FC2ブログ
2017/03/14

騒音問題

上階の部屋の騒音問題は管理会社が本人に言ってくれたようで、音がなくなったわけではないが、音自体は小さくなった。どうしたらあんな音が出せるのか?自分なりに考えてみたところ、『かかと』から歩くとあーいう音が出ることがわかった。でも、普通の人間にはかかとから歩くって不自然で難しいし、そもそも足が痛くなってあり得ないけどね。
クローゼットの扉の開閉音も大きくて、さらに連続して五回も六回もバタバタやるのも、二回か三回に減った。なぜ一回に出来ないのか?なぜ廊下に響くほどの音を出すのかは本当になぞだ?
部屋自体はいいんだけどね、残念だな。
2017/03/11

カードケース買う



一見長財布のようなカードケースを買った。見開き左右に八枚ずつ縦にカードを入れられる。いままでは使用頻度にかかわらず、病院の診察券やポイントカード類は巾着袋に入れていたが、取り出して探すのに時間がかかりスマートじゃないのでカードケースを探していた。同時に収納場所を使い分けるつもりだ。

財布 : キャッシュカード、免許証
カードケース : 保険証、よく使う病院の診察券、ポイントカード(床屋、家電量販店・・・)
巾着袋 : 一度行っただけの病院の診察券、ポイントカード

一枚一枚独立して収納できるタイプで、よく使うカードを入れるので、そんなに収納枚数は必要ない。色はバッグの中でもすぐに見つけられるように目立つ赤を選んだ。少し大きいカード(B8判)も入れられるタイプで、普通のカードには余裕があるので、留め具があればなおよかったかな。
2017/03/10

日本人失格

20170311_01.jpg
日本人失格
田村淳
720円
集英社新書

ある番組のディレクターに「2ちゃんねるに、こうしたらウケると書いてあったので、こうしてもらえませんか」と言われて「僕は2ちゃんねるの声なんか無視すべきだと思っています。他のスタッフに迷惑かけれないので今日の収録には参加しますが、あなたとは、今後二度と仕事をしたくありません」と言ったとか。
シリコンバレーのFacebook社を訪問したときの話として、上司からあれやれ、これやれと指示される社員なんてひとりもいないそうだが、こういう会社って仕事をどう指示して、スケジュールをどう立てているのかな?興味があるよね。
システムに疑問を持ってしまうと生きづらいとも書いているが、そこは似てるかも。似てるのはそこだけだけど(爆)
本屋はブックカバーをつけますか聞くよりも、しおりを付けますか聞いた方がいいよな。
2017/03/09

バスタオルを寄付

バスタオルを新しいのに入れ替えたので、古いバスタオルを盲導犬協会に寄付した。タオル類の募集は一年中やっているわけではなくて、期間限定で行っているようだ。ちょうど入れ替えるタイミングと合ってよかった。定形外の郵便小包で870円、ゆうパックだと780円と言われた。ゆうパック用の送り状を書くのも面倒だったので定形外のまま送った。ここしばらく放置だった懸案が一つ解決して一安心した。
2017/03/08

new balanceのスニーカー買う

雪まつりが終わった頃から、札幌市内中心部の歩道には雪がなくなり、ブーツで歩くのが場違いな感じがしたが、最近はもう冬靴で歩くのが場違いな感じだ。そうは言っても中心部以外はまだまだ雪というか氷があるんだけどね。
スニーカーを買いにABCマートに行き、adidasの目当ての靴を見つけたが他にも買い物があり、荷物になる靴は最後に買うことにして駅前通りを歩いていた。するとnew balanceの店があったので何となく入ったら、結局そこでスニーカーを買ってしまった(笑)
接客をしてくれた店員さんが、商品知識もあるし、サイズを告げると一緒に気になっていた別の靴の同じサイズも持ってきてくれたり、普段大きめのサイズを履いているので、フィットしているのが小さく感じるというような話をしたら、インソールでサイズが合ってるかを確認する方法を教えてくれたり、目から鼻へ抜けるような対応で感心した。
予算をかなりオーバーしたが、まあいいや!
2017/03/07

