2009/11/25

手帳

会社帰り、手帳を買いにロフトに行った。行くまではほぼ日手帳を買うつもりだったのだが、手にとり中を見てやっぱり違うという結論に達した(爆)手帳は主に仕事で使うので日記を書き込むつもりはなく、スケジュールだけならあんなにスペースは必要ない。その足で紀伊国屋に寄り結局いつもの手帳を買った。もう11月下旬ということもあり目当ての手帳が残り一冊だったことも、ある意味運命を感じた(笑)

出張が多かった昔はスケジュール管理と旅費の記録に手帳を使ったが、最近は勤怠とその日やったことをメモする程度だ。ひょっとすると手帳自体いらないんじゃないか?
2009/11/24

寒さアレコレ

夜だというのに気温7℃、どうりで帰り道まったく寒さを感じなかった。むしろ冬用コートを着ていると場違いな印象がある(笑)

11月分の電気使用量が昨年同月よりも多くてショックを受けた。積雪初日が平年よりも12日、昨年より14日も遅かったというのに・・・
2009/11/23

そうだ!絶対うまくいく!

そうだ!絶対うまくいく!―「できる」遺伝子が目ざめる生き方・考え方そうだ!絶対うまくいく!―「できる」遺伝子が目ざめる生き方・考え方
(2006/01)
村上 和雄

商品詳細を見る


感嘆符が二つ付くタイトルも珍しいと思うが(笑)

村上和雄第二弾ということで第一弾よりは読みやすい。普通のビジネス書なのだが、著者は金銭的な理由で高校の修学旅行に行けなかったらしい、そのとき両親が言った言葉に目が留まった。

 私たちは天に貯金しているんだよ。いまは修学旅行に行けなくても、お前は将来、
 きっと世界中を旅できるようになる。
2009/11/23

ダンボール箱

ダンボール

ダンボール箱の片付けを行った。本当は家を建てた時点で不用だったのだが収納スペースがあるばかりに残ってしまった。今まではただ潰してビニール紐でくくっていたが、場所もとるし風に煽られて扱いにくいので今回は小さく切って紙袋に入れた。これだと見た目もきれいだし持ち運びも便利だ、このまま資源回収日に出そう。
2009/11/22

遺伝子オンで生きる

遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる!遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる!
(2004/09)
村上 和雄

商品詳細を見る


この本を科学的視点から読むか自己啓発的な視点から読むかで評価は違うような気がする。私は後者で読んだので、なにも遺伝子レベルで語らなくてもいいんじゃないか?いくらなんでも1600円は高いだろうと思ってしまう。日を改めて前者で読んで見ます!(笑)
2009/11/20

住宅ローン

12月に住宅ローンの固定金利期間が終了するので銀行に相談に行ってきた。行員曰く、固定期間が終わった人の大多数が変動金利を選択する、何も手続きをしなければ自動的に変動金利になる、変動金利から固定金利にはいつでも変えることができる、変動金利といっても毎月返済額が変わるわけではなく5年間は返済額は変わらない(金利の変動によって利息と元金の割合が変わる)とのことだった。う~ん、ここまで変動金利を勧めるからには銀行にとってその方が都合がいいんだろうな?と勘繰ってしまう。銀行なんてそういうところだと思っているし(爆)
豆知識として、固定金利期間が終わる日に繰り上げ返済を行うと手数料が変動金利扱いになり安い。まぁ残念ながら今回は繰り上げ返済しないけどね・・・

■■
朝一でディーラに行きタイヤ交換をしてきた。何度か屋根に雪が薄っすらと積もる程度で路面は夏タイヤで大丈夫だが、そろそろ交換しておかないと気持ちが落ち着かない。
2009/11/19

やる気ありますか?

このとき見積もりをお願いした工務店の営業(取締役だが)は未だ見積を持ってくる気はないらしい。家を売却するとこの工務店とも縁が切れるかと思うと心が晴れる(笑)
とにかく一事が万事、タイミングやスピード感が合わない工務店だった、やっぱり最後までこの調子なのだろうか・・・。うちを設計してくれたメインの設計士も退職したし、もしこの工務店を検討している知人がいたらやめておけと忠告するだろう。
2009/11/17

イチョウ

銀杏

札幌市内にはイチョウの木が数多く植えられていて、大きな木の下はこの通り(笑)まさにイチョウの絨毯(じゅうたん)といった感じ。いやー見てる分にはいいが、片付ける人はご苦労様です。
2009/11/14

映画 風が強く吹いている

ドラマ『ひとつ屋根の下』を彷彿とさせる。観終わった後は清々しい気持ちになれるでしょう。

ひとつ屋根の下  風が強く吹いている

主役の小出恵介の嫌味のない好演が光る。小出恵介が成宮寛貴に見えるのは私だけだろうか(笑)
同じ下宿のただの学生達が箱根駅伝を目指すという無理やりな設定も、小出恵介演じるハイジの人物像をしっかり描いているので気にならない(笑)あやしいWikipediaによれば小説→漫画→ラジオドラマ→舞台という出世魚のような経緯で映画になったらしい。DVDもしくはもう一度観たい映画である。
2009/11/12

早く優しい人間になりたい

辛いことを知ってる人間の方がそれだけ人に優しくできる。それは弱さと違うからな。

エヴァンゲリオンで有名なセリフ(らしい)


私は優しくできるだろうか?その辛さの大きさを想像できるだろうか?

元妻のお母さんは妻と交際中にガンで亡くなったのだが、ガンだとわかってからも私との交際は変わらず、当時はもっとお母さんのところにいてあげればいいのにと思っていた。今は辛いからこそ私に会いに来たんだなと思う。(人は辛いことがあると誰かに一緒にいてほしくなる)
少しはに近づいたかな。