2010/03/31

マイペースで行こう!

マイペースで行こう!(但し、早くね)

相手に合わせるから相手のペースになるのである。

期限を守らない、質問への回答が意味不明、やるなければいけない事をやらない、メールへの返信をしないといった困ったチャンと仕事をする機会がとても多いのだが(爆)こういう相手には、ついついこちらも質問をしなくなったり、やるべき事を要求しなくなったりしてしまう、つまり目には目を、歯には歯を作戦なのだが(笑)これは結局ダメな相手のペースで仕事をしているということで、非常に疲れる。おまけに仕事の結果は当然芳しくないのだが、相手はそれがデフォだから痛くもかゆくもない。
で、過去にも何度となくそうしてきたのだが、自分のペースでガンガンやればいいのだと思い出した。期限を過ぎたら催促の電話をし、意味不明な回答には再度質問し、やらなければいけないことは要求し、メールの返信がなければ電話をし、相手が理解できないとしても資料を作成するといったことを、例えすべてがムダになったとしてもすることが自分の精神衛生上良いし、自分の成長にもつながると思う。そう、マイペースで行こうじゃないか!
2010/03/29

松浦弥太郎の仕事術

松浦弥太郎の仕事術松浦弥太郎の仕事術
(2010/03/05)
松浦 弥太郎

商品詳細を見る

松浦節炸裂。
自分にも他人にも厳しくストイックな人である。怖いものなしだった20代前半の私ならば著者の考えに100%賛同しただろう、しかしその後、酸いも甘いも噛み分けた今の私には60%程度しか賛同できない。でも、本なんてそれでいいと思っている、その違いを認識することを大切にしたい。
著者は駐車場に停めておいた自分の車を遠くから見たときに「ああ、何だか好きだな」と思える車に乗りたいそうだ、ふむふむそうか、そうだね。
2010/03/27

映画 しあわせの隠れ場所

母親役のサンドラ・ブロックのケバさがちょっと目に付く。
全米アメリカンフットボール・リーグNFLのマイケル・オアー選手の半生を描いたノンフィクション映画で、最後に本人と家族の写真がいくつか映し出されるのだが、その写真が琴線に触れる。
2010/03/27

修繕その後

前回、床板を一枚張り替え突っ張り棒をしていたのだが、今日その突っ張り棒を取り外しに工務店の営業と今月末で辞める現場監督が家にきた。この現場監督は最初我家の担当だったのだがいつの間にか替わっていた人で、退職前に再会できてよかった(?)で、この二人、天井と床の間に通している突っ張り棒を外すのに脚立一つ持ってこず、そのまま作業をしようとするので、我家に置いてあった脚立を使ってもらうことにした。もう何も言うまい
2010/03/26

それを縁というのか

うちを建てた工務店に始めて電話したときに出たのが偶然にも担当営業本人だった。不動産屋に始めて電話したときも我家の地区を担当する営業本人だった。どちらもその後何度となく会社に電話をしているが、本人が出た例がないので不思議な縁だったんだなーと思う。
2010/03/25

修繕

今日は家の修繕の日で、朝からうちを建ててくれた大工さん、建具屋、塗装屋、TOTO、工務店の営業がきた。大工のMさんと会うのは久しぶりで、車が新しくなっていた。塗装屋の兄ちゃんが家を見て「懐かしいな、遅くまでやったんだよね」と大工さんに話していた。がしかし、その塗装屋は工務店の手配ミスで本当は左官屋を呼ばなければならなかったのだ(呆)塗装屋の兄ちゃんは懐かしんですぐに帰って行った。やっぱりあの営業は客、取引先に関係なくミスが多いんだな・・・その二度手間をちょっと無くせば会社の業績がずいぶん良くなるだろうに。

TOTOは黄色くなった便座を交換するのに来てもらった。黄色い汚れは人の皮脂で、酸化してプラスチックが変色するらしい。体質でそういう人もいるんですよねーとのことだ(爆)やっぱりオレは黄レンジャーだったのか・・・TOTOの名誉のために付け加えると、私がその当事者だとは思っていない。

■■
大工さんから聞いたのだが、うちを建てた工務店は昨年末に2名、この3月末でもう2名退職するそうだ。(設計士、デザイン、現場監督×2)うちを設計してくれた技術も人柄もズバ抜けた設計士さんが2年前に辞めたのだが、それ件も含めていったい何が起こっているんだろう?もっとも大工さんは我家に対してそう思ったに違いない(爆)

そして、家に集まった人達を見ていたらまた家を建てたくなった。(土地はないけどな)
2010/03/22

引っ越して感じたこと

実家に引っ越してきて感じたことをつらつらと書いてみる。

・カーテンは開け閉めが面倒だな(バーチカルブラインドは開け閉めは便利)
・実家のスプーンの軽さに驚いた(明らかな安物)
・UTに下着を置いておけない不便さ
・ドアに違和感(基本引き戸だったので)
・床以外に平面な場所がない(冷蔵庫の傍にカウンター、洗面・UTに十分な物を置くスペース)

よく注文住宅をオーダーメイドのスーツ、建売を吊るしのスーツに例えるが、必要なところに必要なものがあって、生活にピタッと合った注文住宅はなるほどそうだなと改めて思った。
2010/03/22

夢の跡

ハンガー

溜めも溜めたり、ハンガーの山(笑)
2010/03/22

ショッピングセンター

久しぶりに夢を見た。
大きなショッピングセンターで元妻を探すというものだ(笑)なぜか元妻は会社の同僚達と来ていて、私はフードコートや服売場を探すのだが、ついに元妻を見つけることはできなかった。そして、目が覚めた(7時に)
2010/03/21

家に寄る

置いたままになっていたダイニングチェアをとりに会社帰り家に寄った。中に入るなり木の香りがする、こういうのを感じるとやっぱり良い家だったんだなと思う。一通り各部屋を見ながら、思わずチクショーチクショーと叫んでしまう。
ダイニングチェアはすべて車に収まり、郵便受けのDM類と共に持ち帰る。