FC2ブログ
2012/01/30

下山の思想

下山の思想 (幻冬舎新書)下山の思想 (幻冬舎新書)
(2011/12/09)
五木 寛之

商品詳細を見る


私には文章が難解でなんとなく雰囲気を感じるような本。740円(税別)という値段にビックリするけど、これくらいの値段だと本も気軽に買える。爆笑問題の太田と同じように世間の常識を疑ってかかる人らしく、そういう面は私も理解できる。ただ、散文をまとめたような本なのでタイトルに気合を入れて買うと肩透かしをくらう。まぁ、いいか740円だから。
2012/01/29

映画 麒麟の翼

麒麟の翼
★★★

東野圭吾最高!
自身最高傑作というだけのことはある。

私は真犯人と同じ立場だったらかなりの確率で同じことをしたと思う。だからこそ加賀(阿部寛)の「間違ったことを覚えると、また同じところで間違える・・・」という台詞が耳に残る。自分の人生もそんな気がするから。ここの台詞をちゃんと記憶したいのでもう一回観に行くつもり。そのときは号泣するかもしれない。

・返す返すも腹立たしいのは水泳部顧問(劇団ひとり)とカネセキ金属工場長(鶴見辰吾)。
・被害者(中井貴一)の死ぬ演技はよかったけど、最後のシーンは余計じゃないかな(中井貴一に言っても仕方がないが)。
・被害者の長男(松坂桃李)は存在感があってよかった。
・公式サイトが情報量少なすぎでヤル気がないのはなぜだ?
・容疑者(三浦貴大)が現場でなぜあんなことをしてしまったのかという理由づけが弱いような気はする。
・2時間でこれだけのストーリーを詰め込んだ監督(土井裕泰)の力もすごい(ハナミズキ、涙そうそうの監督なんだ)。
・しあわせのパンが学芸会に見える。っていうか同じ料金とるな!
2012/01/26

映画 しあわせのパン

しあわせのパン

草食系映画故にスピード感、緊張感はゼロである
北海道先行上映ということだが、『探偵はBARにいる』の大泉人気をあてにするこのいやらしさと映画のギャップがオカシ過ぎる。洞爺の月浦でパンカフェを営む大泉洋と原田知世のところに三組の客が現れるオムニバス形式でストーリが展開する。話が進むにつれ良くはなるのだが(笑)私の二列前にいた女の子は耐えきれずに終盤気を失っていた。何度も出てくる「美味しい」という台詞ほどパンの美味しさが伝わってこないのも残念だ。
2012/01/25

しごとのはなし

しごとのはなししごとのはなし
(2011/10/22)
太田 光

商品詳細を見る


爆笑問題の太田光は好きでもなければ嫌いでもないがなぜか気になる存在である。だからといって出ている番組を好んで見ることはない。とにかくたくさんの本を読み、たくさんの映画を観ていて、文章や台詞をいちいち覚えている(記憶しないにしてもこの本に使えるところが)のがスゴイと思う。負けず嫌いのせいで毒を吐くようなことを書いているが、これが単に性格で毒を吐いていたらここまでの成功はなかっただろうね。画面から伝わる感じと同じで理屈っぽいというか言葉が多い文章である。説明しすぎると逆に伝わらないって会社でもよくありがちだよね。
2012/01/23

結論はまた来週

結論はまた来週結論はまた来週
(2011/09/26)
高橋 秀実

商品詳細を見る


読むのはまた来週とは行かず。てっきり高橋克己の本だと勘違いして買ってしまった(笑)。一応60頁くらいは読んだが、字が多いわりに内容がいまいちで滅多にないことだが、途中棄権。これからもこういうが増えるかもしれない。
2012/01/22

コンビニレジ袋対応

コンビニで例えばお茶一本買ったときの店員の対応が結構違う。

・普通にレジ袋に入れる
・無言でシールを貼る
・「シールで失礼します」と言う
・「レジ袋にお入れしますか?」と聞く
・「レジ袋にお入れしてもよろしいですか?」

同じ系列でも店によって違うので本部はそこまで指導していないのかもしれない。ひょっとすると同じ店でも店員によっても違うのかも。レジ袋にお入れしてもよろしいですか?が一番丁寧な気がするが、商品が2、3個あるのにこう言われるとムッとするから難しい。スーパーのように買い物袋を前提にしてもいいけど、万引きが増えて逆に困るんだよね、きっと。
2012/01/19

オバサンズトーク

歳の離れた既婚のいとこに「スマホにした」と言ったら、マンガのように驚かれたオレです、こんにちは。きっとあいつもスマホを買うに違いない(笑)。

久しぶりに親戚の叔母さんたちのオバサンズトークに当たったらなんか船酔いした気分。やれお嫁さんの話、息子の話、孫がこんなスポーツをやっている、孫にこんなことを言われた、うちの息子は仕事が忙しい、○○君(甥っ子)の会社は大きい・・・、どうしてあーも内輪な話が好きなんだろう?またその話がかなり間違っていることも多くて・・・、カラスがカァーカァー鳴くのと同じじゃないか。
2012/01/18

葬儀と準備

だいたい、香典袋を前もって用意するのは縁起が悪いとか中には新札を入れてはいけないとか準備をうかがわせる行為はとやかく言われるわりに、いざ葬儀をやるとなると、披露宴のような準備と進行が待っている。通夜には誰が来る?通夜の夕食は必要か?葬儀場に泊まる人はだれか?告別式に出席する人は?火葬場に行く人は?通夜振る舞いは?引き出物は?もうね準備しすぎだよ(笑)。
2012/01/18

初めての葬儀

いとこの旦那さんが亡くなりお通夜。いとこの旦那さんという血縁的な距離感がよくつかめなかったのだが、行った実感としてはそんなに遠くないんだな。私よりも年下で小さい子供もいてさぞかし無念だっただろう。控室ではおとなしくしていた子供たちだが、お通夜では我慢していた涙が溢れそれはもう何度も何度も何度も涙を拭っていた。その姿を見て周囲の大人たちも泣く。焼香の後子供の頭を撫でる人抱きしめる人がたくさんいた。こんなに多くの参列者が涙を流す葬儀は人生初めてだ。

葬儀が終わると祭壇をバックに親族だけで集合写真を撮るのが北海道では当たり前なのだが、東京の親戚が言うにはあちらではそんな事はしないそうだ。この写真がまた焼増すのに金がかかるわりに、親戚からは一度見たらもう見ないからとジャマモノ扱いされ散々なのである。
2012/01/16

強烈な夢

昨日強烈な夢をみた。いつもは夢の内容をメモに書き留めるのだが、これなら覚えているだろうと思い書き留めないで寝た。そして忘れた(笑)。これが書くと後からメモを見なくても覚えているから人間書くという動作は重要なんだな。それにしても強烈な夢だったということは強烈に覚えている。