2011/03/24

まめ知識

CTスキャン1回分の放射線量=6900マイクロシーベルト

テレビ、ネット、新聞等で否応なく見聞きする数値であるが、CTに関して別の数字も覚えておきたい。なんと日本には世界の3分の1のCTがあるそうだ。実に米国が保有する台数の2倍、ヨーロッパの国々を全て合わせたぐらいの台数になるという。医療費が高い理由はこんなところにもあるようだ。

■■
プロジェクト管理ツールを開発、販売しているある会社がある。なんでも「開発支援ツール徹底調査」アンケートで、プロジェクト管理ツール部門で1位に輝いたと宣伝文句にあるのだが、この文句よく読むとなんのことかサッパリわからない(爆)

徹底調査・・・何を?
アンケート・・・なんの?
1位・・・だから何が1位なん?

さらにこの会社の第3四半期決算短信を読むと『特定不採算プロジェクトの損失によって、売上総利益は前年同期に比べ減少した』とある。
(・_・)エッ...?
どこまでもやってくれる会社である、たしか自社でもこのツールを使っているとあったので、使えないことを自ら証明してしまったということか。転んでもただでは起きない会社ならば、この失敗経験をツールの開発に生かすことだろう、成功を祈る!
2011/03/23

映画 SP 革命篇

SP革命篇

かなり面白かったぞ、もう一度観たい!

家に帰っても興奮覚めやらぬ。前作野望篇の復習上映をやったり、直前にスペシャルドラマを放送したりと、映画館もテレビ局も力が入っていたが報われたのではないか。とくに前半はテンポ良く展開し、国会の共産党控室?での敵のSPたちと四係の4人との乱闘シーンは迫力十分。

残念だったところ
・尾形係長の大義って政治家をつるし上げることだったのか
・本会議場に4人だけで突入して数多くの敵をバンバン征圧するのはちょっと安易では・・・
・結局、敵は残るのかい(完結編なのに)
・口止めで殺される敵のエリート官僚は、頭いいんだから自分が殺されるって想像できるんじゃないの?
・そういえばスペシャルドラマ見てなかった(録画したまま)

とか言いたいこともあるが、体調が悪い中観に行ってよかった。
2011/03/22

小山昇文庫祭り(笑)

「強い会社」をつくりなさい (ソフトバンク文庫)「強い会社」をつくりなさい (ソフトバンク文庫)
(2010/09/17)
小山 昇

商品詳細を見る


「やらないこと」から決めなさい! (PHP文庫)「やらないこと」から決めなさい! (PHP文庫)
(2008/07/02)
小山 昇

商品詳細を見る


「儲かる仕組み」をつくりなさい (ソフトバンク文庫)「儲かる仕組み」をつくりなさい (ソフトバンク文庫)
(2010/09/17)
小山 昇

商品詳細を見る


著者の会社はダスキンの代理店を主とし、商品はライバル会社と同じどこにでもある商品で差はまったくつかない、人でしかつかないという。それなのに35年の経営者人生で減益は3回だけ、あとは全部増収増益だそうだ。本を読むとわかるが硬軟織り交ぜ、社員と仕事への気配りと工夫に満ちている。そりゃ、ここまでやれば業績もいいはずだよ、ただしどんなに給料が良くても著者の会社で働こうとは思わないが(爆)
2011/03/19

震災に思う

ポスター

こういうものをツイッターで公開している人がいる。ツイッターでみかけた書き込みを図案化したそうだが、この企画力が素晴らしい。

■■
震災で10万人も活動している自衛隊だが、かつて吉田茂が防衛大学第一回卒業式(昭和32年)で次のように訓示したそうだ。

 君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わる
 かもしれない。きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。
 しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは外国から攻撃されて国家存亡
 の時とか、災害派遣の時とか国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。
 言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えて
 もらいたい。


時代が違うとはいえ、吉田茂という政治家の胆力には恐れ入る。改めてありがとうございました。あなたが作った自衛隊はいま大変な活躍をしています。

■■
街で日本赤十字が震災の募金活動をやっていたので5000円募金した。たしか阪神のときも募金したと思うが記憶違いかもしれない。札幌も道路の街灯が節電で消えているところがあり、かなり暗い。北海道で節電したからといって本州に多く電力が供給されるわけではないようだが気持ちの問題だね。
2011/03/18

映画 英国王のスピーチ

英国王のスピーチ

アカデミー賞受賞作品だが、純粋に作品がどうこうというよりも格式で受賞したような・・・。主人公ジョージ6世役のコリン・ファースの不安におびえる顔と自信に満ちた顔の演技が素晴らしいと思った。王妃役のヘレナ・ボナム=カーターが大竹しのぶに見えて仕方がなかった(爆)音楽がとてもきれいで癒される曲だったので、サントラを買うかもしれない。
2011/03/15