テレビじゃ言えない

テレビじゃ言えない
テレビじゃ言えない
ビートたけし
740円
小学館

週刊ポストの連載を抜粋した本らしいが、やっぱビートたけしは面白い。ホリエモンと比べては失礼かもしれないけど、ホリエモンの文章は理屈で説明しようとして、そこには血が通っていないけど、ビートたけしは理屈を超えた部分に踏み込むのがいいね。
「一億総活躍社会」は戦中を思い起こす最悪のキャッチコピー。選挙権を年齢で決めること自体、時代遅れかもしれない。舛添さんにとって、一番難しいのは「すぐに謝ること」。
「一億総活躍社会」は私もまったく同じことを思った。ただでさえ右寄りと言われているのに、わざわざそのネーミングにする?
2017/03/05

精神科医お勧めの本

20170305_01.jpg

・天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある(山口真由)
・シンプルに生きる(ドミニック・ローホー)
・アドラー心理学実践入門(岸見一郎)

最近、積読ばかりで本を読めていない。そんなとき、ある精神科医が三冊の本を勧めていたので、興味があって買ってみた。二冊は文庫なので懐にも優しい。

『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』 は東大法学部を首席で卒業した女性の本で、表紙に見覚えがある。当時本屋で中身を見ることもなかったと思うが、今回読んだ感想としては、やはり私はこういう本には心を揺さぶられないな。8刷まで売れているんだけどね。

『シンプルに生きる』は松浦弥太郎系の本。良いものを大切に、丁寧に生きることを説いている。

『アドラー心理学実践入門』は精神科医は平易で読みやすいと言っているが、ちょっと読むのは大変な本(笑)
2017/03/04

ラジカセ買う

ラジカセを買う。カセットはついていなくてもカテゴリーとしてはラジカセになるらしい。今までラジオを録音したり聞いたりするときは、ICレコーダ付き携帯ラジオを使っていたが、不満な点があった。

・FMを聞くときにイヤホンを付けなければならない。
・AMは窓際に置かないとクリアに入らない。
・録音中にラジオを聞けない。

これらを解決し、さらに寝るときに音楽やラジオを聴いたり、PCのYouTubeの音楽をラジオのスピーカーから聞きたかった。買ったのはSONYのZS-RS80BTという機種で、機能的にはこれ以上何が必要なのか?というほど盛り沢山だ。録音はUSB、SDカードに出来るし、おやすみタイマー、おはようタイマー、BluetoothでPCと接続できる。早速、ジェットストリームを毎晩録音して寝るときに聞いている。
音にこだわるのなら、値段的にさほど変わらないコンポを買った方がいいが、私は音にこだわりはなくコンポだと持ち運びができないのが不便だった。
2017/03/01

君と100回目の恋

君と100回目の恋
分かりやすさ★★★
俳優の魅力★★☆
泣ける★★★

【キャスト】
坂口健太郎 : 子供のころから時間を戻して先回りした人生を送っている大学生
miwa : 坂口健太郎の幼馴染、坂口健太郎のことが好き
竜星涼 : 坂口健太郎、miwaとのバンドメンバー。miwaのことが好き。

映画が進むにつれ、シーンと水を打ったような静けさになり、さっきまで話し声、笑い声、お菓子のガサガサ音がしていたとは思えないほど。
レコードの針を戻せば時間を戻せる坂口健太郎が、幼馴染で恋人のmiwaが交通事故で亡くならないように時間を戻すが、何度戻しても願いは叶わない。最初、坂口健太郎がmiwaに「俺がいなくなっても竜星涼とうまくやっていけよ」と言うのは、すでに何回も時間を戻していて、自分が身代わりに死ぬ覚悟を決めたときだったんだね。それでも願いは叶わないわけだけど。
正直、坂口健太郎の皮膚が薄い顔が苦手で、最後まで観に行こうか迷ったが、もっと早く観に行けばよかった。miwaは笑顔がとても魅力的で、泣く以外の演技はよかったと思う。さすがに普通の女優と比べると太って見える。上の写真は映画のイメージを表していない。
結構な混雑具合で高校生含む女子が多かった。こういう映画は、観客十人以下で、後ろの方で周りを気にせず泣きながら観たかったな。

■■
この映画から星評価を細分化してみた。もう大きく外す映画は観ないので、ほとんどの映画が星二つの総合になり、さすがにツマラナイなと思ったので・・・。昔は世間の評価が低くても、自分にハマる映画があるはずだと思い、興味がある映画を片っ端から観たこともあったが、世間の評価と映画の面白さは比例するというのが結論としてわかった(爆)