FC2ブログ
2020/08/11

洗濯機買い替える

買って丸5年になる洗濯機が脱水の際にエラーが出るようになった。エラーを解除すれば動くのだが、それが1回から段々2回、3回と増えて行きさすがにガマンできなくなったので買い替えることにした。新しい洗濯機は日立の8kg、インバーター付き。
設置の際に排水口が詰まっていると言われて見ると、排水口のキャップをさらに外すと中にゴミ受けが入っているのだが、そこに綿ゴミがたくさん詰まっていた。敷きパットの綿ゴミだな、あまり洗濯機で洗うのはよくないかもしれない。ひょっとしてエラーの原因はこれだったのか?買い替えなくてもよかったのかというショックで落ち込むが、洗濯してみたら洗濯していることに気がつかないほど静かで驚愕。脱水後もソフトな感じで仕上がる。まあまあ良しとするか(笑)
2020/05/23

1年半ぶりに換気扇の掃除をする

ふと思い立ち、業者に頼もうと思っていたキッチンの換気扇の掃除を始めた。前回やったのは一昨年の年末で、ずいぶんと間が開いてしまった。
今回は浴槽にお湯と重曹を入れ、フィルター部分とファンを2時間つける。途中割り箸で油をこそげ落とすが、体を擦ったときの垢のように油がとれる。問題は垢のように丸くなった油分をきれいに取れないこと。しまった準備不足だ、使い捨てのスポンジが必要だったな。一次分としては良しとして、そう遠くない時期にまたやろう(笑)
2020/02/15

洗面台の水漏れ

UTの床が濡れていて洗面台の収納を開けると水浸しだったのが確か先週末くらいで、そのときは液体洗濯洗剤のパックが破れたものと思った。それから数日、また床が濡れているのでこれはおかしいと思い、よく見ると給水管からポタポタと水が垂れている。とりあえず水受けに使ってないボールを置き、管理会社に昨日電話した。設備の修理を24時間対応する窓口があるので、そこに連絡して折り返し電話するように対応するとのことだった。
昨日は連絡がなく今日も連絡がないので、昼頃24時間対応する窓口に電話して管理会社から連絡があったか確認すると、少し調べてオーナーが知ってる業者に頼むことになったとのこと。相変わらず入居者への連絡は後回しになる管理会社だ。

■■
確定申告の書類を郵送してからハンコを押してないことに気づいた。返送用の封筒のことを考えていてすっかり忘れていた。ググると税務署に連絡しましょうと言いながら、法的に絶対ハンコが必要ということではないらしい。幸い控えの返送用封筒を入れたのでそれで結果がわかるだろうと思っていたら今日無事に受付印を押したものが届いた。返送用封筒を入れて良かった、来年は気をつけよう。
2019/11/23

上階の足音がうるさくて管理会社に電話

上階の足音が酷くて、とくに夜中の1時過ぎにうるさいことがここ二週間ほど続いて仕方なく管理会社に電話する。今度うるさかったら電話しようと5回くらい思ったかな。いったいこれまで何度電話しただろう?この手のクレームは相手に伝えてくれているようで、そこだけは助かる。早く引っ越してほしい。

■■
ホーマックでスコップに雪がつかないようにするスプレーを買う。場所がわからなくて店員に案内してもらうと、屋外の除雪用品売り場の端っこにあった。下は199円から上は千円超えまでピンキリだが、高いやつじゃないと使い物にならないよねと独り言のように言うと「そうですね」と店員も頷く。いや、その199円のやつはPB商品だけど・・・
2019/11/04

隣のゴミステーションのカラス対策

週間予報で雪マークがついたのでこの三連休はワヤワヤとタイヤ交換をする人が多かったと思う。先週した自分は絶妙なタイミングだったな(自画自賛)

■■
隣のマンションのゴミステーションがよくカラスに荒らされて歩道にゴミが散乱していた。何羽もゴミステージョンの中にまで入り込んで前を人が通ってもまったく平気で、完全に人間をバカにしている。隣のマンションのことだし正直どうでもいいんだけど、散らかったゴミが風で飛んでくるのも迷惑だし、ゴミの中を歩かなければならないのもすこぶる気分が悪い。

そこのゴミステーションは密封型ではなくてネットを宙づりで掛けるタイプなので、燃えるゴミが入口近くに置かれていると、カラスがちょうど仕切り板にとまってゴミをついばみやすい。で、そういう風にゴミが置かれていたら、ちょっと奥までゴミを移すようにしたところカラスの被害がなくなった。本当は入居者がゴミを出すときに気をつけてくれればいいのだが、賃貸の単身者にそこまで期待するのも無理ってものだろう。
管理会社に電話しようかとも思ったが電話代をかけるのがバカバカしいし、電話して何も改善されなかったら腹立たしいのでやめた。

誰に感謝されるわけでもない完全に自己満足の世界だが、それがいい(笑)
2019/11/03

そうか君は引っ越したのか

マンションの住民で仲が良かった人がいたんだけど、10月末で引っ越したようだ。仲が良いといっても挨拶しかしない他の住民と比べればの話で、ここ最近は会うこともなかった。連休でもないのに駐車場に車が停まっていなくて珍しいなと思っていたら、そうか引っ越したのか。寂しくなるな。

