2015/08/30

車検騒動

前に車検の見積もりをとった店に水曜日に電話して、推奨整備は外してくれとか、発煙筒は自分で買うとか、代車はいらないとか伝えた。そして今日見積を受け取りに行くと担当のベテランサービスマンが「ちょっと見積データがなくて・・・」と言って全然違う見積を持ってきた。いやいや、そんなことならもらった見積書を持ってきたのに、問題があったら電話くれって伝えたじゃん!客の名前も車もわかっているのに見積書を探せないって一体どんなシステムを使っているのか?っていうか、他の社員サポートしろよ!明日じゃ家にある見積書持ってくるからと言って一旦帰った。すると30分くらいして電話があり「ありました、○○と△△で、外すのは××ですね」、いやいや「○○もいらないし、××だけじゃないし」とやり取りをするハメに、まずは電話で伝えた内容を確認しろよと。
今日、新しい見積をもらいに再度行き、いついつの朝車を預けて、翌日の朝取りに来るからと二回くらい言ったのに、改めて「翌日の夕方までお時間もらってもいいですか?」と確認してきた。

オレの話聞いてる!?
2015/08/29

親切な店

オートバックスの店頭でタイヤを売っていた店員に「タイヤ新しくしたら走行音って小さくなりますかね?」と聞くと「タイヤ見せてもらえますか」ということで車まで行くと「このタイヤはこのメーカーでもいいやつですね」と言われた。新車でついてくるタイヤはいいやつなんだそうだ。「音が少ないタイヤは何が違うんですか?」と聞くと「溝の模様が違うんですよね」と意外な返事。そうか、そうだったんだ。結局、タイヤ買い替えてもあまり変わらないでしょうでお仕舞い。

■■
レコーダーの新しいやつを見にケーズデンキに行く。メーカーから派遣されている説明員がとても詳しくいろいろ教えてくれてケーズデンキいいかもと思った。全録と通常録画はHDDが別で4TBの容量があっても2TBづつ割り当てられるらしい。通常録画がジャンルや出演者名で録画できるだけでも十分だと思う。
音楽CDをコピーするためUSBメモリーも欲しかったが、いろいろあってよくわからないので近くにいた店員に「お得なやつはどれですか?」と聞くと離れたワゴンに案内され、16GBで1080円(外税)のやつが一番お得ですと言われた。そこまでお得じゃなくてもよかったんだけどね、親切な店員でした。
2015/08/29

部屋決める

夕方と言っていたが電話して昼前に不動産屋に行く。新たな物件は一軒で、前日に引っ越したばかりだという。これは何を意味するかというと、前の住人がそれなりにキレイに住んでいたということ。美装が入らないと見せられないような状態の部屋は管理会社が下見を断るらしい。物件に向かう途中の車内ではこれまでとは打って変って営業の口数も少なかった(現金なものだ)相場と比べて家賃は安く、部屋は広く乾燥機もついていた。これでなぜ安いのか不思議だったが、駐車場が狭く、バックじゃないと停められない位置にあった。前面道路も狭くなんか汲々とするところがイヤで却下した。

それじゃということで、ずっと気になっていた最初に紹介してもらった部屋に申し込みをすることにした。正直言ってこの一週間他の人が決めたらどうしよう?と心配だったが(笑)「まだあります」と担当営業は自信を持って言う。店に戻り、入居申し込み書を書き、手付金を払う。「千円でいい?」と聞くと「一万円以上、できれば家賃の一ヵ月分いただけないでしょうか?」と言うので、まあ気に入ったとこなのでそれでいいかと支払うことにした。入居審査に一週間、保証人に問題があった場合は保証会社に切り替えて保証会社の審査が二、三日掛かると言われた。ここの大家は審査が特別厳しいということはないと聞いていたのであまり心配はしていない。実はすぐ近くにキレイでいい物件があったのだが、大家がうるさいと不動産屋から聞いていたので端から部屋は見なかった。なんでも保証人+保証会社に入居者の職業にもうるさいらしい。
2015/08/28

近づきたいよ君の理想に

♪近づきたいよ君の理想に・・・
 Can You Keep A Secret?(宇多田ヒカル)

自転車に乗っては口ずさみ、会社でも一日中リフレインしていたオレです、こんにちは。そうドラマHERO一期の主題歌です(笑)家に帰ってから二時間見るということは睡眠時間が減るということで結構キツイんだけど、でも見たいの。

■■
朝、駐輪場に向かう途中雨がポツポツ降ってきて「あー雨か」と一旦引き返したが、もう一日でも自転車に乗らないとモヤモヤするので、これ以上強くはならないだろうと強く自分に言い聞かせ駐輪場に戻った。結局それなりに濡れたが、許容範囲ノープロブレム。昔から左膝は悪かったが、自転車に乗った後は階段を上り下りすると両膝共に痛くなる。それでも乗りたいんだよね。あー冬どうしよう。
2015/08/26

