2012/04/29

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない
(2012/04/12)
見城 徹、藤田 晋 他

商品詳細を見る


迷ったときにはいつも本があったな、というわけで久しぶりに本を読んでみた。

なんだ、見城氏も二番煎じやるのかよ、とちょっとガッカリ。幻冬舎でさえ5年後には出版で利益が出なくなる想定しているのが驚きだった。今どきどこで買っても同じ値段って映画と本くらいだよな。
まだ20代だったらね、おぉーそうかと明日から仕事を頑張ったかもしれないが(爆)、そう大きくビビッとはこない歳になった。いや、歳だけのせいじゃないか。

 自分がこれだけ苦労しているのに、相手からは何も返ってこないと思っていたら、
 大した仕事はできない。少なくとも、人の上に立つリーダーにはなれないだろう。

 「その人」のために戦っているのに、
 「その人」に冷笑されている時がある。
 「その人」の人の良さ、「その人」の我慢強さ-。
 割に合わない人生を受け止め続けている
 「その人」からも理解されないのは辛いことだ。
 しかし、それこそが戦いの本質なのだ。


見城氏のこの二つの言葉はよく理解できる。20代のころに出会いたかったが、20代でこのことに向き合える人はスゴイだろうな。

 悪名は無名に勝る

就職するときにお世話になった先輩から、良くも悪くも目立てよ!と言われ、結構その言葉を意識して20代を過ごした。私は自分としてはかなりメチャクチャやってるつもりでも、周りからはそう思われないところがあって、悪名には縁がなかった。
2012/04/28

ゆにガーデン

北海道はGWから公園や道の駅などの屋外施設がオープンする。冬期は休業もしくは開店休業状態のところが多い。母と夏営業が始まったばかりの『ゆにガーデン』に行く。が、いつもこうなのか?今年は寒さが厳しかったせいなのか?ほとんど花がない(爆)。前に来たときは秋だったので、春の花が咲き乱れているイメージで来たのだが・・・。

全景
正面から。

アヒル
アヒルがせめての慰め。
2012/04/25

子供は大変

子供は大変だよね
酒を飲んでストレスを発散できないし

子供は大変だよね
車を運転して気分転換ができないし

子供は大変だよね
好きなときに好きなものを買えないし

子供は大変だよね
学校が嫌でもかわれないし

子供は大変だよね
子供を相手にしなきゃならないし

私は絶対に子供には戻りたくない(爆)。
2012/04/22

映画 僕等がいた 後篇

僕等がいた後篇
★★★

とにかくハッピーエンドで終わったのはよかった(笑)
矢野元晴(生田斗真)の母親(麻生祐未)の失業、病気、自殺と重苦しい展開で始まる。舞台が釧路から東京に移り、なんか普通のドラマみたいだなと感じた時間もあったが、エピソードが盛りだくさんで観ていてあきない。終盤にかけて釧路のシーンが増えるのだが、草原を矢野と七美が走り回るとか、さすが少女漫画と思った(笑)。

・七美(吉高由里子)が矢野をどうしてそこまで好きなのかは最後までわからなかった(笑)。
・それでもなんで吉高由里子なんだ(笑)。
・本仮屋ユイカの表情の変化が素晴らしい。
・矢野が北海道-東京と何度も引っ越すところが自分を見るようだった(ちがうか)。
・で、結局最後はどこにいたんだ?
・鼻をすする男が何人もいた(笑)。
・印象深い台詞がたくさん出てくる。例えば、一人が寂しのは二人でいる楽しさを知っているから、とかね(あとは忘れた)。
・主題歌が前篇と後篇で違ったような気がするが、どっちももう少しインパクトあればね。
・千見寺(比嘉愛未)と七美(吉高由里子)がベンチに並んで座るシーンがあるのだが、比嘉愛未の足が細くて吉高由里子が可哀そうだった。
2012/04/21

憂うつな土曜日

また床屋難民になりそうな予感。あ~また一から探すのか・・・。

■■
もう昼だなと思ったときにふと気付いた、朝飯食べてないじゃん!こんなことは人生初だ。ヤバい本当にヤバいと思った(爆)。

■■
とある場所で父親と息子と思われる二人がいた。息子が買ってきたビールを父親に一口飲ませたり(父親はすでに二杯飲んでいた)、一個の弁当を二人でつまみ合ったりで、その仲の良さが微笑ましいというか正直羨ましかった。どうすればこんな親子ができるんだろう?ドラマを見るようだった。
2012/04/20

