2010/02/27

世知辛い世の中

かつて勤めていた会社の昼食はいつも決まった喫茶店だった。特別うまいわけでもなかったが、本がたくさん置いてあったのと混まないのがよかったのではないだろうか。その店には私を含めて社員が8名前後毎日通っていたと思うが、いまでもその会社に残っているのは2名しかいないということに最近気が付いた!
私がいの一番に辞めたのだが、他の人達はどうしたんだろう。聞くところによれば退職に追い込まれた人が多いようだ。、当時他の人達も辞めることになろうとは思いもしなかった。自分の意思で辞めることができた私は幸せということか?
2010/02/24

手品か!?

最近、鍵がキーホルダーから外れたり、通勤用カバンのショルダーの金具が外れたりすることが続いてちょっと気持ちが悪い。いずれも壊れたのではなく知恵の輪を解くように自然と外れたから驚く。気になってネットで調べたら離婚調停中という人も同じことが起きていて、縁起が悪いとぼやいていた(笑)まぁ、キーホルダーはいい加減古いので、ここら辺が潮時ということだろうか。あまり物持ちが良いというのも善し悪しだね。ひょっとするとそれ以外の暗示があるのかもしれないが・・・

今年は初詣にも行っていないが、行った方がいいかな。
2010/02/23

使えるモノ 寝室の照明スイッチ

スイッチ

画像右端に見えるのはベット。寝室の照明のスイッチはベッドサイドにあり、寝たままでスイッチの操作ができる。これはとても便利でまさに注文住宅の醍醐味というやつか(言い過ぎか)これは工務店からの提案だったのだが、ナイスな提案だった。

寝室ついでにいうと、寝室の換気口は消音タイプにした方がいいね。そう何度もあることではないが暴風雨のときに意外と音がするから。
2010/02/21

どうして頑張れるのか?

よく行くスーパーのレジに元気な女性がいた。まず声が大きい、「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」「○○円引きです」「ハイ、○○円ですね」「○○円のお返しです」ついこっちも「どうも!」と返してしまうくらい元気がいいし、客を元気にしてくれる。同じ声が大きくても事務的な人だとちょっと受ける印象が違う、なんだか怒られているような気分になるのは私だけだろうか。

■■
ここ最近のNHKプロフェッショナルはなかなか面白くて興味深い。彼ら(彼女ら)はどうしてそこまで頑張れるのだろう?収入か?確かに医者は収入が良さそうだが、教師やリーマンの人もいた。そんなレベルで仕事をし続けたら気力・体力がもたないんじゃないか?才能が枯れるんじゃないか?などと凡人は心配してしまう。なによりも、他にそこまで頑張っていない人達がたくさんいる中でどうして頑張れるのだろうか?ラクしている人と自分を比べたりはしないのだろうか?モチベーションの元は何なんだろう。裏プロフェッショナルなんていう番組を作って本音を聞き出したいものだ。

どうして頑張れるのか?
裏返せば、どうしたら頑張れるのか?これは今年の私のテーマになりそうな気がする。
2010/02/20

見積り

このときにお願いしていた見積りを持って工務店の営業が来た。なんのことはない催促したのだが・・・、「よくわからない所がありまして・・・」そりゃそうだろ、何も確認せずに帰ったんだから。そして散々待ったわりに総額5万円弱の見積りで拍子抜けした。大体の日程も決め、具体的な日にちが決まったら連絡をもらうことにしたが、さぁ今度の連絡はいつになるでしょう?(呆)

その営業曰く、うちの会社いろいろゴタゴタして大変です・・・景気が悪いと土地も売りに出ないしとボヤイテいた。生活に余裕がある人はわざわざ安いときに売らないらしい、そりゃそうだろうね。
2010/02/19

映画 涼宮ハルヒの消失

Ready?

最近のアニメは小難しいね(笑)理屈っぽいナレーションが耳障りだがマンガも一人称形式らしい。ついて行けない点、よくわからない点はいくつもあるのだが、飽きずに最後まで観た。正直、もっと簡単明瞭系が好きなのだが、これはこれでギリギリ許容範囲かな?ジブリとはまた違ったスケールの大きさが伝わる作品だと思う。

■■
その映画館で一番大きいスクリーンで観たのだが(初めて入ったかも)前の席との間隔が狭くて座り心地は良くなかった。ハイペースで映画を観ているが、いい加減メンバーズカードを作ってもいいのではないだろうか、オレ。
2010/02/18

練習から要求し合わないと

練習から要求し合わないと(強くならない、試合に勝てない)

よくスポーツ選手が口にする言葉だ、贔屓のチームであったりするとそのレベルの低さに愕然とするが(笑)

一見すると我々リーマンに練習も実戦もないような気がするが、社員同士のやり取りが練習、対顧客への対応が実戦と言えないだろうか。そしてスポーツ同様、練習でゆるい会社は決して強くはなれない。締め切りを過ぎても平気な社員とそれを許す社員、回りへの影響を考えない社員と悪影響を受けても我慢する社員・・・どこにでもある光景だが、それじゃダメなんだ。と思うと同時に、ビシバシ要求し合う職場というのもどうなんだろうと思う。
だって人間だもの。

顧客の前に出せない社員というのは野球でいうところの二軍ということで宜しいでしょうか?
2010/02/14

老後に本当はいくら必要か

老後に本当はいくら必要か (祥伝社新書192) (祥伝社新書 192)老後に本当はいくら必要か (祥伝社新書192) (祥伝社新書 192)
(2010/01/30)
津田 倫男

商品詳細を見る


なんだこれ?
これは自費出版じゃないよね?まるでその辺のオジサンが書いたような本である。文体の統一感がなく、老後の資金というリアルな事柄をタイトルにしていながら、空想の世界に入り込む・・・これでいいのか、編集者?
2010/02/13

日々達成感

朝青龍がハワイで泊まっているホテルは新婚旅行で泊まったホテルだ(爆)

■■
前回受けた精密検査の結果を聞いてきた。健康診断時より改善しているとのこと(驚)体重に気を付けるのと、運動を心掛けて来年の健康診断は必ず受診してくださいとのことだった。
その足で本屋と電気店を複数回り目的のものを買うことが出来た。こういうちょっとした達成感が人生においては大切だと思う。
2010/02/12

社長の人事でつぶれる会社、伸びる会社

社長の人事でつぶれる会社、伸びる会社社長の人事でつぶれる会社、伸びる会社
(2009/11/26)
樋口 弘和

商品詳細を見る


中小企業の社長に向けて気を配るべき事柄をそれはそれは事細かく書いている。採用から評価、女性が活躍できる会社について、管理職への気配りなど、多少決め付けがちだがここまで社長が考えてくれたら下は嬉しいだろうな。なんともいえない読み心地である。