2016/05/30

海よりもまだ深く

海よりもまだ深く
★☆☆(+)

【主演】
阿部寛:別れた妻に未練がある小説家くずれの探偵
真木よう子:別れた妻、息子と一緒に暮らす
樹木希林:阿部寛の母

家族がテーマでも、ほのぼのする映画ではないので、もっとシュールさに磨きをかけてもよかったような気がする。
阿部寛と樹木希林の親子の会話や、男は失ってから大切さに気付く、男は賞味期限を気にする、私の人生どこで間違ったんだろう、そんなに息子に会いたいなら会えていたときに大切にしたら(記憶があいまい)などのセリフの数々・・・映画のはずなのに、自分のことのように見入ってしまった。月曜から見る映画ではないかもしれない。阿部寛ってたまにこういうマイナーな映画に出て役の範囲を広げているような気がする。
大きめのスクリーンに最初観客が私だけで、こりゃいいと思い少し後ろの真ん中の席に座ると、ほどなく一人男性客が入ってきて、よりによって私のすぐ斜め後ろに座る。駐車場でもこういうヤツいるよね、たくさん空いているのにすぐ隣に停めるヤツ。気持ちが悪いので4、5列前の左側に移動した。すると同じように左側に移動してきて、列は空いているものの真後ろに座るというわけわからない行動に出た。後から他に客が入ってきたからよかったが、二人きりだったら落ち着いて映画を観ることができなかった。
2016/05/26

やなせたかし明日をひらく言葉

やなせたかし明日をひらく言葉

やなせたかし明日をひらく言葉
やなせたかし
620円
PHP研究所

アンパンマンのやなせたかし。アンパンマンがヒットするまで不遇の時代だったと本人は言うのだが、べつに食うに困るというわけではなく、仕事には恵まれていたようだ。他の一流の漫画家と比べたり、意外に功名心の高い人だったのかなと思ってしまう。
2016/05/23

町工場の娘、ザ・町工場

20160523_01.jpg

町工場の娘
諏訪貴子
1600円(税別)
日経BP社

余命四日と宣告されて、その通り亡くなった父の後を受け、従業員30名弱の町工場の社長になった女性の話。左が二年前に出た一冊目、右は最近出た二冊目だ。一冊目の町工場の娘だけ読めば十分だと思う。やっぱりこういう現場の話って面白いんだな。社長就任早々、5名の社員をリストラしたら自分に社長になってくれと頼んだ幹部社員が「何てことをするんだ、このやろう」と食ってかかってきたとかリアル過ぎる。
勝気さ、論理的思考力、お母さん的気遣いで会社を立て直す。本に書いてあるような、論理的思考力を持つ人は結構いるが、それを実行できる人は非常に少ない。頭がいい人というのは何でも理屈で考えるだけで、コツコツ面倒くさい現場作業はやりたがらない。本にしたらライバルに真似されませんかと言われるらしいが、大丈夫なんだな。世の中そう簡単じゃないのね。
2016/05/21

冬物クリーニング

冬物をまとめてクリーニングに出したら4000円という予想外の金額になった。ジャケットが907円とかは想定内だが、ストールが一番高い972円!ストールなんて1500円くらいで売っているのだから、次回からクリーニングに出すのはやめて買い替えよう。

春になりオープンハウスの看板をよく見かけるようになった。家を建てる前はよくオープンハウスを見に行ったものだ。欲しいと思う物件はなかったが、一番楽しい時間だった。
私が小学生のころ住んでいた借家は居間が6畳、他に4畳半と3畳の部屋、合わせても13畳半に親子四人が暮らしていた。だからというか家への憧れは強く、一戸建ての家が欲しいという気持ちが強かった。結婚したら家を持つものだと思い込んでいた。いま思えばその思い込みが強すぎたな。
2016/05/20

クイズ番組の夢

寝れるようになったと書いたばかりなのに、とんねるずのクイズ番組に出演者として参加している夢を見た。とんねるずと打ち合わせをしたり、どこだろう?田舎の集会所みたいなところにいたりしたような気がする。この場所の雰囲気はよく見るものだ、今度はしっかり記憶しよう。
いつもの夢占いで、テレビつながりだけで、ちょっと違うけど

