2011/04/30

仕事オンチな働き者

仕事オンチな働き者(日経プレミアシリーズ)仕事オンチな働き者(日経プレミアシリーズ)
(2011/03/09)
山崎 将志

商品詳細を見る


相変わらず、タイトルをつけるのが上手いが・・・
切り口はいいのだが、切れ味が鈍い、ブログのような本である。
最初のトレンドのスーツを着こなす話は、私もいいスーツを長く着るのがいいと思っていたのでショックだった(笑)

・まともな人(部長)というのは、現場の担当者が気持ちよく働かなければ、うまくいかないということを知っているから、あえて任せる。
>そうだね、その通りだね。

・日本のビジネスパーソンに決定的に欠けている能力が、論理的に考える力だと思う。
>もうその通りでございます。

と、面白いテーマで話を始めるのだが、段々詰まらなくなっていき、さらにしつこい!(爆)
2011/04/26

占いだよ、おっかさん

占いに行ってきた。

生年月日を伝え、両手を出し裏表を見せる方式。

手の甲は最初だけで、後は手のひらを小さいライトで照らしながら虫眼鏡で見る。見る手は右手が多かった。

10分1800円なのだが、空いてるから大丈夫ということで30分以上見てもらった(笑)これで1800円は安いな。長かったこともあり、最初の方に聞いたことを忘れてしまった(爆)

それでも箇条書きにすると・・・
「ずいぶん引越しなどの変化が多いですね」
「1年は2月3日までですからね」
「仕事は技術系が向く、経理や事務などの言われた通りにやるような仕事は向かない」
「独立しても大丈夫」
「仕事運はすごくあって下にも慕われる、けど頑固だね」
「自分の考えは聞かれたときだけに答えるようにして、ふだんはあなたはどう思いますか?と相手を立てることが大切」
「晩年まで運気はいい、孤独死などで死ぬことはない」
「来年は大きく動くことは控える、再来年は停滞する年」

こうして占いに来て、人の話に耳を傾ける謙虚さもあるわけだから・・・と頑固さのフォローをしていた(爆)

私だけかもしれないが、占いというと、さあ!オレの職業、家族構成、病歴を当ててみろ!と高いハードルを用意してしまいがちだが、そういう科学を超えたものではなく(爆)もっと軽いものなんだと理解することが大切なのかもしれない。
2011/04/25

ゆるく考えよう

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
(2011/01/20)
ちきりん

商品詳細を見る


ブログでは哲学的なことも書いているのだが、この本では読めない。
アドバイスの正しいもらい方というテーマで、相談する側は「他に何か聞いておくべきことがあるか?」聞くべきだと書いてあるが、まったくもってその通りだね。自分の聞きたいことだけ聞いて「じゃ!」という人のなんと多いことか(笑)
著者の母は「大事な仕事に寝過ごしたら、神様にありがとうといいなさい」「大事な仕事なのに起きられないくらい体が疲れているときに、無理矢理起きなくてよかった。そこで寝られたから、命と健康が守られたのよ」とよく言っていたそうだが、私の同僚の奥さんもほぼ同じ理由で同僚が寝坊しても起こさなかったそうだ。ちなみにこの同僚は、仕事ではあまり活躍できないまま退職した。
2011/04/23

映画 まほろ駅前多田便利軒

まほろ

瑛太が吉岡秀隆に見えるのはオレだけ?
相変わらず松田龍平は体温低そうな役で、もうその道を究めるつもりなのだろうか?

古い日本映画を現在風にアレンジしたような映画。邦画は好きだが、こういう系統は苦手だ。途中、笑いのツボにはまった人が数名いたが、そういう映画である。
2011/04/21

人生いろいろ、営業もいろいろ

このときの所長がお得意様の部長に、その部長の部下であるA課長について「A課長優秀ですね~」と言ったところ、「なんも優秀でない!」と答えが返ってきたそうだ。所長は、これでいろんな事がわかったと言ってニンマリしていた。(爆)
こんな目から鼻に抜けるような人と仕事をすると仕事がやりやすいのだが、いまだにJavaの技術者がいないとぼやく営業がいる。10年前ならいざ知らず今どきいないわけないだろう。ハッキリ言おう!あなたの周りにいないだけだ。あなたが知っている会社にいないだけ、ダメな人の周りにはやはりダメな人が集まるという、どこかの総理と同じだ。こんな営業と仕事をすると、打てども響かず、何事も後手後手になり、どっと疲れが溜まる。
2011/04/20

名探偵コナン 沈黙の15分

コナン

予告編の作品で涙目になったオレです、こんにちは。

とにかくセリフが多い!
コナンの映画は前年に話題になった事件・事故を題材とすることが多いのだが、今回は八ッ場ダムだろうか。冒頭の地下鉄爆破事件がアッという間に忘れ去られるのだが、その爆破事件からダムにいきなり飛ぶところや、聞かれてもいないのに見ず知らずの人間であるコナンたちに同級生が犯した過去の犯罪を説明したりとストーリーが無理やり過ぎると思う(爆)宝石強盗や妹が交通事故にあったのは姉が突き飛ばしたからだったりと驚きの展開に子供たちはついて行けるのだろうか?
迷ってる人は、ドラえもんを観るべし(笑)
2011/04/14

計画停電?

計画停電?

あるスーパーの張り紙。

こんなときに計画停電って?
2011/04/05

泥縄式

泥縄式

 「泥棒を捕らえて縄をなう」の意から、事がおこってからあわてて対策を立てたり準備をしたりすること。

福島原発のニュースで使われる原発の図に次々と新たな絵が増えていくのが、もうホントに呆れる。よくもまあ次々と問題が出てくるものである、そして次に起こることを予想しないものである。まさに泥縄式を地で行く光景。

1.建屋と原子炉格納容器
2.建屋上部に使用済み燃料プール
3.タービン建屋
4.トレンチ(トンネル)
5.ピット

■■
ネットのニュースで次の言葉を見た。

 コンビニで品切れを謝罪する張り紙を見て、お店の人があやまることじゃないだろうと思った。

まったく同感。アリバイ工作的な謝罪文ばかりで、とても真剣な検討をしたとは思えない。
やだ!やだ!
2011/04/04

映画 あしたのジョー

あしたのジョー

長いぞジョー(爆)

上映中に携帯を持って何度も外に出る客がいて、客層の悪い映画だと思った。原作をまったく覚えていないので純粋に映画だけを楽しめたが、画も俳優もキレイ過ぎて、いっそ白黒にした方がよかったんじゃないか。試合会場のコンクリーの廊下や照明も時代とマッチしていなくて興醒めした。主題歌、宇多田ヒカルのShow Me Loveが映画にピッタリな曲でプチ感動。

■■
昭和のドヤ街と東北の避難所、言葉は悪いがドヤ街の汚れた服を着た子供たちと避難所の子供たち、もうなにを観ても震災が頭に浮かぶ・・・
2011/04/04

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~

ドラえもん

とにかく、子供子供子供・・・

ドラえもん映画の中でも評価が高い映画なのだが、家族愛、人類愛を超え、ロボットへの愛、もうこんな映画は日本じゃないと作れない。『助けることにどんな意味があるんだ』というロボットの言葉に大震災がオーバーラップする。ベタなシーンで素直に笑う子供たちと、感動で涙が止まらない大人たちの対比が面白かった。ちょっと前にのび太的生き方が見直されているとテレビでやっていたが、やはりそれは何かの間違いだと改めて思った。それでも、子供だけに観せるのはもったいないので、大人も行くべし。