隣の会社の建物に管理人的におばあちゃんと息子さんが住んでいたんだが、こちらも夏頃に引っ越した。どうしたんだろう?と思っていたらその会社(営業所)自体が秋に閉まるのが理由だったようだ。

いずれ母とも別れが来るのだろう。母は気が強くて、負けず嫌いで、物事の裏側ばかり見る人で、決して家族を褒めない人で何かとカチンと来ることも多々あるが、ガマンガマン。
2019/09/15

火災保険更新

今月はマンションの更新月で、自動更新なので別に更新自体は何もすることはないが、火災保険の更新の案内は管理会社から来るものと思っていたら来ない。たしかに過去に住んでいた賃貸は2年目以降とくに案内はなく、そのまま無保険で過ごしていた。若いって素晴らしい!何か問題が起きるとは思わないもんな。今は違う(キリッ)。管理会社に電話したくないので(笑)前の管理会社に仲介してもらおうと電話したら、もう保険の代理店はやめたと言われた。

仕方がないので『賃貸 火災保険』でググると日新火災と楽天損保が出てきた。比較すると・・・

・日新火災(お部屋を借りるときの保険)
 家財保険: 100万円
 修理費用: 300万円
 借家人賠償責任: 2000万円
 個人賠償責任: 1億円
 被害事故法律相談費用等: 30万円
 保険料1年: 4,000円(×2年で8,000円
家財保険を100万円、200万円、300万円から選ぶのみのワンパターンセット販売で、保険料はそれぞれ4000円、5000円、6000円になる。自由度のなさと保証期間が1年しかないのでやめる。

・楽天損保(リビングアシスト)
 家財: 100万円
 修理費用: 100万円
 借家人賠償責任: 1,000万円
 個人賠償責任: なし
 保険料2年: 6,780円
部屋の広さで借家人賠償責任の目安を教えてくれたり、各補償金額も細かく選べ個人賠償責任はなしを選べる。

・ちなみに今の補償(全管協共済会)
 家財: 500万円
 修理費用: 100万円
 借家人賠償責任: 2,000万円
 個人賠償責任: 2,000万円
 保険料2年: 2万円
家財500万円は高すぎで、それと比べて修理費用100万円は安くないか?個人賠償責任の代表的なものが自転車事故だが今どき2000万円では心もとない。自分は車の任意保険で個人賠償責任のオプションを付けているし。

楽天三木谷は嫌いだが保険料も安いし楽天にする。
2019/08/03

また駐車場トラブル

このクソ暑いときに、またマンションの駐車場に絡んでトラブルがあった。

・契約者の駐車場に無断駐車する車
・契約者が帰ってきてクラクションを鳴らす
・通りがかった通行人が言いがかりをつける
・通行人が運転手に軽く暴力を振るう
・パトカーが3台来る
・通行人連行される

もうホントにヤダ、このマンション。来客用の駐車場を借りている住民がいたので間違って停めたんじゃないかと思うんだけど、駐車場の番号を確認すれば間違いようがないと思うんだけど・・・。傷害事件になったので、パトカーがずっと下に停まっていてこの無断駐車の車の運転手にも事情聴取をするようだ。あーあ、大ごとになったぞ。バカが一人いると大変だ。
2019/06/07

ガス給湯器交換

前回ガスの点検をしたときに、ガス給湯器が古いので予防交換したいと言われていて、朝一なら良いかと今日来てもらった。今回来た業者はインターフォンで「おはようございます」と挨拶から入り印象が良い。

メーカーはリンナイからパロマに変わり燃焼音の小ささに驚いた。業者曰く新しい機種でもパロマの方が音は小さいそうだ。ただ、お湯を止めてから給湯器を冷やすような余計な音が続くときがあるのと、便利だった時計がなくなった。UTに時計があると便利なんだよね、どうしようかな?買ってどこかに置こうかな、でも置き場所がない気がする。

小一時間で作業は終わり、水とお湯のパイプも交換して水漏れはないこと、洗濯機のホースには触っていないことを説明してくれた。作業用にシートを敷いていたにもかかわらず最後にUTの床を拭いていく丁寧さ。客が少しでも不安を感じることを先回りしていくような仕事の仕方で見習いたいものだ。説明書を受け取り、簡単な操作説明を聞いて作業終了。「朝早くからすみません」と言い残して帰って行くなど、なかなか気持ちの良い業者だった。点検に来たガス会社のオッサンとの差が際立つ。
2019/06/04

引っ越し業者のオッサン

先日、マンションの1階に行くと引っ越し業者がいて、車を停める場所について聞かれたので、ついでにちょっとやり取りをした。

私:「引っ越し?何号室?」
業者:「えっーと何号室だったかな?」
私:「あっ、いいよいいよ」

一旦部屋に戻って、しばらくしてから降りると玄関前にたくさん段ボール箱が積まれていて、業者はワンボックスの車で来ていたので

私:「こんなに積めるの?」
業者:「うん、積めるんじゃないか」

その後、大きなトラックがあとから着いた。そりゃそうだよな・・・、あの業者のオッサンはただのバイトなんだろうけど、それにしてもね、もう絵に描いたようなバイトのオッサンだった。