2009/05/31

マダムと奥様

マダムと奥様 (光文社文庫)マダムと奥様 (光文社文庫)
(2009/04/09)
辻 仁成

商品詳細を見る


面白い!

辻仁成、中山美穂のだんなで小説を書いている人という認識しかなかったが、こんなに感受性豊かで人間くさい人だとは思わなかった。(もちろん、本と本人がまんまイコールだとは思っていないけど)
バツイチで前妻は南果歩さんらしいが、結婚、夫婦関係について語る言葉がいまの私にはとても共感できる。離婚を経験したからこその思いであり言葉なんだと思ったら、ちょっとは気が楽になった。
2009/05/30

映画 グラン・トリノ

映画グラン・トリノを観た。
クリント・イーストウッド主演、満足度ランキングも1位。
公開終了間近なためファーストショー、レイトショーもなく1800円払わなければならなかったが、それも仕方がないと思って観た。(映画にまともな金額を払うなんて何年振りだろう?)

ところが、ストーリーは単純だし最後は死んで終わるし・・・個人的には非常に詰まらない映画だった。期待が高かったせいもあるのだろうけど、あの誰でも書けそうなストーリーはいくらなんでも酷すぎないか。
2009/05/29

なんで?と思うことは自分にも起こりえる事

なんで?と思うことは自分にも起こりえる事

かつての上司が嫁姑問題を抱えていることを人伝に聞き、「なんで仲が悪いのに一緒に住んでいるんだろう?」と思ったり、同僚の妹が彼氏を追って他県に行ったまま結婚もしないで数年が経つ(彼の親が結婚を許してくれなかったらしい)という話を聞いたときも「なんでそこまでしていながら結婚しないのか?結婚できないのになんでそこにいるのか?」と思ったが、いまはなんとなくわかる気がする。

当事者にしかわからない葛藤、苦しみや辛さがあるんだなってこの年になって初めて理解できた。そう、世の中で起きることはいつでも自分の身に起こりえるのだ。

こうやって人は人生経験を積んでいくのだろうか?経験を積むには遅すぎたんじゃないか?
大丈夫かオレ。
2009/05/28

夢でクイズ番組に出ていた。なぜか答えられなかった野菜の物まねをするという罰ゲームがあり、案の定野菜の物まねをすることになったところで目が覚めた(息が上がっていた)

さすがの夢占いにもクイズ番組の例はなかったが、答えを出さなければならない状況なんだろうなと理解した(実際そうだし)答えられなかったのもまさにそのとおり・・・
2009/05/26

報い

この別れの辛さはいままで自分が人に対して行ってきたことの報いであるような気がして仕方がない。

必死に引き止める会社の上司、最後の日に涙を流してくれた部下だった女の子・・・数多くの人達の気持ちを無視してきた。やっぱり人間、最後は帳尻が合うようにできているんだ。
2009/05/24

妻の誕生日

今日は妻の誕生日だった。免許の更新に行くというので送り、その後あちこち用事に付き合った。
日差しが強く疲れたので夕方一旦家に戻り休んだ後夕食に出掛けた。夕食は高いと噂の洋食レストランへ、メニューを確認すると特別高くも安くもなく一安心、しかし味の方も普通だった。食事の後、夜景のきれいな宮越屋に行き一時を過ごした。もっと前から来たかったのだが、今となっては言っても仕方がない。さらにせっかくの夜景の中の会話も「それ、それがダメなんだよ」と妻にダメ出しをされる始末(汗)

そのまま帰るのも惜しいのでちょっと夜のドライブに出たが、いったい何年振りだろうか?結婚する前は夜のドライブがちょっとした楽しみだったはずだ、郊外の道路に車を止めて意味なく土手を登ったりしたっけ(遠い目)

きっと今日が妻と過ごす最後の誕生日。いまさら残るものをもらってもしょうがないだろうと思い食事に誘ったが、最後の晩餐にしては心残りな味だったのが残念。
2009/05/23

モデル失格

モデル失格 ?幸せになるためのアティチュード? (小学館101新書 24)モデル失格 ?幸せになるためのアティチュード? (小学館101新書 24)
(2009/02/03)
押切 もえ

商品詳細を見る


こういう文体を何風というのだろうか?
あまりに客観的過ぎてイメージと文章に違和感を覚える(決して悪い意味じゃないですよ)

首の骨を折ったり、友人が亡くなったりと大変な目に遭っているのだが、そこから立ち直るまでについてはあまり深く触れずに、とにかくポジティブな自分になるにはどうするかという話が続く。当然女性雑誌を中心とした話なので私にはついていけない箇所多数(笑)

仕事で失敗したときに原因について他人に助言を求めて「わかったふり」で終わらせないという点は素晴らしいと思った。なかなか出来るものじゃないし、少なくとも自分には出来ないな。
2009/05/22

天と地

NHKの天と地を見ていて心底思うのは、弱いとニッチモサッチモ行かないなということ。
弱いと領地や金を差し出して見方になってもらったり、政略結婚させられたり、戦っている味方に援軍を送ることすらままならない。

ひるがえって実社会に当てはめてみると
■領地や金を差し出して見方になってもらったり
 ⇒安い金額で仕事を請け負ったり
■政略結婚させられたり
 ⇒無理な納期や要求をされたり
■戦っている味方に援軍を送ることすらままならない
 ⇒十分な要員を割り当てられない

あぁ~つらいつらい。今に見ていろの反骨精神で頑張っていこう。
2009/05/21

リーマン魂

軽く東京出張に行ってきたわけだが、久々に仕事をする男達に囲まれてプチ感動(笑)
仕事が始まる前から熱く携帯で電話をし、休憩時間にはノートを取り出しパチパチやる姿を見て、すっかり忘れかけていた日本のリーマン魂を思い出した。
たまには出張も良いかも(笑)

■■
そして東京ってスケール(絶対的な人の多さ)が違うから、やっぱりいいなーと思った。出張先が割りと整備された街できれいだったこともあるけどね。
2009/05/19

専門家

離婚をある法律の専門家に相談した。

先生:「20代から30代を一緒に過ごされたわけですから奥様も思い出が多いと思いますよ」
私:泣けてきた


寝付けなかったり日中落ち着かないので内科の病院に行った。
離婚話によるストレスだと話したところ

先生:(大きな声で)「それは大変なことですよ~」
私:こっちがビックリしたが、気持ちをわかってくれてとても嬉しかった。