FC2ブログ
2010/04/27

引渡し

用意したもの
・登録済証(権利書)土地と家それぞれ
・実印
・印鑑証明書(3ヵ月以内のもの)
・今年分の固定資産税通知書
・鍵一式
・住宅ローンを返済している通帳と印鑑
・工務店の担当者名刺
・運転免許証

約束の時間に銀行に行くと全員揃っていて、まずは司法書士と挨拶を交わす。出席者は買主ご夫婦とその娘夫婦、不動産屋営業、司法書士、私の計7名で、やはり銀行は土地を買ったときと同様にお茶の一つも出さず場所を提供するのみである。買主の奥さんは本当に気に入ってくれたみたいで、何度もお礼を言われた。その姿からは終の棲家を得た安堵感が漂っていた。このご夫婦に買ってもらってヨカッタなと本当に思った。
不動産屋の営業が、まずは電気がつくか、水が出るか、お湯が出るかなど確認してもらい、何かあったら1週間以内に連絡をくださいと言っていた。しかし不動産屋は今日を含めて明日まで定休で自動的に2日は連絡がとれないのだが・・・大手不動産屋でもこういうまやかしをする。雨漏り、基礎といった構造体の不具合は3ヵ月以内だそうだ。

最後に工務店を紹介したが、我家を設計した設計士さんが設立した設計事務所の連絡先も買主には教えた。選択肢は多い方がいいでしょう。

土地を買い、家を建て、その家を売るといった運と大金とエネルギーを使うことを経験したわけだが、私の家物語はこれで終わりなのだろうか、続編はないのか?ないとは思うが・・・
2010/04/27

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
(2005/02/16)
山田 真哉

商品詳細を見る


・100人と薄っぺらい関係を築くのではなく、100人の人脈を持つひとりの人物と深くしっかりとした関係を築くべき
うん、まったくだね。別に後ろにいる100人を利用するという意味ではなくネ。

・フリー・キャッシュ・フローを常にプラスにしておくことが、人生を送るうえで大切になる
うん!!、まさにコレを選択したので嬉しかった。

新書らしい本。
2010/04/24

やっと左官工事

このとき手配ミスで来られなかった左官屋がやっと来てくれた。相変わらず担当営業は遅れて来たので、工事箇所を私から指示した。その営業から聞いた話では、うちを見学した1組がこの工務店で新築の話を進めているそうだ。「いやー世間は狭いなと思いました」と営業は言うが、ちょっとその感想は違うんじゃないか?
営業は遅れた上に途中で帰ってしまったので左官屋といろいろと話をしたが、我家が土地に杭を打っていないと言ったらひどく驚いていた。東区の○○は杭がズボズボ入っていくとか、他の現場で建築中に建物が傾いて大変だったとか裏話を聞かせてくれた。そういう心配がない家だったな。
2010/04/23

金融株と宝くじ

昨年から買いたかった某金融株を今年に入り売買して10%以上の利益が出た。定期預金の金利が0.06%程度なので、この利益は他の銘柄とは違った醍醐味を感じる。同じ銀行を使うにしてもこういう使い方をしたいものだ。

■■
久し振りに宝くじを買ったら1万円当たった。スーパーを出たときに何気に宝くじ売場が目に入り、他に客もいなかったのでついでに買おうかと思った。すでに連番は売り切れでバラしか選択肢がなかったのだが、1万円と6等の200円が当たった。1万円も嬉しいがバラで200円が当たるというのは人生初。最近ちょっと金運が上向いてきたかも(爆)
2010/04/18

初マッサ

え~、気がつけば今年も4月、一年も1/3が過ぎようとしているわけですが、このまま何もしないのはマズイと思い、人生で初のマッサージに行ってきた。前日に予約を入れるという計画的な行動をとってまで行ってきたのだが、その感想は・・・何も変わらない(爆)もともと肩が凝るとかの症状があったわけでもなく、興味本位、スッキリするのかな?くらいの気持ちで行ったのだが、結論としては行く必要がない人が行っても何も変わらないことがわかった。
2010/04/16

