2013/01/31

食べ物にツイテない日

セブンイレブンコーヒー

私はコーヒーの美味いマズイがわからない人間なんだけど、セブンイレブンの挽きたてコーヒーは美味いと思う。しかもレギュラーサイズが100円という安さ。もう自販機のカップコーヒーや缶コーヒーは買えない。なんでも昨年の8月から北海道などで実験販売を行っているらしい。ということは、まだ東京のセブンイレブンでは売っていないのだろうか?かつてnanacoカードを東京のセブンイレブンで出したら「北海道の方ですか?」と言われた人がいたが(笑)。

■■
昼休みにカップラーメンにお湯を入れようとしたら再沸騰中のランプが点いている。しばらく待ったが消えない、きっと保温から沸騰に切り替わっただけだから大丈夫だろうとお湯を注いだら、思いっきり水だった。しかたがないので、ラーメンをあきらめ、時間もないのでコンビニでブリトーを買ってきたら、店の温めが足りなくて、1/4くらい食べられなかった。なんて食べ物にツイテない日なんだろう!
2013/01/27

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ
(2012/06/13)
五百田 達成、堀田 秀吾 他

商品詳細を見る


挑戦的なタイトル、目立つ表紙、教科書のような左開きの本。13刷はすごいね。自分が原因なんだと思ったら気がラクになった(笑)これが他人だったら絶望的だし。

 野生のアフリカゾウの平均寿命は56歳ですが、動物園のアフリカゾウの
 平均寿命は17歳だと言います。エサも用意され、住む場所も確保され、
 外敵の危険もない。そんな整った環境にも関わらず、「与えられた選択
 肢」の中だけで生きるのは大きな負荷がかかるのです。

このページを開いただけで、この本を買おうと思った。
2013/01/25

2013.1 日常

ラジオから「今朝の新聞を見てビックリしましたね~」と声がする。それはプロ野球に関する大きなニュースだったのだが、新聞の前にYahooトピックスを見てビックリするだろう!と素直に思ったわけです。若者をターゲットにした番組でもあり、なおさらそう感じたのかもしれない。きっと構成作家が古い方だったんだろうね。

■■
車の運転席側ドアを開けると、ドアヒンジ部分からギーコギーコ音がするようになった。自分でスライドする部分に油を差したのだが効果なし。しょうがないのでディーラに持ち込みヒンジ本体に油を差してもらい解決。しかし前の車は10年以上乗ったがそんなことはただの一度もなかったのにね。モノが違うのか?点検時のサービスが違うのか?

■■
いつも行く病院に夕方行ってきた。料金がいつもより高いなと思ったら夜間割増し料金が加算されていた。夜間といっても21時や22時じゃなくて19時までなのにね、割り増しなんだ・・・羨ましい商売だ。
2013/01/25

映画 東京家族

東京家族
★☆☆(辛口)

流されるように観に行ったが、山田洋次だなー。
テレビでやる山田洋次監督のドラマを見ることはない。理由は見なくても内容が想像できてしまうから。

この映画は1953年公開の小津安二郎監督の「東京物語」をモチーフにした作品。渡る世間は鬼ばかりもそうだけど、年配の人はこういうのが好きだということが、客層からもうかがえる。瀬戸内海の小島に住む平山周吉(橋爪功)と平山とみこ(吉行和子)が東京に住む子供たちに会いに来るが、家庭もある子供たちは忙しくて東京見物にも連れて行けない。しまいには高級ホテルの宿泊プランをプレゼントしてみたり・・・。妻が亡くなり、これからどうするんだろう?と思っていたら、非常にあっけない幕切れ。どうぞ後は皆さんでご想像なさってくださいという感じか。長男役の西村雅彦などが年老いた両親を気づかう何気ないセリフがあるのだが、あーやっぱりこういう立場の人はこういう振る舞いをしないといけないんだな。なんでも当初、平山周吉役は菅原文太、妻・とみこ役は市原悦子の予定だったらしいが、市原悦子じゃなくてよかったんじゃない(笑)。
2013/01/22

雪の札幌

雪道

手前のアスファルトが見えているところはロードヒーティングで雪を溶かしていて、その先はヒーティングがないので普通に雪が踏み固まっている。その落差30cm以上あるだろうか?そう、冬の北海道人は目線がそれだけ高いということ(笑)いや、笑い事じゃなくて、この段差は滑って危ないし結構キツイんだよね。駐車場の出入口もこんな風になっていて4WDじゃない車がちょうどこの境で止まると上がれなかったり、アパートなんかだと車を傷めることがある。

