2008/04/30

舗装工事完了

歩道の舗装工事が完了していたことに今朝気付いた。4月中旬に現場確認をしてくれたようでアスファルトにチョーク書きがあったので毎日チェックをしていたが、昨日の朝に確認したときはまだだったので昨日の日中に工事があったのかな。祝日だというのにご苦労様です。ありがとうございます。
2008/04/28

誤字の多いプロジェクト

英字の誤字があるプロジェクトはダメなプロジェクトと思って間違いない。

多い間違いとしては(正)Calendarと(誤)Calender、(正)Serachと(誤)Searchなどがある。プログラムのクラス名やメソッド名を間違えるならまだしも、画面の見出しであったり最悪なケースはテーブルの列名を間違えられるともうー大変!こっちは正しいスペルでSQLを書いているのにテーブルの方が間違っているために誤ったスペルでSQLを書かなければならない。こんなアホらしいことはない。

誤字の原因としては
1.こんな初歩的なミスをするメンバーがいる
2.こんな初歩的なミスを見つけられないリーダーがいる(チェックをしていない含め)
3.こんな初歩的なミスに気付いても指摘しないメンバー達がいる(自分さえ良ければいい)

3はプロジェクトとして致命的で、ミスが早期に発見されない或いはフィードバックされる仕組みがないプロジェクトなんてうまくいくはずがない。

とくに開発ツール系のプログラムでこの手の間違いが一つでもあったら気をつけろ。なぜならツール系のプログラムは少なくともそのプロジェクトにおいてスキルのあるメンバーが作っているはずだからだ。そのメンバーがこの程度では、あとは推して知るべしと言える。
2008/04/27

No.1販売員は全員フツーの人でした。でも、売上げ1億円以上

No.1販売員は全員フツーの人でした。でも、売上げ1億円以上 (Kobunsha Paperbacks Business 8)No.1販売員は全員フツーの人でした。でも、売上げ1億円以上 (Kobunsha Paperbacks Business 8)
(2007/08)
松井 政就

商品詳細を見る


大企業に№1販売員を紹介してもらうというやり方がちょっとキナ臭いが(笑)それでも取材の申し出を断る企業もあったというから驚きだ、なにをそんなに恐れているのか?

JTBの№1窓口女性がクレームの原因として3つあげているのが興味深い。
1.お客様への連絡忘れ
2.お客様への連絡遅れ
3.些細な依頼に対する裏切り行為

スバらしい!
うちを建てた工務店にも教えてやりたい(爆)

この3つを認識している時点で並みの営業ではないし、リピーター率20~30%というのも納得。「約束の3時に電話できないなら『お約束の3時に電話できません』という電話を3時までにする」という徹底ぶり!

岡本吏郎が言うとおり世の中には競争なんてないんだね、皆到底ここまでやってないもんね。そもそも戦ってる土俵が違うのだから。
2008/04/24

お隣の研究

家を建てるときに隣は良い人か?というのはとても気になるものだ。そんなときに目安になるもの。
■要注意なお隣さん
1.高い塀の家(ブロック7、8個以上)
2.家の回りに雑草がはえている
3.外観が汚い家

2と3は同じかもしれないが、外向けに気を使わない家というのは近隣の人に対しても気配りができないと思った方がいい。家を建ててから気が付いたが、掃き掃除をしている道路としていない道路は全然違って、小石一つない道路はとてもキレイだ。
草もなく、道路も掃き、庭も手入れしている家は間違いなく良い人が住んでいる。
2008/04/19

今年初の蓄熱0

予報が一日を通して晴れ・最高気温19℃だったので今年初めて蓄熱を0にした。晴れるかどうかで室温が大きく変わるので、19℃でも曇りだったら0にはしなかったかな。で、今朝の室温22℃、寒さはない。
外出して夕方帰ったら室温27℃!いったい日中は何℃だったんだろう?
2008/04/18

日付の入力

日付の入力にはテキストボックスとリストボックスがある。

■テキストボックス


■リストボックス






リストボックスでダメというユーザーはいないと思うが、上記3つのうちどれがいいだろうか?初期値に今日の日付をセットした方がいいか?過去日を入力する場合何年前まで必要か?入力する日付の種類によっては(売上日などの場合)年はいらないかもしれない。とまあ、一つの画面の日付だけをとっても決めるべきことは多いが、ユーザーとの打ち合わせでこういう細かい話は出てこない。
まさにSEの設計能力が問われるし、入力チェックやリストボックスのタグを生成する共通部品の有無で生産性・品質は大きく変わる。
2008/04/15

コンビニに期待すること

コンビニに期待すること
早く商品が買えること。

早く買うということは、目的の商品が簡単に探せて簡単に支払いができるということ。ところが、今どきのコンビニでお茶一本持ってレジに行くと・・・
店員 「いらっしゃいませ」
店員 「ポイントカードはお持ちですか?」
私   「いや」
店員 「○○チキンがxx円引きですがいかがですか?」
私   「いらない」
店員 「袋にお入れしますか?」
私   「そのままでいい」
店員 「レシートはご利用ですか?」
私   首を横にふる
店員 「ありがとうございます、またどうぞお越しくださいませ~」
とまぁーぜんぜん簡単じゃない!一応、聞かれるからこっちも言葉を返しているが(それでも最後は面倒くさい)、なぜこんなにやり取りをしなければお茶一本買えないのか?

結局、コンビニの店員に個別の接客なんてできないから、こういう最大公約数なマニュアル通りの対応を一律にさせるんだろうね。コンビニに限らず最近こういう店は多い。
2008/04/14

レジ袋とブックカバー

スーパーのレジ袋の有料化がいよいよ始まるらしいが、ぜひ本屋のブックカバーも有料にしてもらいたいものだ。デフォルトでつけていた昔からみれば要否を聞くようになっただけいいが、それでもブックカバーを希望する客は多い。だいたい、家に帰れば読み終わった本にブックカバーがついてるんじゃないのか?有料化の前段階として、スーパーのようにブックカバーを渡して、つけるのは客にさせるっていうのはどうだろう?(笑)レジ袋と同じでどこかが始めないとできないのかな。
2008/04/13

急ぎの仕事は忙しいヤツに頼め

急ぎの仕事は忙しいヤツに頼め―ソニー元副社長・大曽根幸三の成功金言53 (角川SSC新書 35)急ぎの仕事は忙しいヤツに頼め―ソニー元副社長・大曽根幸三の成功金言53 (角川SSC新書 35)
(2008/03)
石田 修大

商品詳細を見る

とにかく言葉の背景にある現場の様子がものすごくリアルで共感する。
CDプレーヤを欧州に輸出する策を検討していて可能と不可能のうち不可能は切り捨てたのだから、残った解決策は可能なはずなのだが・・・は目からウロコだった。失敗の言い訳を聞くのが無駄なので「言い訳用語集」というのを作らせ、以後は「開発が遅れています、理由は8番、15番です。」と報告させたのはギャグとしか思えないし、あのベータがVHSに負けた原因を故障が多かったからとにべもなくいうのだが、そんなこといって大丈夫なんですか?とこっちが心配する。(笑)

とにかく会社という組織で楽しく仕事をするにはどうしたらいいか?いや楽しく仕事ができる人とはどういう人かがよくわかる。痛快な本、これで740円は安い。
2008/04/12

くつした

妻がくつしたを干すとゴムの側を洗濯ばさみに挟む。私はつま先側を干すのでなんでだろう?と不思議だった。
この間、妻のストッキングを干したらストッキングは生地が薄いのでつま先側は挟めないことに気がついた。
長年の疑問が解決してホッとした。(笑)