2013/08/29

映画 パシフィック・リム

パシフィック・リム
★★☆(-)

海底からKAIJU(怪獣)が次々と現れ、人型ロボット(イェーガー)と戦うというストーリ。なんでも監督が日本の漫画、ロボット、怪獣映画が好きで作った映画らしい。面白いかもしれないが、私はこういうのを観るとすごく苦しくなるんだよね、面白さと同じくらい疲れた。
2013/08/29

浮かび上がる顔

夕暮れの街、タクシーの後部座席の窓から青白い女性の顔が・・・わぉ!でたータブレット女子(笑)。
地下鉄の車内、座ってスマホをやっている女性がいる。垂れた髪が顔を隠しているのだが、スマホが明るく顔を照らすのが垣間見える。どれだけ輝度上げているんだ?

■■
市内の某商業施設の駐車場は20分100円なのだが、20分未満のときは課金されないという、驚くべき良心的料金体系。1分でも過ぎたら課金される普通の駐車場とは大違いだ。っていうことは39分までは100円ということ!スバラシイ。
2013/08/27

最近の失敗(笑)

ゲリラ豪雨にあうことを理由に、通勤途中の散歩をサボっているオレです、こんにちは。ここ札幌もゲリラ豪雨らしき雨が降るようになり、あずましくないわけです。

■■
車のエアコンが入っていて、今日も暑いなと思っていたら、外が寒すぎて暖房になっていた(爆)これだからオートエアコンは使えない(違うかっ)

■■
時間を計るときにWindows7のタスクバーの時計を見ることが多い。上段に時間、下段に日付が表示されて便利なのだが、日を時間と間違えて、あれ?なかなか時間が進まないなとなることも多い(爆)
2013/08/22

そろそろ秋

会社帰り、ビルの2階に美容室らしき店が見える。なんとなく気になって看板を探したが見当たらない・・・近くまで行き入口を探したがエレベータがどこにあるのかわからない・・・非常階段はあるんだけどね(笑)

■■
スマホをあごと首に挟んで電話していた女の子がいてビックリ。だって、スマホだよ(爆)女の子だよ(爆)

■■
今週くらいから最高気温が25℃前後になり、夜は上着が必要なくらいだ。コンビニのホットドリングコーナーの品揃えが充実してきた。朝方も油断するとタオルケットだけでは寒い。こういう時期にカゼひくんだよね。夏用の掛け布団が欲しいなと思っていて、まだ売ってるかな?
2013/08/13

ビールと床屋

糖質ゼロの発泡酒を飲んでいるわけですが、糖質はゼロでも、原材料に糖類、カラメル色素、酵母エキス、大豆たんぱくと、いろいろ使われている。糖質と糖類の違いは?ひるがえってビールは麦芽、ホップのみと男らしい(笑)。トータルで考えてどっちがいいのかわからなくなる?

■■
休みの日に、いつもの床屋の前を車で通ったので中をのぞくと、店長がソファーに座って雑誌を読んでいた。前の店にいたときは休むヒマもなく忙しくしてたのに・・・。独立するとはこういうことか?もっとも本人はなんとも思っていないかもしれないが(笑)とりあえず、また行くよ。
2013/08/11

真夏の方程式 二回目

過ぎゆく夏の夜、まったりと映画を観たい気分になり、残念ながら目ぼしい新作がなかったので真夏の方程式を観てきた。二回目ともなると音楽が耳に入るね。また、タブレットを使ったシーンで背中越しに電源を切る細かいしぐさも発見。正直、ダレルかと思ったのだが、あっという間に観終わり、やっぱ良い映画は何度観ても良いんだな。

シネコンの座席指定を店員に任せると、固めてとろうとするので混んでいないのに周りに人だらけという、おかしなことになるよね。
2013/08/10

トイレ考察

最近トイレの個室ドアの背が高いとこが結構あって、それはいいんだけど、コート掛けのフックを高さに合わせて無造作に付けているとこもこれまた結構あって、非常に使いづらい。てか、ちょっと考えれば高すぎるってわかりそうなもんだけど?心が入ってないんだな~。

ホームセンターに多いんだけど、同じく個室ドアのカギの建てつけが悪いとこがある。斜めってたり、ちょっとしか引っ掛からなかったり・・・仮にもホームセンターがそれじゃいかんだろ!

ある家電量販店のトイレ。”人がいない場合でも水が流れることがあります”、”このトイレは従業員も利用します”よくある文句が並ぶ。しかしここから違った、”ご挨拶は遠慮させていただきます”。何をそんなに恐れているのか?そこまで先回りする必要があるのか?むしろ本業で先回りしたサービスをしてくれ。
2013/08/07

日本をダメにしたB層の研究

日本をダメにしたB層の研究日本をダメにしたB層の研究
(2012/10/19)
適菜 収

商品詳細を見る


辛いよ!辛いよ!と看板でいうほど辛くないカレーのような本(爆)

B層とは「マスコミ報道に流されやすい『比較的』IQが低い人たち」のことで、「具体的なことはよくわからないが小泉純一郎のキャラクタを支持する層」として郵政選挙の際に小泉陣営のターゲットになったらしい。私が思うに、いわゆる、大衆、社会の最大多数を占める人たちだよね。自分で考えることをせず、好むと好まざるとにかかわらず日和見主義を貫く人たちだ。
で、中身ですが・・・どう読んだらいいんだろうね?表紙や目次ほど中身にインパクトはない。引用が多すぎて、これを本と呼ぶのか?疑問になる。とくに後半なんか字数稼ぎじゃないかと思うほどだ。そもそもB層なんてなくならないし、ヤリ玉に挙げるほど悪いわけでもなく、この層を取り込むか否かで世の中が大きく動くわけで、能力のない者がこのB層を利用することの方が問題だと思う。まあ、政治家のことも批判しているけどね。