頑張れサラリーマン

頑張れサラリーマン

朝、東京電力の会見があった。部課長クラスだろうか、配った資料以上のことを彼ら自身が知らされていないのは明らかなのだが、記者たちからは容赦ない質問・・・いや怒号が飛ぶ。まさに針のムシロとはこういうことを言うのだろう。がんばれ、ガンバレ、サラリーマン!!逃げなかったあなたたちを私は尊敬します。

そして、石原慎太郎東京都知事が、「津波をうまく利用して『我欲』を一回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と発言した。さすがは作家だけあって考えることが高尚だが、想像力、周りへの思いやりが欠けた子供のような人だ。和田アキコやマツコデラックスのように政界のご意見番的な発言が日ごろから目立つが、いい歳をして他人を揶揄する発言でしか存在感を示せないなんてみっともない。こんな大人にはなりたくない。
2011/03/13

大地震

仕事中激しくはないが大きくて長い揺れを感じる。時間が経つにつれ会社の電話と携帯電話が使えなくなる。家に帰るとテレビはすべて報道特別番組を放送している。どの局も緊急特別番組とは思えないほどスムーズな放送だ、声が高いアナウンサーはちょっと損だなと思うが、基本的にどの局も間違いのない人選をしているのが一番の理由か。それでも見続けていると違いが明らかになる、的確な日本テレビ、物足りないテレビ朝日、意外と健闘するテレビ東京、常に政府に批判的なフジテレビ・・・ゲストとして呼ばれた地震、原子力の専門家たちは軍事専門家ほどではないが個性的だ。一番好印象だったのはテレビ東京にずっと出演していた京都大学の先生。(その後、原子炉実験所 教授 中島健氏とわかる)硬くもゆるくもない服装、落ち着いた口調、知識や経歴をひけらかす事もなく終始一貫した謙虚な姿勢には感動した。そんなテレビ東京だが、やはり他局に先駆けアニメを放送しだした・・・

いつも利用するセルフのGSは油の供給が未定ということで店を閉めていた。開いているGSも待ち行列ができていた。本屋は明日月曜の入荷はないと張り紙がしてあった。直接は地震の被害がなかったここ札幌でも影響が出始めている。
明日から東京電力は計画停電を行う。政府も国民に節電を呼び掛けていた。細かい事ではトイレの便座のスイッチも切ってほしいとか。百貨店の営業時間の短縮やネオンの自粛もあるようだ。オウム事件のときに駅のホームのゴミ箱が撤去され、それが恒常化したように、この節電もなにかを変えるキッカケになると思う。よく災害で停電が長引くと10ヶ月後に出産ラッシュが起きることがあるが、そういう事もあるかもしれない。

明日から普通に仕事を始めていいのだろうか?
2011/03/08

やらない決断

自社が扱っていない商品を同業他社は扱っていて、その商品が結構売れていたりすると「なんでウチは開発しない(やらない)のだろう?」と社員たちは思うものである。最近でいうとスマートフォンと(従来型)高機能携帯なんかがそうだ。
しかし、私は大人になって気づいた(笑)、それがやらないと決めたのではなく、やると決めなかっただけなんだと。決断って二つに分かれる道を50:50で選択するかのように思いがちだが、転職を決断しなければ結果として今の会社を選択したことになるように、離婚しなければ結婚を継続することになるように(シクシク)こういう決断の方が圧倒的に多いと思う。
電車に乗っていて、最初はそれなりに混んでいた電車が徐々に乗客が降り、気が付いたら自分の周りだけ人口密度が高かったなんてこともそうだし、同じDVDを借りたり、同じ本を買ってしまうこともそうかな(いや、ちょっと違うか)
人というのは無意識に現状維持を選択するものだと覚えておくと、自分の生き方も変わるし、日常生活で多少はストレスが減るかもしれない。
2011/03/07

プロのサラリーマン

トイレで身支度をしていたら、胸ポケットに手が当たり、携帯が弧を描いて飛んで行ったオレです、こんにちは。

NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀を見ていると、デザイナーや医者といった専門職に混じり稀にサラリーマンが登場する。前者が自分との戦いなのに対し、サラリーマンは上司を説得し、部下を叱咤激励し、同僚を励まし周りを動かすというところにほとんどの力を注ぐ。自分一人では何もできないとも見えるし、一人ではできない大きな仕事をしているとも見える。ある百貨店の部長は毎朝売場の床磨きを日課にしていたら、今では他の店員もするようになった。自分が変われば周りも変わるんですねと話していたが、・・・そうなんだ(汗)
同じプロフェッショナルなのに、どうしようもないこの差。高校生や子供たちがこの番組を見ていたら、どう感じるのだろう?どっちが良いと思うのだろう?そもそもデザイナーや漫画家になるような才能はないと思う子も多いと思うが、この番組に出るサラリーマンは十分他人にはない才能(能力)を持っている。正直、私がいま見てもどっちを選択するかは微妙なのだが(笑)但し、見ててカッコいいのはデザイナーや医者であることに間違いはないです(ハイ)