 自分がテレビやビデオに映っていた場合は、たまには自分自身のことも
 ちゃんと考えてみよう、と思っているときなどに見やすいようです。


確かに、ちゃんと考えてみようとは思っている(笑)
2016/05/19

早く帰って自転車に乗るが

夜も自転車に乗る時間を確保したいので、仕事を早く終わらせて帰るようにしている。自転車に乗るせいか前よりは寝れるようになった。夢をリアルに覚えていないし、睡眠薬も飲んでいない。
昨日は早く帰り遠くの食堂に行こうとワクワクしながら、心の中ではスキップしながら家路に着いたが、食堂が早く閉まる日で店まで行って引き返してきた。今日は仕事を19時半に上がったのに、なぜか19時と勘違いして、20時までやっているスーパーに余裕で行けるなと思っていた。時計を確認したらすでに20時ちょっと前で行けなかった。
疲れてるな・・・自転車の乗り過ぎかな(爆)
2016/05/16

名探偵コナン 純黒の悪夢

20160516_02.jpg
★★☆

黒ずくめの組織が出てくるのでハラハラ、ドキドキ、ちょっと悲しい大人のコナン映画である。結婚していたころからコナンの映画は観ているが、一番面白かったかも。もはや黒ずくめの組織との戦いは戦争みたいだ。毛利小五郎がこれだけ登場しないのも珍しいと思う。
2016/05/16

殿、利息でござる!

20160516_01.jpg
★★☆

【出演者】
阿部サダヲ:作り酒屋、長男の自分が養子に出されたことがトラウマになっている
瑛太:茶師
妻夫木聡:阿部サダヲの弟、実家の作り酒屋を継ぐ、親の代から金貸し業も営み守銭奴と揶揄されている、弟が養子に出なかったのにはワケがある
松田龍平:藩の重鎮、最終的に村人の願いを聞く
西村雅彦:出資者の一人、儲け話と勘違いして出資した

瑛太の知恵を借りた阿部サダヲが藩に金を貸して利息を得て村の生活を楽にする物語。これだけ聞いても、ちっとも面白そうではないが、観客は多かった、皆いい映画がわかるんだね。江戸時代の生活がよくわかり、ふざけたところがなく、とても好感が持てる映画だ。このチラシのセンスで観客を減らしていると思う(笑)
2016/05/14

花粉症認定

上を向いて寝ていても鼻水が出てしょうがない。かぜ薬を飲むと治まるが、治ったかなと薬をやめるとまた出てくる。のども痛いような気がする。こんなにカゼに弱くなったかな?仕方がないので病院に行くと、花粉症ですねと言われる。そういえば目もかゆい。さらに言えば、ここ数年春先はアレルギーを抑える薬をもらっていた。そりゃいつまでも治らないよな。あの涙が出る件も花粉症だったんじゃないだろうか?
このいつも行く病院は待合室に大きなテレビがあって、いつも世界の街を巡る番組を流している。兼高かおる世界の旅を大人しくしたような番組で、この番組は何なんだろう?きっとBS放送なんだろうなと思っていたら、一瞬番組名が出て早速ググるとNHK総合の『世界ふれあい街歩き』という番組だとわかる。病院で放送するくらいなので、BGM的にただ見るだけで気分転換にはいい番組だと思う。こういうときにテレビがないことが、少し残念だ。
2016/05/14

夏タイヤ買う

スリップサインが出ていて、こりゃやばいだろうと思っていた夏タイヤを買い替える。工賃すべてコミコミで41000円だった。前に別の店で夏タイヤを見てもらったときに、いいタイヤを履いていると言われたのだが、今日確認してもらったところ、大していいというわけでもないことがわかった(笑)いったいあの店員はなんだったんだろう?
さすがにもうこの時期になるとタイヤ交換をする人も少なくスムーズに作業をしてもらえた。毎日車に乗るわけではないから、昔のようにGW明けのタイヤ交換でいいかも。
交換して実感するのは、そのグリップ力。アクセルを踏むと地面に爪を立てているかのようにグイグイ加速する。タイヤでこんなことを感じたのは初めてだ。そんなにいいタイヤを買ったわけではないのだが、変わるものだな。車を新しくするのは諸般の事情であきらめたので、長く乗れるようにそれなりにお金をかけたい。