FC2ブログ
2011/02/08

耐えがたきを耐え 、忍びがたきを忍び

耐えがたきを耐え 、忍びがたきを忍び、日々システム開発を行っているわけですが、システム開発を家作りに例えて考えてみたい。

まず、家を建てたい(システムを開発したい)と施主の夫婦が現れる。身なりもきちんとし、口から出る言葉は真剣そのものだ。何度も打ち合わせを重ね、希望を聞き、図面を書き直し、やっと家が完成する。すると引渡しの日には弟夫婦が行くから説明してやってくれという。なんでも実際に住むのは弟夫婦だという
引渡しの日に弟夫婦に家の説明をするのだが、なんで吹き抜けがないのか?オール電化じゃないのか?俺は畳の部屋がないとダメなんだ、庭が狭い、挙句になんでここに住まなきゃいけないんだと言ってくる。なんとか工務店側が説得をして引越してもらうのだが、住んだら住んだで今度は当初の施主が、二階にベランダを作り洗濯物が干せるようにしたのに、二階に上がるのが面倒くさいといって弟夫婦がベランダを使わないので使うように言って欲しいとか、新しい家なのに部屋を片付けないとか、使わない部屋があるとか言ってくる。

オカシイよね?何か間違っているよね?もうこんな茶番はホント止めにしたい。
2011/02/06

好かれる自分をやめる!「オレ様流」男の成功術

好かれる自分をやめる!「オレ様流」男の成功術好かれる自分をやめる!「オレ様流」男の成功術
(2010/03/20)
角川 いつか

商品詳細を見る


お前オンナだろう!!とツッコまずにはいられない(笑)
誰なんだ、このオバはん?
著者がアメリカに旅立つ前日に友人たちと会ったときに、友人の一人に「飛行機落ちないように気をつけてね」と言われ「それって、縁起でもないけど冗談でしょう?」とキレたそうだが、書いていることが小さいというか過分に言いがかり的な人生を送っているとしか思えん。
2011/02/06

NHK 歴史秘話ヒストリア 藤原頼長

NHK 歴史秘話ヒストリアをよく見る。毎回興味深い話で感動するのだが、少し前に藤原頼長の回があった。藤原頼長は貴族政治を立て直そうと周囲から疎まれながら戦い続けた人なのだが、最後は同じ貴族たちの裏切りで死んでしまう。その頼長が亡くなる3年前に子供たちに残した言葉が紹介されていたのだが、涙なくして見れなかった。

 私が死んだ後
 もし魂があるとするなら
 朝廷の政治を行う場にいるつもりです
 もし私のことが恋しいと思った時には
 朝廷の議場に来なさい
 天皇のために仕事に励むことで
 私の恩に報いなさい
 豪華な衣服や家来の数を望んだりせず
 忠実に仕事に励み
 それによって人に嘲(あざけ)られることを
 恥じてはなりません
 努めなさい 努めなさい


結局、頼長を失脚させた貴族社会も数年で終わりを迎えて鎌倉時代に入るわけである。時代ってそうだよね、空しいね。
2011/02/04

映画 アンストッパブル

アンストッパブル

最初、作業着姿のぽっぽやが大勢出てきたときには、ヤバイ顔を覚えられないと思ったが(笑)列車が暴走してからは無人で走る列車の恐ろしさに手に汗握り、スクリーンに引き込まれる。こんな映画でも、否だからこそかもしれないが、家族に対して愛してるという台詞が出てくるアメリカ映画は不滅だ。一番のクライマックスシーンだと思われる、大曲りのシーンがCG丸出しなのが残念なのと、終わってみればエッ、それだけ?という気もしなくもない。
2011/02/04

車戻る

未だにナビで地デジが見れることを忘れて家路を急ぐオレです、こんにちは。

朝、車をとりに行く。明らかに場違いなスーツ姿の人が端末の操作をしている、さてはシステムの不具合か?
いつも無愛想な受付の女の子が請求書を持ってくるときだけ笑顔でコワかった(爆)車はといえば、予想以上の出来映えで、まったくキズはわからない。スゴイぞ、○ーコンビニ倶楽部!車に乗ると少しシンナーの臭いがするが、エアコンやカーステをいじった様子もなくとても丁寧な仕事振り。あの値段でこれなら上出来でしょう。
2011/02/03

バス通

この間、見積をとった店に車を預けているので、今週はバス通勤だ。風を感じて、音を聞いて、体を動かす通勤は心地良い。バス停まで歩くのも、バスに乗るのも大して不便はないし、このままでいいんじゃないかと思うくらいだ。
その店から今日出来上がったと電話があった。時間は予定通り、あとは仕上り具合だな(笑)歯の治療と同じでちょっとしたキズでもすぐに直さないと、キズがキズをよぶ悪循環に陥るからね。