じるものだ。
2017/05/15

スニーカー買う

adidasのスニーカーを買ったわけですが、new balanceと比べていろんなところが硬い。靴底が硬い、インナーソールが硬い、素材も硬い。歩いていると、コツコツコツと音がする。実は水がしみるようになったスニーカーもadidasなのだが、ABCストアで買った安いやつだったので、今回はadidasショップで正規品を買った。だからというわけではないが、もうちょっと柔らかいのかと思っていたので意外だった。形もnew balanceは丸っこくて、adidasはスマートな形をしている。どっちがいいかは好みが分かれるが、少なくとも二年くらいはもってほしい。
2017/05/13

タイヤ交換

朝一でカー用品ショップに行き、タイヤ交換を済ませる。受付二番目だった(笑)もうタイヤ交換のピークは過ぎたんだねと店員に聞くと、今週までは予約は結構入っているとのこと。なんだ今回は予約できたのか、予約しとけばよかったな。価格が1000円くらい上がっていたのはちょっと痛かった。夏タイヤは去年買い替えたんだけど、グリップ力がスタッドレスとは全然違う。坂道ではとくに感じる。
タイヤ交換をしたときの作業表に走行距離が書かれていて、前回冬タイヤへ交換したときの走行距離との差は約3000kmだった。意外に走ったイメージ。