父の葬儀備忘録

【亡くなった当日】
・帰宅途中母からメールで連絡、病院に行く
・病院から葬儀屋に連絡(宗教は禅宗)
・白装束に着替えさせる人が来る
・遺体を自宅まで搬送してもらう
 葬儀屋が守り刀を忘れる
 親戚が何人か家にきてくれる
・葬儀屋と打ち合わせ
日、場所、会葬者の人数、会計、葬儀委員長の有無、祭壇、棺桶、花の種類、司会、食事(夕食、オードブル、朝食、火葬場の昼食、戻っての食事)、香典返し、忌中引き、

【二日目】
・早朝お寺に連絡
・お経をあげてもらう
 金を聞く
 坊主は二人以上からと言われる
・役所に死亡届提出
 死亡届はいろいろ使うのでコピーをとっておく
・葬儀屋が来る
 守り刀持って来る
 打ち合わせ
・仮通夜(このときお経をあげてもらったのか?)
 親戚が何人か家にきてくれる

【三日目 通夜】
・葬儀場へ遺体移動
 親戚が何人か家にきてくれる、自力で葬儀場まで移動
 湯潅(ゆかん)
 凛棒を鳴らす(鳴らす間隔がよくわからなかった)
・通夜
 遺族代表挨拶
 食事の挨拶は葬儀屋に頼む

【四日目 告別式】
・告別式
 住職は用があって来ない(来れない連絡を葬儀屋にしかしない)
 遺族代表挨拶
・出棺
 出棺時の挨拶もあった
 最後は三人で見送り
・葬儀場で初七日、四十九日の繰上げ法要
 親戚しかいない
 供物をわけて帰りに持たせる
・帰宅
 葬儀屋に現金で支払い
2010/04/07

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣
(2009/12/01)
美月 あきこ

商品詳細を見る


いわゆる銀座ママ本の類ではあるが(笑)元CAというのが斬新なのではないだろうか。ファーストクラスの客はメモをとり、読書をし、思いやりの精神に満ち溢れているという事がわかったが、それよりもなによりも次の一文が心に残った。

「成功者はぬかりなく人生を渡り、非成功者はぬかるみにはまった人生を送る。」
2010/04/04

あたらしい あたりまえ。

あたらしいあたりまえ。あたらしいあたりまえ。
(2010/01/16)
松浦 弥太郎

商品詳細を見る


いろいろと示唆に富み、弥太郎の人となりがよくわかる本である。私が読んだ弥太郎本の中では一番好きな本だ。
お母さんがずいぶんと厳しい人で、幼い弥太郎に「どんなことがあっても、絶対に面倒くさいなんて言っちゃいけない。面倒くさいという言葉を口にする人間になっちゃだめ」、「寝るんだったらふとんを敷いてあげるから、そこで眠りなさい。そうじゃなければ、病気でもないのに、昼間から横になるのはやめなさい」と言ったそうだ(信じられない)
そして、おばあちゃんもまた「悪口を言うのは、自分が毒を食べているのと同じことなんだよ。」と言ったそうだ。まさにこの母にしてこの子あり(母方のおばあちゃんかどうかは知らないが)

■■
悪口を言うのは、自分が毒を食べている・・・というのは心にグサリときた。飲み屋で人の悪口を言うのはとても気持ちが良いのだが、帰り道がとても悲しくて寂しい気持ちになる。意識して悪口は言わないようにしたい。うん、そうしよう。
2010/04/01

メールマナー

私が実際に経験したメールのマナーとしてどうかと思う例

■メール本文を自動改行で送信してくる

 返信したときに引用符「>」の分文字数が増えて折り返された上に改行するので見難いことこの上ない。

■過去の関係ないメールの返信でメールを送ってくる

 単に横着以外の何ものでもないが、受け取ったときに『なんだこれ?』と思うし、それ以上に後から探せない。

■相手だけに送ったメールの返信にたくさんのCCをつける

 関係のない人達に見られたくないメールを送っているのに、返信メールでその他大勢のCCをつける人。開発系の人間ならまだしも営業系でこういう事をやらかす人って仕事は大丈夫か?と心配になる。


人の振り見て我振りなおせ