FC2ブログ
2005/09/23

B社完成現場見学会

なんでも施主は現在マンション住まい、ご近所との付き合いを求めて戸建を建てたらしい。
ご年配の方らしいのでやっぱりそういうものかなーなどと思う。
過去にもこの会社の見学会に行ったことがあるが、ゴージャス過ぎてあまり参考にならなかったので今回も不安でいっぱいだったが、普通に大きな家で安心した。
ここの見学会は必ず白い手袋を渡されて当然スリッパも履く。もし自分が施主だったらこうじゃないと安心できないよな。
ただ、帰る際に前回は「どうぞお持ちください」といわれた手袋を今回は回収された。
いやべつにいいんですが。
南に面した窓は大きくとられ、リビングには暖炉、2階の部屋まで床は無垢のフローリングだった。

何か驚きの発見があるかというと別になにもないのだが(失礼)、かつて妻が「家に驚きが必要なの?」といったように、この普通にいいという感じを大切にしたいと思っている。
2005/09/18

土地探し

C社紹介の土地を見に行く。
JR駅から徒歩圏内のその土地は南北に細長い50坪少々北向きだった。
本当は100坪以上の土地なのだが分割して売ってもいいらしい。
駅前には病院、スーパー、区役所と至れり尽くせりだ。
デメリットをあげると近くに鉄塔があるのと、ゴミステーションが土地の端の方にあった。
商業地にも近いので騒音が心配だったが、大きな通りからは奥まっているため意外なほど静かだった。
この地域ではデフォルトといってもよい「出水の恐れあり」もなく利便性ではいい物件だと思う。
2005/09/18

初めての住宅ローン相談

スーパー内にあり土日も営業している銀行窓口へ住宅ローンの相談に行く。
その銀行の商品の説明を受け、審査は子会社が行うこと、まずは土地を決めてからじゃないと
審査はできないことなどを聞く。

行員 「勤続年数は1年あれば大丈夫です」
私 「三ヶ月なんですけど」
行員 「三ヶ月ねー、三ヶ月がダメかどうかは審査次第なので」

その後、その銀行に住宅資金のための預金があることや給与振込など切り替えてもいいと粘ったが・・・

行員 「もう少し時期を待たれてはいかがですか」

最後に、近所の支店から営業を伺わせるとのことなので、名前や連絡先を伝えたがその後何の連絡もなし。
あーやっぱり銀行って冷たいのねー