2016/02/29

プログラムしかできない

ある人を評するのに”プログラムしかできない”と言うことがある。IT業界でプログラムができればいいじゃないかと思うかもしれないが、プログラムしかできないということは、言われたことしかできない、もう少し詳しく書くと

・難しいプログラムはできない
・仕様書に書いてないことには気が付かない
・設計もできない
・周りとコミュニケーションもとれない
・テスト漏れも多い

という意味が含まれる。
逆にプログラムができる人を”プログラムができる”とも言わなくて、この場合は”仕事ができる”という。稀に”プログラムができる”と言われる人もいるが、こういう人は休みがちで、自分が作ったプログラムのテストが終わったころ、あるいわプロジェクトが終わったころ出てくるような人を指す。こういう人を重用するようなプロジェクトや会社はいずれ内部崩壊する運命にある。

仕事ができる > プログラムができる > プログラムしかできない

これからIT業界を目指すキミ、もうIT業界にいるあなた、自分が何て呼ばれているか、または何て呼ばれそうか考えてみたらどうだろう。
2016/02/28

○凹

○凹

ネット用語で、コテッと倒れている意味(仰向けの状態)

株関係の掲示板でこの文字を見掛けて『最近の市場の動きをみて、しばらく○凹...だわ』みたいな感じで使っている。方向性がまったく見えない市場の上げ下げには自分も呆れていたので、同じ人がいて嬉しかった。それでも我慢できなくて買い注文を出しては、やっぱりや~めたと取り消すことを二、三回やった(笑)GWくらいまでは○凹かもしれない。
2016/02/25

また車

仕事を終えマンションに帰るとの駐車場の隣の車の人が声を掛けてきた。なんだろう車のクレームかと思ったら、ドアを開けたときに私の車にぶつけてしまい傷をつけてしまったといって謝ってくれた。聞くと、わざわざ全部屋ピンポン押して車の持ち主を探してくれたそうで、もうその正直に謝ってくれた上にそこまでしてくれた人に修理代出せなんて言わないし、そこまでしてくれなくても正直に言ってくれたことで許す気持ちになるし。ピンポンしても出てくれる人は少なかったらしいけど、夜だしねそりゃそうかもしれない。
にしても、この間の無断駐車の件といい、車で立てつづけに問題が起きるのはなんだろう、用心して走ることにしよう。と同時に、これは何の前ぶれだろうか?とニヤリとする。
2016/02/24

【DVD】カノジョは嘘を愛しすぎてる

★★☆

主人公:佐藤健(悩む天才サウンドクリエーター)
主人公:大原櫻子(一目惚れで佐藤健と付き合う女子高生、自身もプロデビューする)
相武紗季(歌手、佐藤健の元恋人、まだ未練がある)

陽だまりの彼女のDVDを借りようと思ったのだが、映画で観ていないこっちを先にレンタルした。観ていないということはイイ映画ではなかったと思うけど、こういう映画をレンタル100円で見るのはありだと思う。
人気男性アイドルグループの元メンバーで今は陰で曲を提供する佐藤健と、互いに一目ぼれでつき合うことになった大原櫻子の恋愛映画(大原櫻子は現役女子高生のときにオーディションに受かったんだね)プロデビューすることになった大原櫻子と自分とのスキャンダルを揉み消す代りに、元恋人である相武紗季の熱愛を報道された佐藤健は大原櫻子に別れを告げるわけですが、そう簡単には男女の関係は行かなくてそこから盛り上がるのかと思いきや・・・山場もなくシュンと終わる。
う~ん、Wikipediaによれば観客の93%は女性だったそうなので、佐藤健のファンが観る映画だったんでしょう(爆)こういう映画を欲していたこともあるし、月島が舞台で街並みとかが良かったので星は二つです。佐藤健の住む部屋が倉庫を改装したようなトコで、現実にはありえないんだけど男はこういうの好きなんだよなーと思う。
2016/02/23

腕時計買う

20160219_01.jpg

というわけで、腕時計を買いました。早速、パーソナルカラーを採用したし(笑)
携帯を持つまでは腕時計をしていたような気がするので、しなくなってずいぶんと月日が経つ。自転車に乗るときにしたいと思っているので、協同生活はまだだけどね。毎日同じ腕時計をするのも大人としてどうだろうとか、夏だから汗とかで汚れるしとか思わなくもないが、腕時計のある生活というものがどんなものだったか様子をみたい。やっぱりこういう小物を手に入れると嬉しいね、久しぶりだなこういう感覚。
ちょっと店の人が面白かったんですが、ブログに書くことがためらわれるので書けない(爆)
2016/02/22

パーソナルカラー

パーソナルカラー
 :持って生まれた、肌、目、髪の色と調和し、個性を引き立て、魅力を最大限に活かす色のこと。

この間、ちょっとした集まりがあり、その主賓の方がいつも同じ色の服を選んでいることに気がついた。そういえばクルマも同系色だし、メガネまでは覚えていないがきっと同色だったんじゃないだろうか。同じ系統の色でも明るめ、暗めでずいぶんと印象が違う。
ひるがえって自分はどうかというと一貫性がなく、むしろ似合うと思っている色を避ける傾向もある。新しい自分を発見したいと思って(爆)
とりあえず春物の服はパーソナルカラーを意識して選びたいと思う。
2016/02/21

