2014/12/25

耳鼻科MRI

10時からMRIの予約だったが、9時半前に着くと始まるのも早く、予定の10時にはMRI検査自体終わっていた(笑)それにしてもこの病院は職員一人一人の動作がテキトーで本当に頭にくる。MRIの後、聴力検査を再度行い、先生の話を聞く。脳には異常は見られない、薬はもっと強いステロイドと点滴がある。点滴は3時間強かかり、たしか5日やらないといけないような話だった。点滴は入院も可能だが、最初に行ったクリニックの先生に今後どうするか相談してほしい感じだったので、私もそのほうが安心なのでそうすることにした。MRIの画像をCDにコピーしたり、逆紹介状を書いたりするのに時間がかかり、ずいぶんと待つ。
クリニックは今日は午後の診察がなく、午前の診察受付時間ギリギリというか少し遅れることを電話しておいて、オーバーして滑りこむ。クリニックの先生はいま飲んでいる薬を飲みつつ、定期的に薬の効果と聴力がこれ以上悪化していないかの確認のため聴力検査をやるのがいいとのことだった。ちなみにステロイドは急性の場合に有効だが、私のように徐々に悪くなる症状では効果はないそうだ。この先生も薬の効果には懐疑的で、気休めみたいな感じだ。
2014/12/23

幸楽苑

初めて幸楽苑に行ってみた。半チャーハンや餃子もあったが、やっぱりまずはラーメンで様子をみて、美味しかったら次は定食系も行ってみようと思った。注文した醤油ラーメンはカップ麺によくある、白くてボソボソしたお菓子麺で、好みが分かれそう。たしかに東京のラーメンってこういう麺だったような気がするけど、会津のラーメンだったのね(汗)
これは次はないな・・・
2014/12/20

エースと呼ばれる人は何をしているのか

エースと呼ばれる人は何をしているのかエースと呼ばれる人は何をしているのか
(2014/06/20)
夏 まゆみ

商品詳細を見る


エースとセンターは同じように感じるが、著者曰く「センター」とはチーム全体の中心のポジションに立ち、「チームの顔」としてふるまう人のこと。「エース」とは自分自身の実力や魅力を、発揮するべき場所で十分に発揮し、輝いている人のことだという。だからエースには誰でもなれる、そのために必要なことを書いている。

著者とは考えが似ていて、よくぞ書いてくれましたと嬉しくなる個所が多い。

 より具体的に言うなら、身内に気を遣い、仲間から浮かないように足並みを
 そろえることが「チームワーク」だと思っている人がいることが恐ろしいのです。


私も恐ろしい。

 少なくとも私が知るかぎり、協調性やチームワークを最重視して成功した
 人なんて一人もいません。


よく言ってくれました!こんなことを書く人は他にいないね。
2014/12/20

ものの見方検定

ものの見方検定――「最悪」は0.1秒で「最高」にできる!ものの見方検定――「最悪」は0.1秒で「最高」にできる!
(2014/11/02)
ひすい こたろう

商品詳細を見る


最近、落ち込み気味で、家にある『ひすいこたろう』の本をまとめ読みでもしようかなと思っていたところに、書き下ろしの本が出ていて嬉しいじゃないですか。札幌で講演とかないのかな?

 あなたがいまやっていることを、面倒くさくするほどに、あなたらしさが出てきます。
 お客さんが増えていきます。他社はマネできなくなります。
 どんな面倒くささをやれるかが、あなたの持ち味となり、個性となります。



・運がいい人になる方法

 鏡に向かって自分の瞳を優しく見て「私はなんて運がいいんだろう」と言う。

・小さな幸せに気づくレッスン

 寝る前に、わたしは今日幸せでした。なぜならば・・・と三つ考えてから寝る。
2014/12/19

耳鼻科

健康診断で左耳が低音を聞きとりにくいので、近所の耳鼻科で診てもらった。詳しい聴力検査を行うと、やはり健康診断通りの結果で、すぐに紹介状を書くので一番近い大きな病院に行くよう勧められた。
幸い外来をやっている日だったのですぐに紹介状を持って行く。新しい建物のわりに目新しさがない何ともいえない病院だった。医者がマイク越しに「○○さん診察室にお入りください」というのだが、早口な上に声が小さくて、耳鼻科なんだから当然耳が遠い人も来ているわけで、その辺の配慮がまったくない。やっと順番が回ってくると、落ち着きも清潔感もなく医者らしくない医者が言うには、聴力検査の数値は電話が聞き取りづらくてもおかしくないギリギリの数値。とりあえず副作用はないが効きも弱い薬を出します。この薬で治る人1/3、改善する人1/3、効果ない人1/3です。来週MRIと聴力検査をやって結果と治療方針を聞くことが決まった。本当はMRIは今日の午後も空きがあったのだが、診察が午前しかないのでMRIの結果が聞けないというので来週になった。自分が難聴ということ自体凹むが、この先どういうことになるにしろ、この病院にはあまり関わりたくないと思った。

病院帰りに北海道神宮に寄る。平日は観光客も少なく、境内はゆったりとした時間が流れている。初詣の準備をあちこちでしていた。一人、ど真ん中でお参りをする。あーどうか、たいしたことではありませんように。
2014/12/13

