FC2ブログ
2011/12/31

2011 株

前にも書いたが年間の目標としていた利益額を達成し多少上積みもできた。その後欲張って買った株がそろって下がっているので含み損はあるけれど・・・。常日頃注目している銘柄がいくつかあるのだが、買わなかった銘柄はそろって上がっているから人生うまくいかない(笑)。
『欲張って』と書いたが、欲張って買ったのではなく欲張って売らなかったが正しい。再三再四書いているが(自分への戒めとして書いても書き足りない)、景気よくちょっと上がると欲が出てしまう・・・来年も欲との戦いになりそうだ。
2011/12/30

自分を磨く「嫌われ仕事」の法則

自分を磨く「嫌われ仕事」の法則自分を磨く「嫌われ仕事」の法則
(2011/12/15)
唐鎌 謙ニ

商品詳細を見る


本書くの上手いな、この人。

著者は雨漏り修理の会社を経営している。雨漏り修理という仕事は業界内でも嫌われる仕事で、嫌われ仕事をやることの大切さをこの本で訴えている。私のかつての上司が「他人が出来ないことをしましょう。それが出来ない人は他人がやらない事をしましょう」と言っていたのを思い出した。自分自身を振り返っても他人が嫌う仕事をしていたときは仕事の達成感があり活き活きと働いていたように思う。
2011/12/29

映画 リアル・スティール

リアル・スティール

なんだろう、親子の絆とか感動作とか言われるが結構な暴力映画です。子役の長台詞があって、ここがいいシーンのはずなのだが、吹き替えの声が俳優のレベルに達していないように思えた。これから観る人は字幕版をぜひ。
子供のマックス(ダコタ・ゴヨ)がゴミ捨て場の崖下に落ちてそこで親友になるロボット(ATOM)を見つけるところがディズニーなんだろうね。主人公チャーリー(ヒュー・ジャックマン)はやくざな人生を送っているくせに「俺にはできない」と弱気な台詞が多くて腹立たしくなる。
2011/12/27

会議のコツ

やきそば弁当のソースが甘過ぎて食べられなくなったオレです、こんにちは。う~ん、年とともに味覚が変わるって本当なんですね。

■■
社内の会議にしろユーザとの会議にしろ、なんとなく険悪な雰囲気になってきたときに私が使う技がある。それは「さっき○○さんが言ったように・・・」「さきほど△△課長が仰ったように・・・」と場の雰囲気を壊している人を名指しで引き合いに出すこと。そういう人が話す事というのは持論だったり正論だったりするのだが、それを真正面から受け止めたり正論で反論したり無視したりしてはいけない。引き合いに出すだけで驚くほど場の雰囲気が和む、その間隙を突いて(爆)「もうちょっと考えてみよう」「問題点を整理してみよう」と続けると驚くなかれ当の本人からも「うん、そうだね」「頭に入れといてくれればいいよ」と議論を先に進めるような言葉が出てくるものである。そしてその後、一緒に飲みに行き「いろいろ話を聞かせてください」とまで言えたならあなたのリーマン人生は安泰でしょう。

私の欠点はこの技をプライベートで出せないことだな(爆)。
2011/12/26

だから、僕らはこの働き方を選んだ

だから、僕らはこの働き方を選んだ 東京R不動産のフリーエージェント・スタイルだから、僕らはこの働き方を選んだ 東京R不動産のフリーエージェント・スタイル
(2011/12/09)
馬場正尊、林厚見 他

商品詳細を見る


『東京R不動産』という不動産サイトを運営する組織の代表3名の共著(このサイトは月間300万ページビューだとか)。フリーエージェントで働くことにこだわり、他の仲間もフリーエージェントというスタイルで働いている。マネジメントで気をつけていること、フリーエージェントの良さなど中身はひどく内向きな本である(悪口ではない)。第1章と2章がちょっと説明が丁寧過ぎないかい?とか、見方によってはすかした感じがするかもね?とか、同じことをいろんな表現で繰り返し書いているだけじゃね?とか、それでも普通の本にはない表現が独特な部分があるよね?とか思う。
実際にサイトを見たが、いうほどブっ飛んだ感じは受けなかった、あっ自分の感性や要求と合うのかもしれない。

以下、気になった言葉。
・僕らのチームに必要なのは「マジメな変人」なのだ。

・リスペクトの軸をたくさん持つ組織を目指している。あいつはあれがすごい、と各人が勝負どころを持つ組織。

・たまに教習所や高速のサービスエリアのような「偏りなくいろいろな人がいる場所」に
 行くと、「うちのお客さんぽい人はどのくらいいるのかな」と思って周りを見渡してみ
 るのだが、確かに多くても一割くらいかなという感じである。

(偏りなくいろいろな人がいる場所に教習所や高速のサービスエリアを上げるのがオモシロイ)