本音で生きる

20160220_01.jpg

本音で生きる
堀江貴文
800円(税別)
SB新書

まずはホリエモンが本音で書けよと思うが、まるで免許証のような帯表紙の写真に一抹の不安を感じていたが、現実になってしまった(笑)結局ホリエモンの仕事の仕方を無難に紹介する内容、新書で安いとはいえこの内容ではホリエモンの名が泣くのではないだろうか。
コンビニで前の人が財布から小銭を出すのに手間どっているのを見たら、内心では「もっと要領よくやれ!」と文句の一つも言いたくなるはず。本とかブログを読んでいても、そういう人とイライラしないで待つ人にわかれる。自分はどっち系の人間なのか、どちらを好むのかを意識するのは大事なことだと思う。
2016/02/20

警察もサービス業なんだなと思った日

ちょっとクルマで出掛けてマンションに戻ると私の駐車スペースに知らないクルマが停まっていた。ふざけるなよお前と思い、管理会社に電話するが何度かけてもワンコールで切れる、仕方がないので入口の看板に書いてある不動産屋の番号に電話すると管理会社に連絡してほしいとう。だから・・・つながらないからそっちに電話しているんだけどね。管理会社に再度電話するとやっとつながって、110番してくださいそれでもダメだったら部屋を一軒一軒回るしかないという。こんなことで110番するのは気が引けたので一番近い交番に行く。

あいにく警察官は不在で机の上の電話機から本署に電話をする。事情を話すと警察官をすぐに交番に戻すからそこで待っていてくださいと言われ、ものの数分で年配の警察官と若い警察官が二人歩いてきた(どこにいたんだろう)開口一番「お待たせしました」にはビックリした。改めて事情を話すとパトカーから呼び掛けることはできるが出てこなかったらそれ以上警察ではどうすることもできません。クルマのナンバーから車検証上の人物、住所はわかるが、車検証と違う人が乗っていることもあるし、車検証には電話番号はないので連絡が取れるわけでもない。だからお役に立てないことがあることをご理解くださいと言われた。まるで携帯を買ったときの店員の説明みたいだなと思った。
一緒にマンションに行くとクルマのナンバーを照会する。あれだね盗難車かもしれないからいきなりマイクで呼び掛けるようなことはしない決まりなんだろうね。その後パトカーから何度か呼び掛けてもらいマンションから運転手が出てきた。きっと今までも空いてるスペースに停めていたんだろうな、これで懲りただろう。

年配の警察官が運転手には「こちらの方が困っていたんだよ、駐禁のところに停めて切符切られるところだったよ」と笑いを取り、私がお礼を言うと「単なる路駐と違って困っていた人に喜んでもらえてこちらも嬉しいです」とまるでイッセー尾形が演じる警察官のようにしゃべる。後々面倒なことにならないように、いろんなところに気を配り、警察も大変な仕事だなとつくづく思った。
次からはクルマのナンバー、車種を控えて交番に行った方がいいようだ。どうもありがとうございました。
2016/02/19

小をケチったばかりに

クルマのドアのカギが開かなかったり、エンジンがかからなかったりすることがまた頻発するのでディーラに行きスマートキーを見てもらう。スマートキーの電池の電圧が通常3.2vあるものが3vになっていて、このわずか0.2vで動作が不安定になるとサービスは言う。去年二つ共カギの電池を交換すべきだったな。

■■
ヨドバシカメラで買い物をしたら駐車券のサービスがあったので、サービス時間をフルに使おうと思いアチコチ動き回っていたが、ふと俺は何をやっているんだろう?無料の駐車場料金がもったいないからというセコイ考えで時間を無駄に使っていることに気づいた。クルマのカギの件もまったく同じで、数百円をケチって結局何時間も無駄にしている。まだまだ小さい人間だなと思い知る。
2016/02/19

パディントン

20160213_02.jpg
★★★

パディントン(熊):松坂桃李

メルヘンチックなアニメかと思いながら観に行ったものの、寝不足もあり途中で寝そうだなと心配していたが稀有に終わる。最後まで集中して楽しく観れた。吹き替えで観たが、松坂桃李のパディントンの声がしっくりきて耳に残る。出来れば字幕も観たかったな。
大地震で伯父さんを亡くし、老熊ホームに入った叔母さんとも別れてペルーからロンドンにやってきたパディントンがブラウン一家に出会い、涙あり笑いありのドタバタ劇を演じる。パディントンを早く役所に突き出すべきだと言っていたお父さんが、終盤はく製にされそうになるパディントンを救うため危険な役を引き受ける様は格好良かった。パディントン以外は人間が出演するのでアニメと思って観に行くと私のようにレレレと思う。親子連れの客もいたが、ぜひ家族で観てほしい。