FC2ブログ
2020/01/13

お茶

職場に500mlのペットボトルのお茶を持って行くが、半分も飲まない日がほとんどだ。350mlのペットボトルを探したが普通のスーパーには売っていない。そんなとき飲み物をこぼしてしまい周りに迷惑を掛けてしまった。正直、手元がおぼつかない自分がいる。マイボトルに戻らないのもこの辺に理由がある。
そこで、ペットボトルは諦めて紙パックのお茶を持って行くことにした。これなら万が一倒してしまっても安心だし、250mlという量的にもちょうど良いのではないか。プラスチックゴミの削減にもなるし一石二鳥だ。毎日1Lだっけ?水分を取るのが良いと言うけれど、なぜか程遠い。

昼にカップ麺を食べている人が多いので私も一回食べてみたが、スープを全部飲み干すのはさすがに抵抗がある。一回なので飲んだけど、あんなの毎日飲んでいたら塩分とりすぎだろ。
2019/12/26

仕事納まらず

仕事納めだというのに最後に納めた仕事にケチがついてやり直しになってしまった。だから日頃から、こなすためだけに力業で仕事をするのではなく本当にそれでいいのか考えようと警鐘していたのに、自分がその被害者になるとは・・・。被害者というのはその仕事は環境的に上手く行かなくてリーダがこなすために環境を作ってくれたのだが、その作り方が付け焼き刃すぎたというのが問題の本質だからだ。
問題が起きてからもリーダは目先の対応しか頭になく、間違いじゃないけどそれでは結果としてごまかしになるので本質的な対応を顧客の担当者と話し合い、最終的に「やり直すか否かということですね」と担当者は理解してくれた。こういうときに頭が良いか悪いかがわかるし、僕にはどうしたらいいかわからないと上司に判断を仰ぐ人はホント無能だと思う。「やり直しましょう」ということになり、私もその方が正月をスッキリ迎えられて良かった。

それにしてもこういう問題が自分に降りかかってくるとはなー泣きそうになるが、何か試されているような気がする。道を誤らなくて良かった。
2019/12/15

なかなか気持ちが上がらない

仕事がなかなか上手くいかずモヤモヤした日々を送っている。こういうときは本だと、本屋には行くもののピンとくる本には出合えず。Kindleで探してもさらにピンとこず・・・。なんとなくキッチンの排水口を掃除してみたり、レジ袋が新旧合わせてたくさんあって目障りなのですべて処分してみたり。
チェストの最上段には下着をしまっているが、ここも靴下だけでも仕事用とプライベート用が増え、ハンカチ、ズボン下・・・と収納しきれず何とかしたい。

■■
インフルエンザの後から、良い夢を見るようになって寝起きの気持ちがとても良い。ぜひこれは続けたい、続いて欲しい。
2019/12/12

ソバを逃す

夕飯にソバが食べたくなって、途中下車してチェーン店だが値段のわりに美味しい行きつけの蕎麦屋に向かう。ところが地下鉄の出口からの道に迷う(笑)テキトーに歩いているうちに札幌駅まで来てしまい、ここまで来たら北口にも同じ店があったのでそこに行こう。ついでにエスタのユニクロで欲しいものがあったので買い物しよう。
ところがユニクロはレジが長蛇の列・・・セルフじゃないのか?セルフでもあんなに混んでるのか?諦めてソバ屋に向かうと看板はあるものの店はない。どうやら閉店したようだ改装していた。ガッカリして気分を新たに行こうとその足で札駅地下のとんかつ屋に向かうと、ここも客が待っている状態ですぐに入れない。平日からこんなに混むなんて初めてだ、今日は何かあるのか?途中見掛けた狭い居酒屋にも長蛇の列が出来ていて何なんこれ?
今日はついてないなーと大人しく帰ってきた。
2019/11/26

メガネと弁当を忘れる(いっぺんに思い出せ!)

朝、家を出てメガネを忘れたことに気づいて一旦取りに戻り、改めて歩いていると弁当も忘れていたことに気づいたオレです、こんにちは。
もう今日は最悪だなと落胆するが、さすがにもう一度戻る気力も時間もなかった。

昨日はおにぎりの包装を開けるのにノリが散らばるからゴミ箱の上で開けていたらおにぎりがゴミ箱に落ちてしまった。いやーこういうときはどんな良いことがあるんだろうと思うようにしているが、さすがに落ち込む。
2019/10/10

ダメプロジェクト決定

ダメプロジェクト決定

その理由は、ちょっとソースを見たときに、クラス名や変数名でCalendarとSearchのスペルが間違っていたから(爆)
CalendarはCalender、SearchはSaerchとかね、残念ながら今回のプロジェクトはSerchだったのでさらにレベルが低そうだ。こんな基本的な英字を間違えるようなレベルの低いメンバーがいること、そんなことにも気づかないもしくは気にしない管理レベル・意識の低さがわかるから。

