FC2ブログ
2019/08/17

顔ニモマケズ

20190817_01.jpg
顔ニモマケズ
水野敬也
1450円(外税)
文響社

以前から興味はあったが買う機会のないまま来てしまい、それでもやっぱり読みたかったので購入。紙が厚く、文字も大きいので、本の厚さのわりにはスイスイ読める。
どの方も前向きというかポジティブ?な印象を受けるが、決してそれが100%というわけではなく障害と折り合いをつける、自分なりに割り切った結果のようだ。コンビニのバイトの面接に落ち続けながらも他のバイトを探し、就職面接で合格するのが難しいのでインターンを利用して就職したりと工夫する姿には逞しさを感じる。そしてご両親の教育に共通するのは

 「症状は恥ずかしいものではなく、普通の子として育てる」

ということ。なるほどね、言うは易く行うは難しだが、なるほどね。
2019/06/27

脳から血~でるほど考えろ!!

20190628_01.jpg
脳から血~でるほど考えろ!!
春山満、春山哲郎
中古

著者の春山満氏は26歳で医者から進行性筋ジストロフィーと宣告され首から下の機能が失われ、2014年2月に60歳で亡くなっている。
前に持っていて感動した本なのに売ってしまい手元になくて、気持ちが落ち込んだときや元気が欲しいときに思い出すことが度々あった。タイトルを忘れたのでブログを検索して見つける。これだからブログは便利だ、Twitterだとこうは行かない。

Amazonで検索するとKindleがないので本のコンディションが特に良という業者から中古品を再度購入。日曜日に注文したら即日受付メールが来て、翌月曜日には発送という手際の良さ。古い本のわりに出品している業者は多く、新品だと定価の倍で出ていた。
とりあえず春山満氏のコラムを読み直したが、改めて読むと以前とは自分の立場や経験も変わり、感じ方も変わるものなんだな。安く買えて良かった。これから何度も読み返したいと思う。
2019/05/06

京大医学部で教える合理的思考

20190506_01.jpg

京大医学部で教える合理的思考
中山健夫
800円
日経ビジネス人文庫

正直、『論理的』と『合理的』を間違えて買ったんだけど・・・(笑)途中いくつもある数字を使った例え話がちょっと飽きる。

・日本の学校教育は、合理的に考える技術、つまり根拠に基づいて論理的に考える技術について、あまり積極的に教えてきませんでした。それなのに、社会に出ていきなり「しっかり考えなさい」と言われてしまうのですから、困ったものです。

・私たちはともすると、きちんとした根拠に基づかない「イメージ」で物事を判断しがちです。

・エンドポイントをどこに置くかによって問題解決のための努力が見当違いになります。

・意思決定に際して「情報の灰色の世界」から「行動の白黒の世界」へジャンプする必要があります。


上記の言葉は納得感がある。私が学校よりも社会が好きなのは最初の言葉。もっともブラックな会社だったら学校と同じだっただろうけど。会社は面白いくらい誰も根拠を調べないでイメージだけで話をすることが多い。業績が悪くなるとコスト削減をするが、会社のエンドポイントもコスト削減だったりね。灰色から白黒へ勇気と責任をもってジャンプする人もいない。ダメな会社が全然合理的じゃないことがわかる。
2019/04/02

やまない雨はない

20190402_01.jpg
やまない雨はない
倉嶋厚
530円(税別)
文春文庫

著者は気象庁を定年退職後、NHKで気象キャスターを務め、2017年に93歳で亡くなっている。ドラマにもなった有名な本らしい。
家のことはすべて任せ精神的にも強く依存していた奥さんが肝臓のガンで余命いくばくもないと知り、狼狽しうつ病を発症する。入院した奥さんを見舞いに行くものの、奥さんの心配よりも自分の不安を訴えたり、面会時間を守ることに気が行ったり、断り切れなかったからと言って仕事に出掛けたり、(個室だし)旦那さんも泊まれるんですよと看護師に言われてもその意味を理解しなかったりしたことを後悔する。その自責の念でうつ病をさらに悪化させる。不器用を自称しているが、本の内容も赤裸々でそこまで書かなくてもと思うが、それも不器用なればこそなのかもしれない。幸い奥さん亡き後、良い家政婦さんが見つかり味覚を失くすほどだったうつ病も入院して治ったそうだが、人間の悲哀を感じる本である。
2019/03/19

123人の家 vol2

20190319_01.jpg
123人の家 vol2
1000円(税込)
ACTUS

インテリアショップACTUSの社員とお客さんの家を紹介する本である。何も考えずに見れる本が欲しいなーと考えたときに「そうだ家だ!」と建築系の棚を探していたら目立つところに置いてあった。5000円くらいするんだろうな、絶対買えないなと思っていたらまさかの税込1000円!安いのは冒頭の理由なのね。vol1が好評で1.5→2と出たらしい。ACTUSって何?と思っていたらINZONEなんだ。ひょっとしたら札幌の社員の家も出てるのかな?本屋には2しか置いてないがINZONEに行くと1.5や1があるかもしれない。
2019/02/27

