2008/09/26

割れ窓理論

『割れ窓理論』

~wikipedia抜粋~
軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。アメリカで考案された。「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方からこの名がある。

~はてな抜粋~
1枚目の窓を割るのは心理的抵抗が大きいが,割れている窓が1枚あると他の窓を割る時の心理的抵抗は非常に少ない。すなわち、目に見える軽微な犯行を減少させることで他の犯行の誘発を防ぐという考え方である。

この理論を批判する意見もあるらしいが言わせたいやつには言わせておけ、テカ!
2008/09/23

最高気温は20℃

最高気温21℃
明日は16℃らしい

週間予報では今日から最高気温は20℃前後になるようだ。
最高気温が15℃前後になったら蓄熱を入れるかな。
去年は10月我慢しすぎてカゼをひいたから今年はタイミングを逃さないようにしたい。

■■■
仕事は協力会社の人が夜遅くまで頑張るので最終バスに乗れない事が多い。タクシーに乗るか歩くかとても葛藤するが、タクシー5回利用すると5000円だからねバカにならないので歩く日も多い。
幹線道路とはいえ基本的に住宅街なので店の明かりもなく、景色がいいわけでもなく、自然を感じることもない・・・面白みのない道なのが残念。
2008/09/22

言葉もいいけど行動は?

毎朝数人でお経を唱えながら歩き、人通りの多い場所で一席をぶつ某宗教法人の人達がいる。歩きながらゴミを拾っているのだが、そのゴミ袋をコンビニのゴミ箱に捨てていた。

どういう身分の人達なのかはわからないがせっかく拾ったゴミは持ち帰って捨てるのが礼儀なんじゃないのか?
言葉はごまかせても行動はごまかせないを地で行くような人達で、あ~やっぱりねと妙に納得した。
2008/09/21

車検

11年目の車検だ。
走行距離は120,000km。
オイルエレメント、ブレーキ、ファンベルト、エアコンフィルターの交換を含めて20万円の見積もりだった。
前回の車検ではABSを修理したので40万くらいかかったが20万ならば想定内だな。(うん)

代車がセダンタイプのスンバらしい車で驚いた!!

らしくないほど上品で、恐ろしくブレーキが利いて、加速がめちゃくちゃイイ。

前後の感覚がわからないのであまり狭いスペースには入らないようにした。(スーパーの駐車場とかね)
2008/09/20

住みづらい世の中

スタンドで洗車をした。
初めて利用するスタンドは丁寧な仕事ぶりで感心した。

で、会計を済ませ帰ろうとしたところ車脇にいたスタッフが車を確認して問題なければ作業票にサインをお願いしますと言う。
問題ないのでサインしたが最近こういう店が増えているね。

温泉宿の夕食でオーダーしたビールのサイン
カーショップでオイル交換をしたときのサイン

一部のバカな客のためにその他大勢の客が煩わしい思いをする。
世の中、住みづらくなる一方だ。
2008/09/20

プロフェッショナル仕事の流儀4

プロフェッショナル 仕事の流儀〈4〉プロフェッショナル 仕事の流儀〈4〉
(2006/07)
不明

商品詳細を見る


カバーが地味すぎないか?

最近本を読む時間っていうか本屋に行くヒマもなかった。週一本屋が当たり前だったんだけど(泣)
久々に連休だった土曜日にちょっと本屋に行ってきた。市内にある大型書店は昼間に行くと子供が多くてゆっくり見られないのでサッとこの本を選んで買った。

あっという間に読んだ(笑)

建築家中村好文の回に興味があったのだが、Wikipediaによれば中村好文は吉村順三設計事務所に勤務していたらしい。吉村順三といえばこのときに書いたが、良い師匠に就くと良い弟子ができるのかね。
建築家ってこういうのがあるからいいな。
2008/09/16

家の好み

以前は一生に一度建てる家なのだから、細部にこだわった完成度の高い家を欲しいと思っていた。

ところが最近は素朴な家でいいんじゃないかと思うようになってきた。もちろん欠陥住宅や建売みたいな工業製品だらけの家はいらないが。

大きさや見せ場的な意匠にこだわるのではなく、機能的な間取りと冬の温かさにこだわった家作りをしたい、そう思う。家を建てて数年住んでみてやっと力を入れるところはどこか?がわかってきたような気がする。

あぁーなんとかもう一軒建てたいな。
2008/09/14

月見バーガー

月見バーガーを見ると思い出す、過去の辛かった日々が。

出張明けに出社してそろそろ夕方という頃、システムのサービスインに立ち会っていた課長から社内にいた係長に電話があった。
「筆記道具と電卓を持ってすぐに来てくれ(爆)」

稼動したのはPOSシステムだったのだが、行ってみると客先の食堂にうちの社員が大勢いてジャーナルを見ながら電卓で検算するという作業を行っていた。(ジャーナルとはレシートと同じ記録を印刷したもので法律により保管義務がある)
その日はサーバがダウンするわ、POSは止まるわとヒドイ状況だったらしい。

それまでなんの関係もなかった私がその客先に常駐するハメになったのはそれから数日後のことである。元々の担当者達はシステムの障害対応を行わなければならないとやらで、なんの関係もなかった私に白羽の矢が立ったようだ。ところがこの元々の担当者達にはまともな仕事ができず、私が最後の砦である現場で苦労することとなった。

客先の最寄り駅前にマックがあり、朝に夜にと利用したのだが季節がちょうど秋で月見バーガーを食べることが多かった。だから今でもこのシステムのことを条件反射で思い出す。
2008/09/13

設計だよ!

ここ数年、いやもっとかも。こんなに仕様書を書いたことはないと言えるほど仕様書を書いている。とくにプログラマーに無理をお願いする以上、仕様に間違いがないようにそしてわかりやすい仕様書を書くようにしている。

なにかの本で知った言葉だと思うが
自分が三日考えたことを他人に伝えようと思ったらやはり三日かかる
自分があれこれ三日も思い悩んだことを人に30分で伝えようなんて甘い甘いということ。
なるほどなーと関心した記憶がある。
実際には三日もかけられないので短い時間で伝えるにはどうしたらいいか?ここに仕事の真髄があると思っているが、まったく逆のことをする人達がなんと多いことか。

よく考えたつもりでも見直すと間違いもあるし、もっとわかりやすい書き方があることもわかった。
テーブルを更新するための項目セット明細を書いていたが、はじめは表の中でデータの区分がAならば・・・、Bならば・・・と条件分岐していたが、表自体をA用B用と二通り作った方が断然見やすいということに気がついた。
まさに目からウロコというか昔だったら絶対に後者で書いていたはずだが、書きなれないと過去の経験も活かせないんだな。
いろいろと勉強になるプロジェクトである。(笑)
2008/09/05

TODOリスト

ExcelでTODOリストを作り、朝から帰社するまで開きっぱなしにして気がついた事を片っ端から入力するようにしている。
はじめのうちはリストが増える一方で途方に暮れていたが、いまは残はかなり少なくなった。
優先度も入れるようにしてからは最優先のものだけをやっていれば物事というやつは回るものなんだなと改めてわかったし、家にいるときに思いついたことはまとめて会社アドレス宛にメールして、会社でTODOリストに追加するようにもしている。

同時に気をつけていることは資料の整理だ。油断すると机の上が資料だらけになるが、いらないと思った資料は廃棄用の場所に移すようにして(本当に捨てないのがミソ)、資料探しで無駄な時間をとられないようにしている。

おかげで自分としても余裕が出てきたし、余裕があれば回りに目を配ることもできるので徐々に良い方向に回り始めているような気がする。