FC2ブログ
2008/12/16

続 義父のアパート経営

管理会社を変えてその後・・・

家賃を見直し(下げて)二ヶ月ほどは様子見だったが、ポツリポツリと決まりだし
なんと満室になった!

家賃を下げたのがヨカッタのか、大手管理会社の成せる業なのかはわかない。
ただ、新しい管理会社は管理費用も入居している部屋数に応じて変動し、一律固定だった以前の管理会社よりは良心的だ。
清掃は別途業者に頼まなければならないが、家が近ければ自分でやることもできる。(実際には遠くてできないが)
2008/12/15

冬支度

24時間換気をやめたとたんに窓が結露するようになった。湿度が40%だったのも原因の一つだが、その湿度も24時間換気をやめたからだろう。

やはり基本的に平日は24時間換気をつけることにした。換気口の内部が結露してカビが発生するなんて都市伝説もあるので・・・(笑)

明日は最高気温が5℃晴れなので日中の家の中は相当暖かいだろう。蓄熱は50%でいいな。
夜は寒くなるから30%というわけにはいかない。

去年までは蓄熱はデフォルト100%だったが、今年は細かく調整している。ただ、この微調整があまり電気代に反映しないような気がするが?
2008/12/14

ジャンクフード

この一週間の間に吉野家に三度行った。

顔に吹き出物がたくさん出てきた(爆)

他にリトルスプーンのカレーも一回食べたが、遅いわ!高いわ!もう行かない。
いや、そういうことではなく・・・
やっぱり体は正直だな。とくに私の場合顔にストレスや疲れが出やすいのですぐにわかる。
2008/12/13

真冬日

昨日から最高気温が0℃以下になる真冬日だ。

家が寒い!

この冬は今までとは違うことにチャレンジしていた
1.24時間換気を切らない
2.電気温水器の温度設定を高くしない
3.玄関、UT、二階の一部屋の暖房を切る
4.寝室の暖房は日中は切る
5.居間とダイニングは蓄熱量を70%にする

が、しかし
昨夜、帰宅して室温が16℃でビックリした。さすがに16℃は寒いだろうということでちょっとチャレンジを見直した。

1.24時間換気は平日だけ切る
2.玄関とUTの暖房は土日は入れる
3.電器温水器は蛇口の温度を上げればいいので現状のままとする

日中の最高気温が5℃以上になり、晴れの日はこのかぎりではないけど・・・
2008/12/10

タオル買う

家で使うタオルを買った。
税込みで168円と189円のものをそれぞれ一枚ずつ買った。(国産)

実家からもらってきたタオルがなかなか使い心地がよく、同じようなものが欲しかったがスーパーで売っているのは厚手で使いづらそうだった。

で、品揃えが豊富な店で買ったが189円の方が使った感じが家のタオルと近かった、ただもう少し厚みがあるような気もする・・・
さらにもうワンランク上の製品を買って試そう。

実家からもらったタオルも特別高級品というわけではなく、親が趣味の集まりでもらってきたやつなんだけどね(笑)

他にもゴワゴワしてきたタオルもあるので入れ替えて、交換も週一ではなくマメにするようにしたい。
衛生上もいいことだし。
2008/12/07

現場で生まれた100のことば

現場で生まれた100のことば―日本の「ものづくり」を支える職人たちの心意気現場で生まれた100のことば―日本の「ものづくり」を支える職人たちの心意気
(2008/11/21)
小関 智弘

商品詳細を見る


ちょっと読みづらくないか(笑)

とも思うが、全国の職人さんの熱いことばには久々に感動した。

ブキッチョってのは、そのかわりに憶えたらすごいんですね。

『・・・ガタがガタを呼ぶんです・・・』

最近の自分の仕事振りが恥ずかしくなる。
2008/12/05

ソニー 1800円
住友金属鉱山 800円

いまの株価だ。

ソニーは1年前には6000円だったし、住友金属鉱山は2500円だった。
わかりやすく言うとソニーは60万円、住友金属鉱山は250万円出さないと株を買えなかった。
(正確にはミニ株とかあるけどね)

いまの株価が安いのは間違いないが、それでも住友金属鉱山は買えない・・・
個人的にソニー製品は買わない主義なので株を買うというのもイマイチちゅうちょしてしまう。

1万円も利益をあげれば生活費の大きな足しになるので、この二社に限らずしばらく相場には注目したい。
2008/12/01

あぁ~プログラムってば

協力会社の人がプロジェクトを抜けることになったので、プログラムを私が引き継ぐことになった。

ソースをみて驚いた!
一つのクラスにすべての処理が書いてあり、そのクラスはなんと1万STEP超(マジ驚)

各メソッドも数百STEPはある・・・正直メソッドレベルでも理解するのに時間がかかりそうだ。

ん~、今までこういうプログラムを山ほど見てきたが、まったく新規の開発でこういうプログラムを作るとは思ってもみなかった(反省)
決してスキルがないわけではないのだが、あまりそういう部分でこだわりがない人だったのかもしれない。それとも私がオブジェクト指向で設計しなかったので仕様書通り作ったのかもしれない。

う~ん、プログラムって難しい


プログラムからしばらく遠ざかっていたが、ちょっと考え直すキッカケになるかもしれない。