2009/07/28

本人には響かず

なにか意味を調べたりすると、Yahooの知恵袋や教えて!gooに必ず同じ質問があり驚くばかりなんだけど、偶然次のような質問を見つけた。


 自分は重要な仕事を任せてもらえるが出世はせず、愛想がいい人ばかり出世する。
 こんな会社は見限った方がいいでしょうか?


この質問に対し何人かが回答をしている。
自分の経験を踏まえて、よくあることで出世だけが仕事のすべてではないですよとアドバイス(回答)している人がいたり、愛想がいいというのはコミュニケーション能力や管理能力が高いということかもしれませんよとこれまた優しく諭す人がいる中で、ベストアンサーに選ばれたのは「転職した方がいい」という回答だった
まぁ、この質問者は転職の善し悪しを聞きたかっただけなのかもしれないけど、他の回答者の思いが伝わらなかったのがつくづく残念だなと思った。さぞかし回答した人達も残念だったと思うけど、私のような第三者の心に響いてますよと伝えてあげたい。

それにしても、どの回答をベストアンサーに選ぶかで質問者の人間が量れてしまうというのも恐ろしい話だ。
2009/07/27

続 ブックオフ

せっせといらない本を整理してブックオフに持っていったら11,730円になった。過去の引越しで無雑作に燃えないゴミとして出したことが後悔される(笑)。この間持ち込んだ本を探したら単行本は700円で売られていた、早く売れるといいね。

■■
今日も断続的に雨が振る一日でこのまま秋になるのかと思うとブルーになる。
2009/07/26

家の良さ

友達が言った。

 「一戸建ての家はテレビの音とか気にしなくていいよね」

忘れていた事に友達が気づかせてくれた。テレビから聞こえる歌に合わせて大声で歌うこともできるし、テレビだけじゃなく洗濯もいつでもできるし、風呂だって何時でも入れる。人って当たり前のことに慣れてしまうことを再認識した。
2009/07/25

うん

プライベートで店側の人と電話で話をしていて「うん」と合いの手を入れる人が結構いるが、なにかバカにされているような気がしてとてもイヤだ。相手が見えないから気が緩むのだろうけど、中には面と向かって「うん」といったバカな郵便局員もいたっけな。
私は自分が客の立場であっても相手に対して「うん」と言うことはない、それが礼儀というものだろう。例えそれが電話だろうが店頭だろうがタクシーの中だろうが必ず「はい」だ。

今度「うん」と言われたら逆に「うん?」と言い返してやろう、ウン。
2009/07/21

続 ファーストフード店

このとき書いた、先に番号札を持っていく事件が最近あった(笑)。

店員:(番号札を持っていこうとする)
私:「まだ持っていかない方がいいんじゃないの?」
店員:「あ、まだ○○があるから」

こうして事なきを得たものの、なんで客が店員の教育をしなければならないのか?
まだまだ戦いは続く・・・(爆)
2009/07/20

ストレスゼロでラクして働く62のテクニック

ストレスゼロでラクして働く62のテクニック―明日から仕事が楽しくなる! (成美文庫)ストレスゼロでラクして働く62のテクニック―明日から仕事が楽しくなる! (成美文庫)
(2009/05/05)
内藤 誼人

商品詳細を見る


仕事はきっと誰かが見ていてくれているという理由を次のように書いている。

  完全犯罪が難しいのも、どんなに「痕跡」を消そうとしても、それを完全に消すのは難しいか
  らだ。消そうとしても消えないのだから、別に隠そうともしていないみなさんの仕事ぶりには、
  確実に「痕跡」が残る。だから、それに気づく人も、当然いるわけである。

また面白い人を見つけてしまった。
2009/07/19

ブックオフ最高

思い立って、本棚からタイトルを見ただけで明らかに読まないと思った本をブックオフに持ち込んだ。その中には新入社員の頃から買い揃え、何度もあった引越しでも捨てなかった『読むくすり』シリーズも含む。
ブックオフの駐車場はほぼ満車で店内に入ると幅広い年齢層の人が本・マンガ・CDを選んでいた。マンガはビニールがかかっていないので読んだ上で買えるしね。本が入った3つの袋を抱えて買取カウンターに行くと「他にもございますか?」と親切な対応、待ち時間も少なく3000円で買い取ってくれた。古くて買い取れない本は無料で引き取ってくれたし、身分証の提示も必要なく店員の対応も感じよかった。過去に何度か利用したTSUTAYAとは大違いである。

今夜は吟味が必要な本を選別して、またブックオフに持っていこう。3000円って小金じゃないからね(笑)
2009/07/18

叫ぶ

午前3時前くらいに自分の叫び声で目が覚めた。

夢占いによるとかなり深刻な状態のようだ。
2009/07/17

散歩中

昼休みにいつものように散歩をしていたら「すみません、地下鉄は・・・」とお婆ちゃんから声を掛けられた。普段から道を尋ねられる事はままあり、日本人と外国人の宣教師コンビに「こんにちは!」と声を掛けられる事なんか日常茶飯事だ(爆)。
お婆ちゃんには信号のある交差点を右に曲がったらすぐありますよと答えたが、前かがみでゆっくり歩くお婆ちゃんの後姿を見ていたら心配になり少し離れて後を追った。すると交差点を渡るのか一瞬迷ったようだったが渡らずに右に曲がったものの、地下鉄の出入り口を通り過ぎそのまま歩いて行ってしまった。オーマイゴット!地下鉄の看板がその手前の看板で見づらいし、ちょっと歩道からは奥まっていたのが敗因か。

後ろから「お婆ちゃん行き過ぎだよ」と声を掛けて通り過ぎた出入り口を教えてあげた。教えてから気が付いたが交差点を左に曲がるとエレベータがある出入り口があったのだ。しかし、年だからといってエレベータを使うだろうと決め付けるのも失礼な気もするし、難しい。
2009/07/16

雨、雨、雨

雨、雨、雨

地面が乾く日がないくらい雨が多い。気温も7月中旬とは思えないほど低く、長袖のシャツで十分だし、寝るときも毛布や掛け布団が必要だ。今週は家の玄関の土間がジットリしたままで非常に気分が悪い。

大通公園ではビアガーデンの準備が進んでいるが、とても外でビールを飲もうという気分にはならない。