2013/03/31

あぁ床屋

床屋に行く途中、信号待ちをしていたら「あれ、どこに行くんだっけ?」と一瞬途方に暮れたオレです、こんにちは(爆)

その床屋で帰り際に衝撃の告白をされる!

「来月で店やめるんです」

いやいや勘弁してくださいよー。やっと見つけた馴染みの床屋、また探すわけ?やめる店長は「引き継ぎはちゃんとしますから」と言う。別の店に行くの?と聞くと、自分でやろうと思っているとのこと。もしよければご案内差し上げますがと言うので、お願いしておいた。場所は街中になるらしい、車で行きづらいかも?とりあえず一度は行こうと思っているが、どんな店なんだろう。
2013/03/30

よみがえれ!老朽家屋

よみがえれ!老朽家屋よみがえれ!老朽家屋
(2011/04)
井形 慶子

商品詳細を見る


 現場の職人らは引き渡し日のつじつま合わせに追われ、広い意味での
 住いを考えることは二の次となっている。
 一方、夢をつのらせる施主は、雑誌を切り抜いたり、モデルルームを
 回ったりと、たっぷりとった学習期間で専門家以上の情報を蓄えていく。
 本気で生活を考える者と、現場、事務所、問屋をグルグル回る業者が
 異なる住宅観を持つのは当然である。


リフォームにしろ、新築にしろ、家を建てようと考えている人は読んだ方がいいと思う。350万円でリフォームを請け負ったのは零細工務店ではあるが、これが大手ハウスメーカであれ、有名どころの建築家であろうが、家作りの現場なんて皆こんなもんだと思う。この本は理屈抜きで悲しい現実を教えてくれる。施主がここまでやらなきゃいけないのかと自信をなくした人は家を諦めるのもいいかもしれない。家を建てた人間の経験談として、家がすべてではないです(ハイ)。
2013/03/28

銀座缶詰

銀座缶詰 (幻冬舎文庫)銀座缶詰 (幻冬舎文庫)
(2013/02/07)
益田 ミリ

商品詳細を見る


1200円もするマンガは買えないが、文庫なら買える(笑)。

 海外に行くような旅になるときは、もしかしたら帰って来られないこと
 だってあるかもしれないと思い、お金のことがわかるような簡単なメモを
 残しておくようにしている。


私も常々思っていながらやっていないのがこれだ。ネット銀行とか通帳がないからホントわからないよね。

 友達と一緒にお花見の会に参加して、楽しくご飯を食べる。後日、友達が
 そこで知り合った人々とすっかり仲良くなっていて「今度、一緒にケーキ
 教室に通う約束したよ!」などと報告されると、人を受け入れる力量につ
 いて考えさせられるのだった。


わかる、わかる。どうすればそんなに仲良くなれるのか?と思うことがある。
2013/03/27

ホリエモン仮釈放

満月の夜、いかがお過ごしでしょうか?

ホリエモンが仮釈放されました。もう『刑務所なう』が読めなくなるのかと思うと残念です。本人も部屋に風呂があれば刑務所もいいかもなんて言ってたんだけどね、まぁシャバがいいよね(笑)
2013/03/23

老朽マンションの奇跡

老朽マンションの奇跡 (新潮文庫)老朽マンションの奇跡 (新潮文庫)
(2012/12/24)
井形 慶子

商品詳細を見る


言葉の説得力、文章の読みやすさ、人間の機敏を言葉にするところなど、思わず一気読みする。失礼ながら、井形慶子といえばイギリスかぶれの作家という印象しかなかった。ところが、出版社を経営していて、会社の倉庫兼、若手社員を住まわせるための中古マンションを吉祥寺に買い、リフォームするまでを書いた本である。当の社員に知らせず家を用意したり、社員のアパートに上司が行ってみたりと、今どき珍しく人間関係が濃密な会社のようだ。
その若手社員ハヤト君(仮名)が付き合っていた彼女に別れ際に言われた言葉が

 「たかだか都内のワンルームも借りれないのなら、一人で所沢にいれば
 よかったじゃない」


女は強し。井形慶子もこの彼女に憤慨しているが、同時に東京の住宅事情の悪さについてコンコンと語っている。この本は井形慶子の新しい一面を教えてくれる。
2013/03/21

大腸カメラ

健康診断で潜血便がひっかかり、今日大腸カメラをやってきた。前日から食事制限に入り、前日夜と当日朝に下剤が入った水を大量に飲まなければならない。ネットで二日前から食事に気をつけるのがコツという記事を見つけ、同じようにやってみた。さらに月曜からビール、牛乳、くだものを完全にやめた。