プロジェクトはこの二つを見るだけ、会社はメールアドレスが統一されているか見るだけで、まともかダメかがわかる。これはホント当たるから!
2019/09/06

プロジェクト続報

製造が終わり、私以外は余裕の夏休みをとっていたのに、結合試験に入った途端障害多発(爆)やっぱり設計段階からヨレていたプロジェクトは製造で人を投入したところでダメなものが多少早く出来るだけなんだよ。自分の担当分が不安だったが全然合格ラインだった(笑)

DBに詳しい人間がいなくてとか、開発言語に詳しい人間がいなくてとか、技術的な要因でプロジェクトが失敗することなんてなくて、プロジェクトが失敗する原因はいつも設計段階にある。
だけどプログラムと違って設計は正解がないので手を抜こうと思えばいくらでも抜けるし、それを評価できる人もいない。
技術に自信がある、手が早い人ほど設計を疎かにするし、上の人間は「その設計で出来るんだな」と正常性バイアスで思い込む。技術の進歩があっても何も変わらないIT業界・・・。
2019/08/05

C#

先週から外で仕事をしていて開発言語がC#なんだけど、vb.netと同じ.NETだしと甘く見ていたら、わからな過ぎてツライ(笑)いや完全に笑っている場合ではない。C#がわからないというよりも、継承しまくるオブジェクト指向に頭が切り替わらない。やっぱり文字列の比較を=でする言語とは根本的に違うよね。それと画面周りのjQueryがわからない。jQuery自体はやったことがあったが、決まったことを決まった手順でやるだけだったので、難しいもののあまり大変とは思わなかった。
ここまで役に立たない自分を自覚するのがツライ。
2019/07/03

MONGOL800の儀間崇、バンドを脱退する

MONGOL800のギター・ボーカルを務める儀間崇がバンドを脱退すると公式HPで発表した。公開されたコメントが胸を打つので以下に残す。

--------------------------------------------ーーーー

いつもMONGOL800を応援してくれてありがとうございます。

この度、MONGOL800を脱退することに致しました。

突然のご報告になってしまい申し訳ございません。

4月からMONGOL800としての活動をお休みしていた事で、ファンの皆様、関係者の皆様を驚かせてしまい、ご心配と多大なるご迷惑をおかけした事を深くお詫び申し上げます。

自分は変わらず元気に過ごしております。

昨年バンド結成20周年を迎え、今後も25年、30年とMONGOL800を続けていくつもりでした。

しかし、いつの頃からかMONGOL800の活動を負担に感じる事が多くなってきました。

理由をひと言で表す事はとても難しいのですが・・・

時間の経過の中で、人間性や音楽性、感覚や感性のズレが大きくなっていったのだと思います。

正直、10年以上前から「辞めたい」という思いが頭の片隅にあり、脱退したいと相談した事もありました。そして説得される度に「何かが変わるかも」と信じて活動を続けました。しかし状況は変わりませんでした。

「これは贅沢な悩みなんだ」「世の中に楽な仕事は無い」「どんなバンドだって悩みを抱えながら続けている」と言い聞かせ、お客さんの為に頑張ろうと決めて続けてきました。

実際ステージに立ち、お客さんの前で演奏している時は、心から楽しんでいました。

それはバンドを始めた高校生の頃から、最後となった武道館ライブまで全く変わらない気持ちのままです。

恵まれた環境で音楽が出来る状況。それを自ら離れる事が正しいのか、今の自分には正直分かりませんが、これからは1人の人間として今までやってみたかった事を全て経験していくつもりです。

そう考えるととても楽になりました。

学生を終えて、すぐに音楽の道に突入し、ひたすら突っ走って来たモンパチは自分の全てでした。

沢山の奇跡を目の当たりにし、あり得ない経験を沢山させて貰いました。

キヨサク、サッシには心から感謝しています。

そして、2人に1番申し訳なく思っています。

本当にごめんなさい。

2人はこれからも突っ走って行くと思うので、皆様変わらない応援をよろしくお願いします。

自分は別に音楽が嫌になった訳じゃないし、普通にギターは触り続けるし、音楽を辞めるつもりはありません。

この先、音楽以外の事も含め、何かしらの表現が出来たらいいなと思っています。

その時はモンパチ共々どうかよろしくお願いします。

そして 今まで関わってくれた全ての方々に感謝しています。

本当にありがとうございました。

2019年7月3日

儀間 崇


--------------------------------------------ーーーー

> MONGOL800の活動を負担に感じる事が多くなってきました。

> 「何かが変わるかも」と信じて活動を続けました。しかし状況は変わりませんでした。

> 実際ステージに立ち、お客さんの前で演奏している時は、心から楽しんでいました。

この三か所が自分も仕事で同じようなことを感じたことがあるので琴線に触れる。
2019/06/07

ザマ

ザマ!!!
と思わずガッツポーズをするようなことがあった。正確には今週水曜日にあったのだが知ったのが今日だった。まあそんな細かいことはどーでもよくて(笑)高笑いがとまらない、溜飲が下がるとはこのことかと人生で初めて知る。
あーざまー見ろ、ざまー見ろと何度も口にした。映画などで自分の心に区切りをつけると言うが、それはこういうときに使うのかも知れない。あー生きてて良かった(大袈裟)
他人には何のことかサッパリわからないと思うが、カテゴリーが仕事だということだけを伝えておこう。