南半球は夏寄席

南半球は夏寄席

北大落研、南半球は夏寄席に行く。あいにくの雪と師走の時期が重なり今日の客はいつもの半分、いや1/3くらいか。やはり年配者には雪道はツライよね。クラーク会館自体、いつもなら学生がロビーのテーブルとイスにたくさんいて、なにかの打ち合わせをしているのだが、今日はほとんどいなかった。そんなひっそりとした中の落語はちょっと寂しさがあったのは否めない。落語の後は会社で仕事、オレって頑張ってるなー。

学校近隣の店にチラシを配るらしいけど、そのせいか?たまにものすごい臭い客とかいて、きれいに周りに人がいないという状況になる。
2014/12/10

GMOとくとくBB解約

GMOとくとくBBのWIMAXに加入して13ヵ月目になり、違約金なし解約できる唯一の月になったので解約を申し込んだ。以下、やり取りを備忘録的に書いてみる。

12月1日(月)
フリーダイヤルに電話する。一回目は話中だった、履歴を見ると4回電話しているので4回目までつながらなかった。やっとつながったと思ったら、自動音声応答で新規の申し込みは1、ご契約者は2というので2を押すと、この番号は新規の申し込み専用だという。はぁ?それは1じゃないのか?解約は会員サポート画面からと電話で受け付けている、ただし電話はこの番号じゃなく03・・・だと言われる(言い回しは違うが)家に帰ってから会員サポート画面にログインすると25ヵ月にならないと解約ボタンが表示されないことがわかる。フリーダイヤルに電話した時点でというか、そもそもフリーダイヤルでは解約は受け付けていないことを最初から言えよ強く思う。結局、書面での手続きになり、解約申請書フォームをダウンロードすることにした。
こんなことをやっているうちに20日期日を過ぎることを狙っているとしか思えない。

12月2日(火)
通勤ついでに解約申請書を郵送。

12月5日(金)
解約申請書の確認メールを送信する。

12月8日(月)
GMOから受理しましたとメールが届く。

メールは土日をはさんで翌日ということなのでまあまあかな。メールの文章はとても丁寧で好感がもてた、思わずサンキュ
ーメールをしたくなるほどだった(笑)来月からどうするかは考え中なのだが、やはり今は光なんでしょうか?でも高いよね、実家では工事もしたくないしムリっぽい。しかしモバイル通信はリモホ規制されることが多くてウンザリ気味だし・・・どうしよう?
2014/12/08

師走準備あれこれ

喪中ハガキが何枚か届いたが、ただ『喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます』という文言だけのものが多く、いつからそういうことになったのかな、個人情報ですか?

■■
年賀状を作るのにいつもの『パパッと』を探したがパパッと見つからず(笑)、どうやら似た本が多数出ているので差別化するために和に特化したようで、少しデザインが変わっていた。その分値段は高めだが、紀伊国屋では売上二位だった。

■■
巷ではスケジュールはスマホで管理して、手帳を持たない人が増えているようだ。私も一応スマホにもスケジュール管理のアプリを入れているのだが、いつ消えてなくなるかわからない怖さがあるので手帳は必要かなと思う。手帳とスマホと二重に管理しているわけではなく、手帳は仕事や病院の予約、スマホは主にプライベートの用事を管理している。もう時間単位ではなく日単位スケジュールを管理できれば十分なので、マンスリー手帳でいいかなと思い、いくつか手に取ったがどうも材質が気に入らない。どうしたことか、いつも買っている手帳のシリーズもマンスリータイプになるとイマイチなものになる。どうもマンスリータイプは仕事ではなくお遊びで使うことを想定しているようだ。で、結局仕方がないのでいつものウィークリー手帳を買った。
2014/12/05

意味がないことを確認しても意味ナシ

ユーザからバグ(仕様漏れ)の指摘をされ、すみませんと頭を下げながら、「オレがやったんじゃないんだけどな、なんでだろう?」と思ったらものすごく悲しくなった。

「確認しましたよ」と同僚は言う。

確認したのかもしれないが、そんな仕様で確認してどうするんだと私は思うわけで、「それでいいと言いましたよね」とは間違っても言えない。直接の担当はもう辞めた社員で、ここ数カ月彼の置き土産に翻弄されている。謝るのはいつも私だ。このまま終わったら人生って不公平だなと思う。
2014/12/04

歯医者のち健康診断

健康診断の前に歯医者に寄りメンテナンスを行う。メンテナンスとは歯石を除去することだが、以前は四カ月ごとに行っていたが、この間見たNHKプロフェッショナルの歯医者にならい三ヵ月ごと行くことにした。歯科衛生士に「今日はどうされました?」と聞かれ「メンテナンスに来ました」と答えると、ものすごく嬉しそうな顔をしていた(笑)この衛生士さん言葉使いが「ちょっと引っ張りますよ~」「水吸いますよ~」というのがオカシカッタ。

健康診断で左耳が低音をまったく聞き取れなくてショックを受けた。問診の際に先生に「専門の病院に診てもらうことをお勧めします」と言われたが、結果が出たらすぐに行きますか。なんとなくだが、テレビの音が聞こえづらいなとは感じていて、健康だけが取り柄だったのに、あちこちガタがくるものだ。健康診断が終わりちょうど11時半過ぎだったので、近くの北大の食堂でお昼をとることにした。食堂は三カ所あるのだが、いつも落語を聞きに行くクラーク会館にあるクラーク食堂でカレーを食べた。意外に辛口で私が普段食べるカレーの中では一番辛いと思う。当たり前だが、12時になると混み始めるので、11時台に行くのが肝だね。できれば三カ所すべて行きたいものだ。