【二日前】
朝:パン、ゼリー
昼:うどん、カロリーメイト
夕:ごはん、たまご焼き、冷や奴、具なし味噌汁、ゼリー

【前日】
朝:パン、ゼリー、カロリーメイト
昼:うどん、プレーンヨーグルト、おにぎり
夕:おかゆ、味噌汁、冷や奴、ゼリー

前日夕食後にマグコロールPを水150mlに溶かし飲む。飲みづらくはないがしょっぱい!飲んだ直後は腹が張る。さらに翌朝飲むマグコロールPを溶かした水1.8Lを作り、寝るまでの間に四割ほど飲む。これはもう完全にポカリスエットと同じでゴクゴク飲める。1時間もすると便意がくる。4、5回トイレに行き布団に入るが、夜中に二度ほどトイレに起きた。この時点で水だけの便になるのかと期待していたが、そうは問屋がおろさない(笑)

【当日】
残りの下剤を飲む。本当は1.8Lを1時間くらいで飲むものらしいが、前日から飲んでいた上に当日も2時間以上かけて飲んだ。決して飲みづらかったわけではなくテレビを見ながら飲んていたらそうなった。昨夜から合わせて15回以上はトイレに行く。最後の2、3回でやっと水状態になる。二日前から頑張ったわりにはこんなものなのか?マグコロールPは短時間で大量に飲んだ方がよかったのかもしれない。

12時前に病院に行き、処置室で紙パンツに履き替える(後ろが開く)肩に腸の動きを止める?筋肉注射を打つ(筋肉注射は痛いのだが今回はまったく痛くなかった)ベッドに左向きに横たわり、ゼリーを塗られ、カメラが入る。下剤の水はさんざん心配したがカメラについては心配していなかったのだが、途中何カ所も痛みを感じる。体をラクにした方がカメラも入りやすいと思うのだが、とてもラクになどできない。これは想定外だ~。最後は仰向けになり立て膝の右足を上にして足を組む。大腸の入口までカメラを入れたらバックしながら検査、撮影していく。やっと終わり。フー、これは毎年とかやるようなものじゃないな。

【結果】
ポリープもなくいたってきれいな腸だった。私がそうだったのだが、便通がいい人は腸が細いそうで、カメラが通りにくかったのはそのせいもありそうだ。料金も6000円ちょっとで意外に安かった。でも、もうやりたくないな。
2013/03/20

春の彼岸

彼岸なので母と墓参りに行く。午後1時から大広間で法要が始まるので、その隙に墓参りを済ませる(笑)坊さんがいるとお布施をあげないといけないからね。意外に駐車場は混んでなく、さすがに春といっても冬の北海道の彼岸は人出が少ない。

先週、通勤途中にある家の大きなベランダが雪の重みで崩壊していた。古い木造住宅が雪で潰れるというのは昨年もあったが、さほど古くもない家のベランダというのは初めて聞く。この冬は本当に記録的な大雪で寒い。
2013/03/20

日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業

日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業
(2011/10/27)
屋山太郎

商品詳細を見る


昔、社会派の本はまとめて読んだことがあるが、政治の本を読むのは初めてかも。テレビタックルでおなじみの屋山太郎氏の本である。テレビではスタジオには行かないと言ってたが、三宅さんの最後の放送回に出演し、三宅さんが亡くなってからはスタジオ出演もするようになったね。歯に衣着せぬ発言がいつも楽しみだ。

 DIYの業界が経産省に「業界団体を作るのでよろしく」と言うと、
 「業界団体には事務職員が必要です」といわれ、了解したとたん、
 経産省から年収2000万円の官僚が天下ってきた。さらに、その天
 下り職員が企業年金をつくると言い出し、そんなもんかと思って
 いるうちに、今度は専門家と称して厚生労働省から年収1500万円
 の官僚が天下ってきた。気がつくと、職員も4、5人採用されていた。


つい最近テレビで、業界団体がこんなにあるのは日本だけで、業界のトップ同士が会食しただけでアメリカなら独占禁止法違反になると言ってた気がするが、これじゃね・・・。
2013/03/17

映画 横道世之介

yokomichi.jpg
★☆☆

160分という上映時間以上に長さを感じる。主役が不思議キャラだと観るのがツライ。横道世之介のキャラがオカシすぎない?ネットでは評価が高いんだけど、あのーどの辺がヨカッタですか?原作もこんなんなのかな?興味本位で読んでみたい気もするが、同じだったらイヤなので読まないけど。