【Kindle】ある日突然オタクの夫が亡くなったら?身近な人が亡くなった時にやるべきこと、起こること

ある日突然オタクの夫が亡くなったら?身近な人が亡くなった時にやるべきこと、起こること
こさささこ
702円
KADOKAWA

読むまではオタクは関係ないだろうと思っていたが、自宅に物がたくさんあって大変だった・・・ということか。朝起きると夫が心筋梗塞で亡くなっていて、救急車を呼び、警察で遺体と対面し、自宅に鑑識が来て事情聴取されるところからマンガが始まる。マンガを読むだけでも楽しめるし(良い意味で)Kindleでも大丈夫。マンガ以外のページは小さい字で事細かに必要事項が書いてある。興味あるページを都度読めばいいかと思う。通夜と家族葬(火葬まで)のあと、夫の仕事関係者、趣味の関係者のために葬儀と告別式をあらためて行うとか、大変だったね。旦那さんは大学教授でしかもサブカルチャーを教えていたそうで、それはもうオタクレベルではないよね。それにしても夫の食事や睡眠時間にもっと気をつければよかったと後悔しているが、小太りで夜更かしするタイプだったらしい。世のリーマンの皆さんもホント気をつけましょうね、健康より大切な仕事なんてありませんよ!
2019/02/23

【Kindle】絶対に達成する技術

絶対に達成する技術
永谷 研一
1361円
中経出版

仕事において目標を達成するための技術論について書かれた本。自分は仕事を達成するために考えたり工夫することは一向に厭わないが、個人的なことになると途端に怪しくなるので(笑)目標を達成するための技術以前に、人生において目標を持つことの大切さについて語って欲しかったのだが、ちょっと違ったかな。まあ仕方がない、Kindleだから立ち読みも出来ないし・・・。
2019/02/19

一切なりゆき

20190219_01.jpg
一切なりゆき
樹木希林
800円
文春新書

樹木希林自身、激しい感情や自我を抱えていた人だったようだ。万引き家族は入れ歯をはずして演技をしたが、「女優がそんなことをするのは、ヌードになるより恥ずかしいことですよ」と言われたそうだ。樹木希林だよ!樹木希林にそんなことを言うお節介な人がいることに驚く。
不動産情報誌を見るのが好きだったとか親近感がわく(笑)。
2019/02/14

仕事論

20190212_01.jpg
仕事論
藤村 忠寿、嬉野 雅道
1300円
総合法令出版

ある人が『1秒でつかむ 「見たことないおもしろさ」で最後まで飽きさせない32の技術』を面白いと言っていたので本屋でパラパラと立ち読みしたが、何も感じるものがなかったので代わりにこの本を購入。
二人がそれぞれ書いた本は以前に読んだことがあるが、水曜どうでしょうの内輪話だったような気がする。この本は水曜どうでしょうのことに触れているページは少ないのでマニアじゃない人向けである。会社に大きく貢献している二人が「ただ好きなことをやっているだけですよ」で終わりだったらイヤだなと思ったが(笑)地に足がついた本である。
以下は藤村氏の言葉で、ホリエモンと同じで極端な物言いもあるが、それは上司の言うことを鵜呑みにする部下と同じで自分で取捨選択する必要がある(笑)。

・できないことはできないという。
・上司の言うことを鵜呑みにする人が多い。
・自分で考えて仕事ができない人は無視する。
・自分たちが面白いと思わないことを人が「面白かった」と言ってくれる可能性は低い。
・自分の考えで仕事をするってことは「どこまでやるか」も自分で決めること。
・問題を収めるだけではトラブルの解決にならない。
・お客さんの考えていることはわからないから、作り手が自信を持って「これが良いんだ」って言えるものを作るしかない。

共通するのは自分で考えるということ。自分の観測ではほとんどいないけどね・・・だからこそ本になるのだろう。

二人のサインと言葉が書かれたシールが付録で付いているが、そんなのいらないからその分安くしてほしい。
2019/02/13

君たちはどう生きるか

IMG_0842.jpg
君たちはどう生きるか
吉野源三郎、羽賀翔一
1300円
マガジンハウス

最近本好いているなと思う。買ったばかりの本があるのに新しい本が気になってしまう。せっかく気持ちが向いているので、まあ財布と相談しながら楽しみたい。

このマンガはある人のツイートで知り、迷うことなく買う。この表紙は本屋で何度も見たことがあるが、キッカケがないと手に取ることはなかった。ツイートしてくれた人は中学生の娘さんの本棚から手に取ったそうで、ツイートに感謝したい。
主人公は表紙の中学生だ。まさにどう生きるかについて書いてあり何度も涙をぬぐう。こういうこと、こういう気持ちになることってあるよね・・・。もう一度読み直したいしぜひ原作も買いたい。