・好きなことをある程度「戦略的に」やっている。
2011/12/25

2012 年賀状

ごさっとなっている古い年賀状を年別に分ける作業を行う。ここ最近のは表に西暦と和暦が併記されているので分類しやすいが、ちょっと前のは和暦しか書かれてなくわかりにくい。すぐにわかるものをまず分類し、残った私製ハガキや欠礼ハガキは改めて一つ一つ時間をかけて分類した。欠礼ハガキとその年の年賀状をまとめるのが結構大変で、喪中があると年賀状が減るという意味がよくわかる。改めて見るとやっぱり年賀状が多かった年はいい年だったような気がする・・・。
出していない余った年賀状も出てきて、どの年もずいぶんと優しい図柄だったんだなと感心する(年賀状の図案は元妻が考えていた)。
郵便局に出しに行くと区内、道内、道外と投函口が分かれていて、あれー民営化してからなくなったのにまた復活かい?いずれにしろ今年最後の宿題といっても過言ではない作業が終わり一段落。
2011/12/23

WIMAX TRYできず

再びWIMAXの端末が送られてきて同じ手順でインストールをしてみたが結果は同じ。もはやコールセンターに電話する気にもなれずこのまま送り返そう。何気に住所でサービスエリアを検索すると圏外だった(爆)。地図では圏内なんだけどな?じゃ元々ダメだったということか、それにしても圏外なのとドライバーがインストールできないのは関係ないと思うが・・・。

データ通信についていろいろ調べていたら、日本通信という会社がb-mobileなるデータ通信サービスを行っていることを知る。なんでもイオンで取り扱っているらしい(ネットワークを使わせてもらっている携帯キャリアに遠慮して大々的に宣伝をしていない)。端末はなしでSIMカードのみの販売、料金は格安でも速度は遅いって感じ。

携帯の機種変更でショップに何度か足を運んだが、目にもとまらぬ電卓さばきをするのはいいけど、料金を聞いたときに電卓をたたき「この金額になります。」と電卓を通して会話をするのはやめてくれ!不動産屋の営業じゃないんだからさ。
2011/12/22

真冬日の出来事

歩いていて鳩に威嚇されたオレです、こんにちは。

■■
安いティッシュを買ったらこれが固いこと固いこと、おまけに取り出すたびに白いカスが飛び散る。裏を見るとMADE IN CHINAと書いてあった、残りの箱どうしてくれようか。

地下鉄で女の子がさっきまで仲良く話していた先に降りる女の子に向かって、顔をあっちに向けてバイバイと手を振っていたのだがとても怖かった。

朝身支度をしていてベルトが見つからず探していたら、そうお約束!すでにしてました(爆)コワイコワイ自分が怖い。
2011/12/21

映画 50/50 フィフティ・フィフティ

フィフティ・フィフティ

シネマフロンティアは店員がだらしがないので他でもやっているときは絶対に利用しない。さらに今回はBGMの音が割れて本当にイヤになった。

上映事故かと思うような終わり方をするが、ほのぼのとする映画だ。主人公アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はガンを宣告された上に彼女とも別れる。何かと世話を焼きたがる母親と女のことしか考えていない親友カイル(セス・ローゲン)、セラピストのキャサリン(アナ・ケンドリック)に助けられ手術までの日々を過ごす。暗い映画ではないのだがユーモアのセンスがちょっと極端な方に振れている、まあテーマがテーマだけに敢えてそうしているのかもしれない。
2011/12/20

道程

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る

高村光太郎の道程という詩の一節だが、これをもじって私の道程・・・

僕の前に資料はない
僕の後ろに資料は出来る


以前、客先の課長に『決定的な資料を作る』と言われた事がある。このときはトラぶっていたシステムの障害箇所をまとめたのだが、他にも会社ってやつはだれもがやる事なのに資料にまとまっていないばかりに毎度一から時間や人手をかけるという作業が結構あって、私はこういう作業を資料にまとめるのが得意だ。得意だとエラそうにいうが、同じ手間を二度かけたくないという小心な気持ちと、全体像がわからないと個々の作業ができないという不器用なせいなんだが(爆)。こうして作った資料が周りに広まり、新人や外部メンバーに使われることがとても嬉しい。基本的にIT業界はこういう資料を作るのは私の仕事ではないと思っている人がほとんどで、別の言い方をすると調べるにしろ他人に聞くにしろ自分の事は自分で解決するのが当たり前だ的な風潮があると思う。それ自体を否定はしないが、時間を掛けるのはそこじゃないだろう!と思ってしまう。中には作業自体を自分だけのものにして、聞かれれば嬉々として毎度説明し仕舞には自分がやってしまう人がいる。あ~ぁ、そんな作業はどんどん下に降ろしていかないと全体の底上げもしないし自分も新しいことができないよ!そしてそんな会社は儲からないし。