雪道2

別の場所だけど、これくらいあります。

小雪像

2月5日からさっぽろ雪まつりが始まるが、大通公園には小雪像のベースとなる雪の塊が準備されている。今年の札幌は雪が多く寒いので雪質は最高だと思われます。雪まつりは開幕前日の夜に見るのがいいという話も聞くので、興味がある方はどうぞ。ちなみに終わった翌朝には即行取り壊すので、物珍しい光景を見たい方にお勧め。
2013/01/20

つらい時は「やってらんな~い」て叫べばいいのよ

つらい時は「やってらんな~い」て叫べばいいのよ (宝島社文庫)つらい時は「やってらんな~い」て叫べばいいのよ (宝島社文庫)
(2012/01/13)
水無 昭善

商品詳細を見る


オネエ住職で有名?気軽に読める本だが、いくつかハッとする言葉に出会う。

 親がよかれと思ってしてくれたことでも気に入らなければ怒ったりする
 人もいるでしょう。それはみんな自分に跳ね返ってくるのよ。子供から
 同じことをされたりしてね。

2013/01/19

カードと鍵

断捨離の一環で、昨年からポイントカードを減らしていて、次のカードを減らした。

1.シネコン
2.スタンド
3.オートバックス

1と2は有料で次年度の更新をしなかったので自動的に解約。映画も洗車も値引きやサービスよりも、回数を減らす方がお得だという当たり前のこと(笑)。3は無料だが今の車になってからオイル交換はメーカ推奨条件で行うようにしたので、オイル交換で使うこともなく不用と判断した。元々ポイントの有効期限も短くて使い勝手がよくなかったこともある。さすがにクリーニング屋、レンタルショップは必要かな?

■■
仕事帰り、家の玄関を開けようと鍵を回したが途中で引っ掛かって開かない。インターフォンを何度鳴らしても母は寝ていて聞こえないようだ。念のため我家はお屋敷ではない(笑)仕方がないので母の部屋まで行って外から窓を叩こうと思ったが、日中降った雪で足場が悪い。それでも雪かきをしながら母の部屋までたどり着き、窓をたたいて母を起こした。母曰く、調子が悪いとは思ったが試したときは開いたからいいかと思ったらしい。母はとにかく相手(私)に余計なことをさせられない性格でいつも私とぶつかる。何か買い物があったら連絡をくれ、夕飯の材料がなかったり、出掛けていて作る隙がなかったら外で済ませるから連絡をくれと何度言っても絶対に連絡をすることはない。何をそこまでこだわっているのかわからない、困ったものだ。
2013/01/15

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神
(2012/12/12)
水野敬也

商品詳細を見る


主人公の売れない芸人西野勤が貧乏神の幸子さんを好きになるタイミングがよくわからない(爆)。生き方というか成功の仕方をガネーシャや幸子さんとのからみで説明するのが、白々しくときにものすごくクドク感じる。前作は泣ける内容でもあったと思うのだが、今作はそういうこともない。本も映画も続編は難しいね。
2013/01/14

映画 グッモーエビアン!

グッモーエビアン!
★★☆

さようならと、ありがとうは言えるときに言わないとダメだ。(by 大泉)

大泉洋の映画がやっているのは知っていたが、『探偵はbarにいる』の次回作まで待とうと思っていた。でも、行っちゃった(笑)この映画18日までなのだが、ヘタな映画の公開初日くらいの客はいた。
終わってみれば、古典的な青春映画なわけですが・・・、大泉はあーいうキャラなんだけど、あのテンションが続くと本人も見ている方も辛くなるんだなー。
2013/01/13

映画 渾身

渾身
★★★

ポケティがいくらあっても足りなかった。後からトイレで顔を見たら鼻が白くなっていた(爆)

原作は小説で隠岐諸島に伝わる古典相撲がテーマ、監督は『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の錦織良成。監督の地元とはいえ、こういう作品を拾い上げる力が素晴らしいと思う。相撲、伝統、町内の世話役とか縁遠い私が観ても楽しめた。もう子役の井上華月の演技に脱帽。単身赴任中のお父さんが観た日には号泣間違いなし。そして、本来相撲ってこういうものだったんだろうね、相撲への認識を新たにしたし、国技なんだから学校でもちゃんと教えようよ。過去を振り返るシーンを挟みながら映画は進むのだが、違和感なくつながるところがまた良い映画の証拠だと思う。
土俵のシーンにはたくさんの地元の人が出演していそうだが、拍子木(ひょうしぎ)を打つ人のニコニコした笑顔が忘れられない。自分もあんな風に年をとりたいなと思った。