映画 名探偵コナン 11人目のストライカー

コナン11人目のストライカー
★☆☆

なぜそこまでJリーグにこだわる?
いきなりの爆破シーンに体が動いて恥ずかしかったな。ありえないアクションシーンの横で実在のJリーガーが登場し、声も本人なので棒読みのセリフは興覚め。アニメとはいえ、一人で何十個もの爆弾を用意し、アクロバティックな場所に仕掛けたのが元Jリーガーという設定に思いっきりムリがあると思う。気のせいか、お決まりの最後の次回作制作決定の宣伝もインパクトに欠けてみえた。
2012/04/20

ファーストフード店

朝、ファーストフード店でコーヒーを注文すると「あいにく機械が壊れていてできません」と言われ、夜別の店に入ると「蛍光灯が切れているのでこちらの席にどうぞ」と言われる。今日はずいぶんとファーストフード店に嫌われる日だな。

■■
NHKの情報番組でfacebookを利用した就職活動を放送していて、要は企業が面接した学生のfacebookを見て採用に生かそうということらしい。学生向けのセミナーまであってその内容が・・・

1.プロフィールアイコンは笑顔でアップの写真を使う
2.友達は50人以上フォローする
3.週に2回以上前向きな書き込みをする

だって。なにが一番驚くって、NHKの通り一遍の取材だな。
2012/04/19

足回り

新しい靴がサイズはともかく、左の甲がきつくて歩きにくい。まさか甲が合わないとは思わなかった、皮が伸びるのを待つか?合皮は伸びるのだろうか?

車のリコールの案内が届いた。もう20000km以上乗ってリコールだと言われても実感がわかないのだが、イジッタばっかりに不具合が出るのもありがちだし、GWになにかあっても困るのでGW明けにしよう(爆)。車といえば先日ディーラでタイヤ交換をしたのだが、4本で1500円というバカみたいに安い金額なのだ。その代わりタイヤ位置を表すシールはないし、タイヤを包むビニール袋は再利用だったりする。メーカにも色があるからね、そういう底辺で勝負するのもありかもしれないが、車検なんかはどうするのだろうか?やはりディーラらしく値段ではなく内容で勝負するんだよね?
2012/04/16

設計しないから難しい

プログラムを作る側からすると、どんなに難しいプログラムでも詳細な仕様書があればプログラムを作ること自体は難しくない。その仕様書が50頁あろうが100頁あろうがだ。仕様が難しいからプログラムが難しいという言葉をよく耳にするが、仕様が難しいからではなく、難しいにもかかわらず仕様書がないからプログラムが難しいのである。そんなの当たり前だよ!と三流SEにかぎって言うのだが、逆立ちしても彼らにはできないのである。
作業量の割合にすると設計7、プログラム3くらいが良いプログラムを作れると思う(もちろん簡単なプログラムは除く)。これが設計3、プログラム7と逆転するとおかしな事が起きる、プログラムが7で終わらないのだ(爆)。正確にいうと7で納期を迎えたプログラムは使い物にならない。14くらいかけてやっとユーザに見せることができる。そして時間がないから設計しなかったはずのプログラムの対応に追われて、更に時間がなくなるのである。まさに自分で自分の首を絞めるとはこのことだ。自分の首を絞めているうちはいいが、他人の首も絞めないでね。
2012/04/14

多忙な春先

私は仕事は段取り上手なのだが(笑)、プライベートでは段取り下手というか段取りを組まない。理由はうまくいかなくても基本的に困るのは自分だけで他人に迷惑を掛けないからだ。どこに行くかを決めずに車を走らせるなんて朝飯前、同じ方向だから一緒に用事を済ませようなんて発想自体存在しない、予定外の店に入るのでポイントカードを持ち合わせていないなんてことも多い。そんな私だが今日はあらかじめ予定を組んで行動してみた。タイヤ交換、ワイパー交換、洗車、靴、靴下、シャツ・・・買い物が多い。予定通り事が済むと達成感を感じて気持ちが軽くなるのは仕事と同じだ。それでもこういう休日は少ないと思うけど。