HERO ドラマ

木村拓哉:検事
松たか子:木村の事務官
大塚寧々:検事
阿部寛:検事
児玉清:次席検事

映画HEROで興味を持ち、ドラマHEROをDVDを借りて見始めた。パート1、単発ドラマ、パート2、劇場版1があるようだ。DVD一枚に二話づつ収録されていて家に帰ってから二話づつ見ている。相棒と違って事件が重くないので見やすいと思うのと、松たか子がキムタクを好きになっていく様子が微笑ましい。若い男なら、このドラマのキムタクのような男を仕事で目指すんじゃないかな?自分はそうでした(笑)エンディングで流れる主題歌、宇多田ヒカルのCan You Keep A Secret?も一見合わない曲なのだが、切なくてつい口ずさんでしまう。こんな楽しいドラマがあったんだね、テレビでリアルに放送していたころ自分は何やってたんだろうね?
2015/08/24

日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語

日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語
柴田秋雄、瀧森古都
1300円(税別)
SB Creative

読後、爽やかな感動に包まれる本。四年連続赤字から業績を回復させた名古屋駅前のホテルアソシア名古屋ターミナルの物語を小説風に書いた本。文中の『私』が次々に変化するのが珍しいというか読みづらい。あくまでビジネス書ではなく、事実にもとづいた小説として楽しもう。
2015/08/22

続、不動産屋

夕方、不動産屋に行き新たな物件情報を聞いてきた。相変わらず「この管理会社はダメなんでやめときましょう」とか、「ここの大家さんは大変な資産家で税金対策でマンションを持っているんで、ムリして部屋を貸さなくてもいいから厳しいんです」とか言ってた(爆)初日以上の物件はなくて、最初からいい部屋を出すというのは本当のようだ。
新築の物件は最初の二年は家賃変わらず、三年目に千円下げましょうか?となり。その後は一年半くらいの間隔で千円づつ下げることが多いそうだ。基本、ここの社員は話好きというかウンチクを語るのが好きだ(笑)その分面白くて勉強になるけどね。
2015/08/21

銃で撃たれる夢

ドアのすき間から銃で撃たれる夢をみた。うつ伏せで寝ていて伸ばした右手で床を叩いていた。
銃で撃たれる夢は前にも見ていて、いい夢じゃないんだよね、食欲もないしレベル低下中。
2015/08/21

部屋探し

たまに予定通りに一日を過ごすと充実感が半端ないのだが、まさに今日がそう。映画、ランチ、そして部屋探しにビッグに行く。
店長が対応してくれたが、ここは物件への希望条件は店の人が客とやり取りしながらアンケート用紙に書き込んでいく。この方がいいと思う。
■絶対条件
 RC、駐車場(最低ロードヒーティング)、二階以上、UT
■出来れば条件
 都市ガス、オートロック

PCを見ながら直接検索していくアパマンと同じ探し方だ。「どこの不動産屋行っても同じ物件が出てきますよ」と、どこの不動産屋も言うが、前述の条件を客が記入するか店が会話しながら記入するかでも変わるし、同じことを伝えても受け取り方に差が出るし、客も知恵が付いてくるので微妙に条件を変えるので全く同じとはならない。
店長だけあって、この管理会社さんは金さえ払えば誰でも受け入れるのでやめときましょうとか、ここは結露がひどくて沢山部屋が空いているんですよとか裏情報が面白かった。『金さえ払えば誰でも』というのはいつ自分がそっちの立場になるかわからないので半分笑えなかったが・・・鍵はお金払ってでも交換した方がいいですとも言っていた。そうかそういうものか。「ビッグでーす!」「お世話なってまーす!」「○○の××号室は空いてますか?」というなんとも言えない電話の掛け方が耳に残る。

四軒ほど見繕った物件の下見は店長ではなく主任が担当だった。この主任が部屋に入るとケータイメールをすぐに始めて、ベルトを緩めてシャツを入れ直したり、リップを塗り直したりやりたい放題(笑)メールは会社への連絡だったようだが、それならそう言えばいいのにと思う。この主任、四階の部屋を見てるのに「階段で四階は大丈夫ですか?僕はダメです」とか接している道路がちょっと狭い気がしたら「前の道路は狭くて冬除雪入りませんね」とか次々ダメだしする。
私が下見でまず注目するのはエントランスの清掃具合、汚いのは論外だが不用なチラシを捨てる段ボール箱があって、しかも溢れているとかもう論外。掲示板に貼られる注意事項を見れば住民レベルもわかる。一軒は夜中にドンドンと床を踏み鳴らす人や奇声を上げる人がいるという掲示板が張ってあった。最悪!
主任曰く「不動産屋の人間は相場よりも高い部屋には住まないです」とのこと。つまり不動産屋の社員が住んでいるような物件はお得感があるらしい。まあ、うちの社員も住んでますと適当なことを言うこともあるから難しいけどね。
2015/08/20

バケモノの子

★★★

熊徹(くまてつ):バケモノ
九太(きゅうた)/蓮(れん):熊徹の弟子になる人間の子
楓(かえで):後半蓮と出会う少女

両親が離婚して母親に育てられていた少年が母を交通事故で亡くしたのをキッカケに家を出て、熊徹と出会いバケモノの世界で暮らすようになる。人間は心に闇を抱えるというのが映画を通してのテーマになっていて、すごく共感する。正直、こんなにストーリー性の高いアニメだとは思わなかった。子供の低い目線で走るシーンや、陽が当たらない暗い路地裏のシーンが映像として印象深い。絵、セリフ、ストーリーが揃った映画だと思う。予想外に良かったのでもう一回観に行くような気がする。